滝川100キロウォークに初参加して大変な思いをした事をダラダラと報告(4、5、6)

2014年6月21日(土)朝8:00~22日(日)昼12:00の計28時間かけて滝川市周辺を歩く「100キロウォーク」(空知単板工業株式会社主催)と呼ばれるチャリティーイベントに知人からの誘いを受け初めて参加してきました。その名の通り、滝川市周辺に設けられた計100キロのコースを制限時間28時間以内にゴールできるようただひたすらに歩くイベントです。
今後このイベントに参加する方に少しでも役に立てればと思い、普段運動しない僕(2014年現在32歳)がこの大会を通じてどう変化したのかをチェックポイントごとに、良くも悪くもここにご報告したいと思います。

第3CP(スキルアップセンター)から第4CP(滝川ふれ愛の里)まで

次のCPまでは6km程。なんか6kmって距離が短く感じる錯覚を覚えました。スタートから30km、10km、9km、9kmと来ていたのでそう感じるのかもわかりませんが、6km…普通に遠いよ。もう帰りたい、体痛い、僕は一体何をやっているのだろう…。

 

外はもう夜9時とかで普通に真っ暗です。ヘッドライトはリュックの中に入ってましたが、それをリュックから出す事すら億劫なのでそのまま歩きます。C葉さんとの会話もだんだんなくなってきます。

 

そうこうしていると、なんと後ろからHらいさんが追いついてきました。脅威の50歳。痛み止めやらコンドロイチンやら胃薬やらその他諸々の薬が効いてきたのか根性なのか、とにかくすごい人だと関心しました。

完歩すればもう100kmウォークに誘われなくてすむ。その一心で動いているでしょうか。Hらいさん曰く、Aきやまさんもかなり追いついてきているようです。

 

そしてようやく第4CP(滝川ふれ愛の里)に到着。要はやっとスタート地点まで戻ってきただけ。ここまでで57km歩いたようです。まだ半分位残っているなんて信じられません、体が痛すぎる。

豚汁みたいなものとおにぎり、はちみつレモンと梅など、いま迄に無い豪華なメシを食べました。

 

Hらいさんが先に到着しており、僕とC葉さんが到着、食べ終わった頃にAきやまさんが到着したので、我々メンバーはこの第4CPで揃います。F1レーサーMきはらさんはもうとっくに出発しているのでもちろんいません。本当に鉄人だなー。

 

タバコ吸ってマッサージに行きますが、もう休憩所内を移動するのも辛いです。ぼろぼろ。マッサージの場所に行くとなんか野戦病院みたいな空気で怖い。

ちょっと待ってマッサージの順番が回ってきました。今大会で初めて女の人にマッサージしてもらってちょっと嬉しくなった。

 

防寒対策をして、ヘッドライトも用意した、ここからはC葉さんとも別行動になる感じだったのでiphoneで音楽を聴く用意もばっちり。ロキソニンも2錠目を服用し、残り1錠。準備万端ですが出発したくないのです、痛いんで。

聞くところによると、ここでリタイアする人が多いようです。スタート地点まで戻って来れた安心感と達成感とかあるんでしょう。リタイアしたいと本当に思いました。

 

第4CP(滝川ふれ愛の里)から第5CP(滝川自工)まで

出発しないと終わらないので、仕方なく出発。音楽を聞きながら歩きますが、周囲の目が気になるので、曲に合わせて歌う訳にはいきません。痛みを歌う事で紛らわせる事もできず、ただ真っ暗な道を一人で歩いていかなくてはいけません。

 

コンビニには10数名の大会参加者が縁石で休憩を取っています。なんとそこにC葉さんとHらいさんがいました。いつの間にか出発していたんですね。一緒にタバコを吸って休憩しますが、お二方は僕が到着する5〜10分前からいたらしく、もう出発するらしいです。

僕は我々メンバーの中では最年少の32歳ですが、全然追いつけないようです。

 

次のCPまでは約11km。11km…もう信じられない距離です。しかも国道12号線まで出てしまうと20km弱はずっとまっすぐな道のりらしいです。まーっすぐ歩いて、折り返し地点までいくと同じ道を戻ってくる…これが本当の拷問なのか、僕はいったい何をやっているのだろう…

途中C葉さんに追いつきましたが、前半のように一緒に歩く余裕とか全くありません。

 

自分が歩ける時に歩いておかないとこの拷問は終わらないと悟り、泣く泣くC葉さんを抜いて歩いていきました。が、コンビニでタバコ吸ってる間に知らない内に抜かれてましたが。

 

深夜1時半頃、ようやく第5CP(滝川自工)に到着。Hらいさん、C葉さんもいました。Aきやまさnは大丈夫だろうかとも思いましたが人の事を心配している余裕など微塵もありません。CPで用意されているホットコーヒーを飲み、バラバラになりそうな足をさすってとりあえず休憩。

かれこれ歩き始めてから17時間です。いままで生きてきた中で一番辛いと感じています。

 

Hらいさんは「もうやめるかな」とかなんとか言いながらも出発しました。もうなんか背中が悟っている感じです。ここでもマッサージは受けませんでした。意識がだんだん朦朧としてきており、僕が先に出発したのかC葉さんが先に出発したのか覚えておりません。

とにかく僕は出発しました。

 

第5CP(滝川自工)から第6CP(北斗警備砂川)まで

見ないと誓った地図を開いて見ると、次のCPまでは5kmちょっとじゃないですか。さっきの半分。しかし僕の歩行の時速は疲れと痛みで4km弱となっております。きっとなんだかんだで1時間半くらいはかかるでしょう…などと到着時間を逆算できる様になってきました。

 

ここまで来ると眠気が襲ってきます。前半、C葉さんと一緒に歩いている時に僕は「歩いてる途中眠くなったりするんですか?」と質問をしていました。答えとしては眠くなるとの事。こんだけ辛いし、常時体を動かしているのに眠くなるなんて考えにくいと思ってましたが、普通に眠くなります。

 

眠すぎてガックンガックンしながら歩いていると、歩道のガードレールの横にベッドが見えました。完全に幻です。「ベッドなんてあるわけないじゃん」と思って顔を引っぱたいて気を取り直して見てみると、ガードレールすら幻で、そこにあるのはただの歩道だった。

これはマジでやばい。気づいたら寝ながら歩いて国道飛び出しちゃって轢かれたらどうしよう…

 

序盤は赤信号に引っかかるのも嫌だったのに、いまとなっては体が限界、信号なんてなくても止まっては足をさすり、足の裏をなんとか労り、体を伸ばさないと前へ進めません。途中C葉さんがいました。僕より先に出発していたんですね。

 

眠たすぎて歩道に座って休んでいました。本当に大変な大会なんだなー。またC葉さんを横目に老体にムチ打って歩いていき、ようやく第6CP(北斗警備砂川)に到着しました。

 

第6CP(北斗警備砂川)から第7CP(奈井江道の駅)まで

深夜3時頃、ようやくCPに到着しますが、やはりなんだかんだ言って同じようなペースの人がいます。普通に顔覚えますが、話かける余裕は全くありませんでした。ここでもまたホットコーヒーを飲みます。先にHらいさんが到着していたようで、この人全くペース変わりませんね、すごい。

 

マッサージを受けました、もうなんか気休めだけどやらないとりやった方がいいんでしょう。後半のCPはあまり食べ物がなくおなかが減ってきたような気がするので、次のコンビニでなんか買って、そのままロキソニンを飲もうと思います。

 

ロキソニンは飲んでから5時間位間隔をあけないといけないらしいので、前回飲んだのが確か夜10時頃だっただろうか、あまり思い出せませんがそろそろいいでしょう。ていうかもう痛み止め無いと痛くて痛くて無理なのです。30分位休憩してから近くのコンビニへ向けて出発します。

 

コンビニに着くとサポーターのOがわさんが車で来てくれて、僕の体調を心配してくれてました。「何かあったら連絡してね」と優しい言葉をかけてくれました。今がOがわさんがいう緊急事態で「体はぼろぼろですよ」の気持ちを押し殺して、僕のメシ食って薬飲むプランを説明して別れました。

 

コンビニに入って、肉まん買おうと思ったら無かったので心の中で「作っとけよ」と思いました。仕方ないのでブリトーを買い、外で食べました。外はだんだん明るくなってきており、更に小雨も降っていてそれなりに寒いです。

食べ終わってからロキソニンを飲もうと思ったら見当たりませんでした。

 

探せど探せど見つからない。これはまずいぞ。小銭入れに入れてたはずなのにないのです。かばんの中も、机の中も、探したけれど見つからない。一体どこで無くしてしまったのか、このぼろぼろの体で拷問を続行させる気なのか。

 

しばらく探しましたがもうしかたないので諦めて歩く事にしました。もう絶望なのです。ロキソニンを服用できなかった事実が精神に以上をきたしそうな感じになり、またその不安からどんどん体が痛くなってきました。

 

歩くスピードを計測できるアプリを使っていたので、足をひきずった状態での時速を計測してみたら時速3km程度でした。制限時間の昼12時まで残りだいたい8時間程度。

距離は26kmくらい残っているので、時速3kmで進んだとしても昼12時には98km地点までしか行けません2km手前でタイムアップ。しかもこの時間から体が回復するなんて考えられず、きっと悪くなる一方でしょう。僕はこの時点で諦めました。

 

歩くスピードは僕のばーちゃんと子供を足して2で割った位のスピードです。どんどんと後ろから追い抜かれていき、なんだかそれも悲しく辛い気持ちに拍車をかけてきます。道は相変わらずまっすぐだし、休憩しようにもコンビニも無ければなんかとにかく何も無い道です。

早く終わればいいなーとずっと思いながらようやく次のCPに着いたのは朝の6時になっていました。

 

第1回

第2回

 

滝川100キロウォークに初参加して大変な思いをした事をダラダラと報告(2、3)

2014年6月21日(土)朝8:00~22日(日)昼12:00の計28時間かけて滝川市周辺を歩く「100キロウォーク」(空知単板工業株式会社主催)というチャリティーイベントに知人からの誘いを受け初めて参加してきました。

その名の通り、滝川市周辺に設けられた計100キロのコースを制限時間28時間以内にゴールできるようただひたすらに歩くというイベントです。
今後このイベントに参加する方に少しでも役に立てればと思い、普段運動しない僕(2014年現在32歳)がこの大会を通じてどう変化したのかをチェックポイントごとに、良くも悪くもここにご報告したいと思います。

第1CP(空知単板工業(株)本社工場)から第2CP(フラワーヒルズ公園)まで

第一CPでの休憩時間

立て看板を疑いながらようやく第1CPに到着(CPとはチェックポイントの略)。各CPでは食べ物や飲み物が用意されており、第1CPは焼き鳥ときゅうりの漬け物です。大勢のイベントスタッフに出迎えられ、気持ちリラックス。さらに各CPではマッサージを受けることができます。

 

F1レーサーこと「Mきはら」さん曰く、「体に余裕があってもマッサージは受けておいた方が良い」という助言のもと、マッサージを受けようと思いますがしかし、疲れてて座りたい、タバコ吸いたい、腹減った、トイレ行きたい等人間疲れると欲求は果てしないのです。僕はもうこの時点でだいぶやられていましたが僕は結局

  • まずは焼き鳥ときゅうりをイベントスタッフから頂く
  • 簡易喫煙席(バケツ)にて椅子に座ってタバコを吸う
  • スタッフによるマッサージ(約7分)
  • またタバコを吸う
  • 順番待ちの簡易トイレで大のほう

という順番になりました。

歩行中の歩きタバコは禁止です。なので、コンビニとかスーパーで足りないものを買ったついでに喫煙所でタバコ。

 

もちろんトイレも同じ感覚です。ちなみにトイレでは僕の後ろにもたくさん人が並んでいたのであまり尻を拭く事もできず、ちょっぴりブツが残ったまま出発してしまったが為、このCP以降は尻に爆弾を抱えたままの歩行となる。

 

ちなみにこの第1CPでC葉さんがちょっと遅れで到着して少し話しましたが、体力がまだあると勘違いしていた僕は、初参加の勢いと、このイベントの辛さを知らなかった無知野郎という事もあり、C葉さんとは話そこそこに出発。

 

嫁にも「今30キロ地点だよ」とか頑張ってる事を電話でアピール。

 

さていよいよ第1CPを出発

なのですが、下半身が痛くて出発したくないのです。第1CPにはたくさんの人がいまだ休憩を堪能しています。少しでも早く出発してこの人たちと差をつけとかないとみたいな感覚になりました。

満身創痍のまま出発するわけですが所詮まだ30km程度歩いただけの距離。残りは60km以上残っています。

 

第1CPを出発。尻には爆弾を抱えたままですが。最初はペース配分も何もなかったので、結構いいペースだったかと思います。途中何度も尻がかゆくなり、後ろの人に気付かれないよう巧みの技でもってうまく掻きながら歩きます。

なんだか大きな山を過ぎてようやく第2CPに到着。40km地点位です。

 

もうかなり疲れていたので、だいぶ抜かされたような感じでした。なんか豚汁みたいなのと、あめと水をもらい、タバコ吸ったらマッサージを受ける。全CPにてマッサージを受けられるらしい。 20分するかしないかでC葉さん合流。

一緒に出発する事にしました。出発の寸前にHらいさんも到着。

 

Hらいさん、もう50歳過ぎてるのに、すげーなー。僕は45分位休んだかと思います。休みすぎると、いざ動くときに足腰がバキバキになるのですが、まさにその状態のままの出発です。もう夕方5時とかで夕焼け気味。

 

第2CP(フラワーヒルズ公園)から第3CP(スキルアップセンター)まで

ここからはわりと平坦でまっすぐな道が多いです。約9kmの道のりを経て次のCPを目指します。もう本当に足が痛い。ここで最初にAきやまさんから頂いた伝家の宝刀「ロキソニン」を服用する事にしました。頂いたのは全部で3錠。

そのうちの1錠をここで使います。スタートから約9時間。そろそろ頼らざるを得ない体になってきました。

 

C葉さんの奥さんと子供が応援に来ていて、途中C葉さんに車で差し入れをしてくれました。栄養ドリンクとかその他色々。僕はチーカマを1本もらって食べたけど、なんかうまかった。

 

僕の地元北見では僕の母の誕生日会が開催されており、僕の嫁、子供、妹夫婦、その他もろもろが楽しそうにしている写真が送られてきました。

IMG_2874

くそーという気持ちになったんで、僕もC葉さんと道中にて1枚。少なくとも僕は顔で笑って心で泣いてという感じです。

 

写真

何度も地図を見てはあとどの位かと憂慮しましたが「地図何回見たって距離は縮まらない」という指摘をC葉さんか受けました。ごもっとも。さすが大会経験者。僕のような未熟者とは言葉の重みが違います。

 

第3CPについたのはもう夜8時半とかで、あたりはもう完全に暗くなっています。51km地点という事でようやく半分まできた…。一体、この苦行はいつ終わるのだろう…。焼き鳥を食べて、またタバコを吸う。

前回の第2CPフラワーヒルズ出発時、体がバキバキになったのはもしやマッサージの受け過ぎかと疑念を抱いた僕は、ここでのマッサージを一旦やめてみました。

 

C葉さんの奥さんがCPに到着したらしく、コールドスプレーとかをもらいました。いやーありがたいです。第4CP(折り返し地点のようなもの)までは6km程なので30分位休憩してからさっさと出発しました。

といっても常に満身創痍というか、その痛みのレベルは確実に大きくなっている。

 

 

第1回

第3回

滝川100キロウォークに初参加して大変な思いをした事をダラダラと報告(1)

2014年6月21日(土)朝8:00~22日(日)昼12:00の計28時間かけて滝川市周辺を歩く「100キロウォーク」(空知単板工業株式会社主催)なるチャリティーイベントに知人からの誘いを受け初めて参加してきました。その名の通り、滝川市周辺に設けられた計100キロのコースを制限時間28時間以内にゴールできるようただひたすらに歩くイベントです。
今後このイベントに参加する方に少しでも役に立てればと思い、普段運動しない僕(2014年現在32歳)がこの大会を通じてどう変化したのかをチェックポイントごとに、良くも悪くもここにご報告したいと思います。

ちなみにタオルを装備していた僕は日焼けにより28時間後には下図のようにおでこに線がつきました。帽子のほうが良かったのでしょうか。

写真 (1)

2014年滝川100キロウォーク、今回の参加メンバー

C葉さん(飲んだ席でこの話しを僕に持ちかけた最初の人物。飲んだ席での話しなので僕は「参加しますよ」とか言ってしまった。前回大会完歩経験有り)

Aきやまさん(参加の話しを忘れかけてた頃、正式な書類を持ってきて僕の参加を決定づけた人物。断れない独特の空気を持つ。体重は100キロ前後らしい)

Mきはらさん(我々の参加を全面的にサポートする人物。大会経験豊富であり4位に食い込んだ事もある強者。C葉さん曰く「歩くF1レーサー」)

Hらいさん(今大会の為に体重を増やす為にカツカレーとか普段食べないものを食べ準備してきたらしい。完歩すればもう大会に誘われなくなるだろうという目標で完歩を目指す)

オノゲンキ(僕です)

Oがわさん(今回は参加者のサポーターとして活躍。今年のコースを見て「このコースなら完歩できたのになー」と、参加しないからこその発言を連呼)

Aきやまさん奥さん(同じく参加者のサポーターとして活躍)

C葉さん奥さん(同じく参加者のサポーターとして活躍)

 

僕の運動略歴

  • 小学校~室内クラブ

主に将棋や百人一首といった室内でのゲームを楽しむクラブです。

  • 中学校~卓球部

主にプラスチックみたいのでできた小さな玉を、ラケットと呼ばれるスリッパみたいな形状のものを使って台の上で二人で打ちあう競技です。やった事ある方も中にはいるかもしれませんね。

  • 高校~弓道部

緩やかしなった竹や木にヒモを張り、それを使って数十メートル先の的めがけて矢を打つ競技です。精神が鍛えられるらしいです。

  • 成人~無所属

 

100キロウォークに備えて用意したモノと足りなかったもの

お金としては、ホテル代6000円、参加費用10000円、その他交通費や食事代がかかります。

買ったもの

  • ウォーキング用の靴(10000円)
  • 靴下×2足(200円)
  • 絆創膏(100円)
  • 薄手のレインコート(500円)
  • 薄手の上下防寒着(800円)
  • iphone用携帯充電器(2000円)
  • 携帯ラジオ(1000円)
  • リュック(4000円)
  • 電池(200円)

もともと持っていたもの

  • 頭につけるライト
  • iphone用ライティングケーブル
  • 着替えTシャツ3枚
  • 着替えステテコ1枚
  • 替えの靴
  • 小さな財布
  • タオル2枚

持っていかなかったけど必要だったもの(知人がくれたり、途中で買ったもの)

  • 痛み止め
  • エアーサロンパス
  • 冷却スプレー
  • ちょっとしたお菓子

 

2014年コース概要

コースとしては、計9つあるチェックポイントと呼ばれる休憩所を通過して、10番目のゴールを目指します。制限時間が設定されているので、何時までにチェックポイントに辿り着かないといけないと失格になるという時間設定が各々のチェックポイントに設けられています。ちなみに下表「CP」とは「チェックポイント」の略です。

距離区間距離CP町名CP場所名CP設営時間
スタート0.0km0.0km滝川滝川ふれ愛の里8:00-
***23.1km23.1km歌志内歌志内道の駅
第1CP34.1km11.0km赤平空知単板工業(株)本社工場12:00-18:00
第2CP42.9km8.8km赤平フラワーヒルズ公園13:30-20:30
第3CP51.5km8.6km滝川スキルアップセンター14:30-23:00
第4CP57.4km5.9km滝川滝川ふれ愛の里15:30-0:30
第5CP68.0km10.6km滝川滝川自工19:00-3:30
第6CP73.5km5.5km砂川北斗警備・砂川19:30-5:00
第7CP79.9km6.4km奈井江奈井江道の駅21:00-7:00
第8CP86.9km7.0km砂川地域交流センターゆう22:00-9:00
第9CP95.9km9.0km滝川滝川東公園2:00-11:00
ゴール100.0km4.1km滝川滝川ふれ愛の里2:30-12:00

「滝川ふれ愛の里」を起点としてスタートし、コースを一回りした後、中盤の57km地点の段階でまた戻り、そこから長い道のりを往復する形でまた「滝川ふれ愛の里」に戻ってくる事によって100kmを歩くコース設定となっています。

 

スタート(滝川ふれ愛の里)から第1CP(空知単板工業(株)本社工場)まで

僕を含む我々5名の参加者は1名を除く4名が北見からの参加だった為、前日20日(金)の夜に旭川に泊まって軽く飲んだ為、睡眠時間3~4時間程度でその日の朝を迎える事となった。一応21日(土)の朝4:30に目覚ましをセットしましたが、なにせ僕は夜型人間なので、微妙に寝坊し、ホテルのロビーに降りた時は全員出発の準備が整っていました。さすが。

 

会場までの道のりの途中朝マックを食べ、到着すると、たくさんの参加者(約1000名)、そしてサポーターと呼ばれる人や、参加者の家族などで溢れかえっています。たくさんのお偉いさんや主催者の挨拶を聞き、音楽に合わせたストレッチを行った後、朝8:00、いざ出発。

 

歩道を歩くので、出発から30分~60分程度の時間は歩道が混み合い、全体の流れに沿って歩いていきます。なんでも上位を目指す猛者達はスタートの時点で一番先頭を陣取るとか。そこらへんはマラソンとかとあまり変わらないようです。

 

スタートしてからちょっと経つと街中を歩くので、その時はまだ体力もあり、なるべく信号に引っかからないようにしました。なんか信号で止まったら時間がもったいない様な気持ちになり、仮に止まってしまったら、目の前の集団になるべく追いつこうとちょっと早歩きになったりもしてました。まだ体力あったので。

 

しばらく歩いていると自分よりちょっと早い人の後ろについて、ペースを合わせるようになります。高速乗った時、前の車についていくのと同じで、前の車が遅い車抜いたらこちらも遅い車抜いてはまたついていく感じと一緒です。

 

大きな山を越え、もう一つの山の途中に「歌志内道の駅(23.1km地点)」の休憩ポイントがあったらしいのですが、僕はたくさんの一般客が物珍しくこちらを見ているだけなのかと思い、「そんな野次馬の視線の的になってたまるか」と、強い気持ちでその場所をスルーしてしまいました。

ていうかもうすでに下半身のあちこちが痛いんですけど。しかしまだコース全体の20%しか歩いていません。第一CPにすら辿りついていません。このイベントに対して恐怖を覚え始めたのはこの20km地点あたりからかと思います。

と、同時に、同じ人とすれ違う機会が多くなり始めました。きっと似たようなペースで歩いているのでしょうか。この先々でも同じペースの人と何回も抜いたり抜かされたりする事になります。

 

道を左右に曲がる場所には「次のCPまであと~km」などと書いてある立て看板があり警備員さんも誘導してくれております。すでに満身創痍の僕はその看板を見て「まだそんなに距離あるのー!?」とか「よし、後少しだ!」などと一喜一憂していました。

この場合、次のCPまで後少しなどと思って歩いていると案外全然CPまで到着しない事が多く、僕は序盤でこの立て看板への信頼を無くします。距離は合っているのでしょうが、気持ちは「後少し」が全面に出てしまう為、中々到着しない錯覚に陥ります。そしてようやく34.1km地点の第1CP「空知単板工業(株)本社工場」に到着します。

 

 

 

第2回

第3回