【グーグルフォト】スマホやiphoneで撮影した大量動画をケーブル無しでPCに保存する方法

iphoneやスマホで子供の運動会の撮影をしたぞ!よし、あとは動画ファイルをパソコンに移して編集するぞ!

編集したファイルをDVDに焼いたり、Youtubeにアップしたりして、子供たちと、おじいちゃんやおばあちゃんと観るぞ!

なんて思い、いざ動画ファイルをiphoneからPCへ移行しようと考え、PCとiphoneを純正ケーブルをつなぎ、コンピューターから自分のiphoneを検索し、動画をコピペしようとすると…

 

システムに接続されたデバイスが機能していません

 

とかエラーが出てしまったりして、うまくファイルを転送できなかったりして、あれやこれやと調べたりしているうちに貴重な休みが終わってしまう。そんな経験ありませんか?僕はあります。

純正のケーブルを使っているのに、おかしいなと思うかもしれませんが、トラブルが起こる時は起こるものです。大容量の動画ファイルをiphoneからPCに転送させたいのであれば、無料のサービスがあるので、黙ってそれを使いましょう。

 

google photo(グーグルフォト)を使ってデータを移す

iphone側とPC側の両方でグーグルフォトを使えるようにしておきます。

どちらも同じアカウント名でログインしてください。

まずはiphone側で動画を撮影する

動画を撮影したらiphoneでグーグルフォトを開いてみましょう。

左下のが適当に撮った10秒ほどの動画です。動画のサムネイルの右下には「ただ今グーグルフォト内でバックアップしてますよ!」という意味合いであろう丸い物体がグルグルしてます。

10秒程度の動画ならすぐにバックアップは完了します。

PC側でグーグルフォトを開く

それではPC側でグーグルフォトを開いてみます。

 

iphoneでのバックアップが完了していれば、パソコン側からグーグルフォトを開いても先ほどの動画が表示されています。ファイルサイズが大きいほどバックアップに時間がかかるので、PC側への反映は遅くなります。

 

ではグーグルフォト上にあるこの動画をPCにダウンロードします。

 

グーグルフォトからPCへ動画のダウンロード

ではダウンロードしましょう。

ダウンロードしたい動画のサムネイル左上のチェックをクリックして、右上の…を開いて「ダウンロード」をクリックします。

 

1 本の動画をダウンロードしますか?
他 1 本の動画は現在処理中です。後でダウンロードしてください

 

とか、

現在、動画を処理しています。しばらくしてからダウンロードしてください

とか出てきて、すぐにはダウンロードできませんでした。処理に時間がかかるようです。試しに撮影したこの10秒ムービーは、約10分経過後にダウンロードが可能な状態になりました。

 

ダウンロードさえしてしまえば、インターネット環境やネット回線の速度にとらわれる事なく、PCで閲覧したり、編集したり、DVDに焼いて誰かに渡したり諸々の作業が楽になりますね、僕はそうです。

 

複数の動画を同時にダウンロードする場合

工程は同じです。ダウンロードしたい複数の動画のサムネイル左上のチェックをつけて、右上の…から「ダウンロード」を選ぶだけです。が…

データ量が多いとダウンロード無理?

僕は無線LANでPCを接続していました。計17本、3GB以上になったムービーファイルをダウンロードしようとしたら途中で回線が切れまくって(2時間で計40回ほど?)結局無理でした。

 

グーグルフォトの前にsendanywhere(センドエニウェア)というフリーソフトも試しましたが、容量が多いせいかなんなのか、まあわかりませんがどちらも無理だったので、仕方なく有線接続に切り替えました。

 

どちらも途中までは進むのですが、回線が切れてしまい、また最初からダウンロードしなおさなければならないという…

有線接続にしたからうまくいった?

有線にしたからダウンロードできたのかどうかは分かりませんが、実際有線接続に切り替えてからダウンロードは成功しました。そこらへんの知識はあまりないので詳細はわかりません。

 

iphoneからグーグルフォト、そしてパソコンへ…

という事でファイルの移動は完了しました。各作業中、動画ファイルがどこにあるのかを一度整理します。

iphoneやスマホで撮影した直後

iphoneやスマホで撮影した直後、動画は携帯本体とiphoneのグーグルフォト内に保存されます。

スマホ本体に保存した動画ファイルか、ネット環境がある状態でグーグルフォトを開けば、動画を視聴できます。

iphone本体の動画を削除すると

iphone本体にインストールされてる写真アプリからは視聴できません。しかしネットさえ繋がっていればスマホからでもiphoneからでもPCからでも、グーグルフォト経由で動画を見る事ができます。

ネットがつながっていればね。

グーグルフォトからPCにダウンロードすると

たとえiphone本体の写真動画アプリからファイルが削除されていようと、グーグルフォトからパソコンにダウンロードさえしてしまえばもう安心。その後PCのネット接続を切ったとしても、PC内で動画を見れますね。

まあインターネット接続がないので、グーグルフォト経由でムービーを見ることはできませんが。

 

わざわざこんな当たり前とも思われる説明をなぜしているかと言うと、僕もあまり詳しくないからです。

いろんなサービスありすぎてわからない…クラウドに保存?は?って感じなので、自分を戒める為でもあります。だって、理解してないがばっかりに、子供の大切な運動会の思い出がなくなってはいても立ってもいられなくなります。

 

インターネットトWEBサービスを一時的に借りて、うまくデータ移行したい、そんな感じです。

なんでiphoneからPCへ動画を移したい?

なぜそうしたいのでしょうか。

答えはひとつ、僕がiphoneの操作に慣れていないからです。

とにかく子供の運動会やお遊戯会、学芸会など、親だけでなく、現地に来れなかったじいちゃんやばあちゃん、さらにはひいじいちゃんやひいばあちゃんに見せてあげたい。

良い感じにできた映像を、観たいタイミングで、みんなで観られるモニターで。

 

操作が苦手な機械って主にテレビと距離が近い

一家に一台ありそうなハンディカム、ビデオカメラみたいな物体、僕は操作が苦手です。

また、ブルーレイレコーダーとかチューナー、それを操るリモコンとか、なんだか独特な画面というか。

 

現在2人の小さな娘(6歳と3歳)がいますが、彼女らの行事ごととなるとなぜか現れたがるビデオカメラ。

誰が悪いわけではありません。行事ごとに持っていく撮影機材として現在も君臨しているのですから仕方ないのですが、僕は操作が苦手です。

【関連記事】子供の運動会、ビデオカメラよりもiphoneやスマホでの撮影がおすすめな理由とあったら良い機材

なにより6年前のビデオカメラなうえに、あの独特のタッチパネルとか、ファイル形式とか、バッテリー関連とか、なんか苦手。

ビデオカメラは付属のケーブルでもって、運動会直後、帰宅してすぐテレビで視聴できるメリットはあるのですが、僕個人としてはデメリットがそのメリットを上回るというか…後述しますね。

 

一人で楽しむのならこんな回りくどい事しなくてもいいんですけど、それでもやっぱり、子供の勇姿を見てもらえる準備だけはしておきたいですね。

 

運動会の動画を見るタイミング

僕自身というよりかは、主にじいちゃんばあちゃん、ひいじいちゃんひいばあちゃん寄りで考えます。

冒頭でYoutubeでどったらこったらとか書きましたが、家族親戚が集まってワイワイとやっている中、全員で視聴する為にテレビ画面に映し出したいだけならChromecastだったりFire Stick TVとか適当に使えばいいかなと。

その場は解決しますが、いざ視聴環境を整える人がいなくなれば、もう視聴できません。

 

じいちゃん達の友人が、じいちゃんの家に遊びに来たとき

「孫(ひ孫)の運動会のビデオあるから、見ていけ!」と、元気に言えるうちは、なるべくすぐ視聴できるような環境を整えたいと思います。

 

また、年齢を重ねれば、場合によっては一人寂しく過ごす場面もでてくるかもしれません。

「孫(ひ孫)の運動会のビデオでもみるか…」と、孫(ひ孫)を思い出す機会が増えれば、正月のお年玉も期待できるかもしれません。

 

子供の勇姿の動画を親以上の世帯に押し付けるような考えかもしれませんが、それは一旦置いといて、上記のようにすれば、iphoneやスマホで撮影した子供の動画をPCまで移動することができるという話です。

2歳児の座布団型ジュニアシート使用で逮捕されるか警察に聞いた。何歳から使っていいの?

ジュニアシートという車の座席にのせて使う子供用の椅子をご存知でしょうか?

チャイルドシートより認知度は低めですが、成長に伴い身長や体重の変化が早い子供がチャイルドシートでは窮屈になる頃から使われ始める椅子です。

椅子です、なんですが…ジュニアシートの存在を知らなかった僕。これに子供乗せて警察に捕まったりしない?とちょっと疑問に思いました。だって初めて見たんですもの。

 

ジュニアシートとはどのような形状のものか

昼過ぎ、買い物に行くため車に乗り込むと助手席に何やら見慣れない灰色のものが置いてありました。それが下の画像です。

巷ではジュニアシートと呼ばれるシロモノ。

ジュニアシートとはどのような形状のものか

 

嫁の母さんが僕らの娘のために中古で買ってくれたようで、これがジュニアシートと呼ばれるものらしいです。チャイルドシートの親戚

 

装着方法はジュニアシートを置いて座面を高くする!だけ

子供でもシートベルトを使えるようにするんですね。

 

ちなみに後ろの0歳の娘もパシャリ。これはジュニアシートではなくチャイルドシート。

ジュニアシートとはどのような形状のものか

 

で、冒頭でお伝えしたとおり、ある疑問が浮かび上がりました。

「これ(ジュニアシート)って警察に捕まったりしないよね…?」

ジュニアシートに子供を乗せる行為って捕まるの?

そもそもチャイルドシートとジュニアシートの使い分けって何でしょうか?

子供の年齢とか?

これ使って何かの法律に引っかからない?義務とかあるの?怖いよー捕まりたくないよー!

という事で調べてみたらこんなのとかあった。

ジュニアシート着用による警察からの指導

つまり、警察官自身も日々変更される規定法定についていくことができず、仮に「ジュニアシート」を知らない警察官に止められると指導を受けることもあるという内容。これは嫌ですね。

不透明な部分をなくす必要性がでてきたので、直接、僕の地元である北海道北見市の警察署に電話で問い合わせてみた。

 

警察署に電話連絡してみる

僕 「ジュニアシートと呼ばれる座布団を厚くしたようなイスをもらいました。ジュニアシートに年齢が4歳になるくらいの子供乗せたら捕まりますかね?」

交通指導担当者(以下担)「チャイルドシートのことですかね?」

僕 「いえ、チャイルドシートではなくジュニアシートと呼ばれるものです。座布団みたいなやつ」

担 「どこで買いましたか?」

僕 「僕の嫁の母が買ってきたらしいので、義母に聞いてみないと購入先はわかりませんが、座席とジュニアシートなるものをシートベルトで固定させる部分らしきものがジュニアシート本体についてます」

担 「そのジュニアシートの形状を見てみないと判断できませんね」

僕 「わかりました、もういいです、ありがとうございます」

 

電話を受けた担当者もまたジュニアシートなるものにピンときてない様子です。

上記の会話内容はかなり割愛されてますが、「形状を見ないと判断できない」という文言は5回ほど出てきてたかと思います。

わからないままジュニアシートに娘を乗せて警察に捕まったらシャレにならないですね。というか、娘の命に関わる問題!

 

「形状を見ないと判断できない」

 

そうおっしゃるので、直接北見市にある警察署に行って、ジュニアシートを見てもらう事にしました。

 

警察署に行ってジュニアシートを直接見てもらう

 

IMG_1442

北見警察署。

 

 

S__8806400アップ

来ました。

 

捕まってません。聞きにきました。

受付の方に事情を説明すると、先ほど電話した担当者の方がちょうどいらっしゃるということで、実際にジュニアシートを見てもらえる事になりました。

数分待つと担当者が来て、ほうほうといった感じでジュニアシートの現物を見たのち、一冊の本をペラペラとめくり、国土交通省の認定マークのページを見てました。

IMG_1444

こんな感じのページ。担当者がジュニアシートの裏を見せてくれというので、裏を見てみると

IMG_1445

あ、同じマークある。

ジュニアシートは国交省認定のマークあれば問題ない

このマークがあれば使用しても大丈夫だよって言われました。

なるほど、これでようやく捕まるという不安なくジュニアシートに娘を乗せることができる。

担当者は「確か(認定マークのページは)ホームページで閲覧できるはずなので確認してみてね」といい、本をペラペラめくったあと、どうやらそれらしきサイトのアドレスを発見したので「このアドレスも写真撮っておいたらどうだい?」と親切に言ってくれたので、そのアドレスも写真に撮っておきました。

IMG_1443

このサイトアドレスさえあれば家に帰ってから色々と確認できる。

で、家に帰り、実際にアドレスを入力してみたら「交通安全関係図書・リーフレット・チラシ等の企画出版・販売、交通安全関係団体等の機関誌・会報の委託製作」している会社のアドレスだった。

今見ている冊子作ってるとこ。

僕はリーフレット、チラシがほしいわけではない。

 

認定マークがあるジュニアシートはもちろん捕まらない

という結論にいたりました。

使用の年齢がなんか曖昧なのは、その頃の子供の成長の度合いに個人差があるからみたい。

命を守るシートベルトを使用する為の補助なので、子供の体格に合わせて使用したりしなかったりするという事です。

成長度合いではありますが、目安としていつが使い時か!

  • 年齢 4~10歳
  • 体重 15~36kg未満
  • 身長 100~135cm以下

あくまで平均値です。

年齢別で使えるジュニアシートの例

新生児から使えるジュニアシートも販売されています。

1歳はまだ大丈夫だと思いますが、2歳くらいになると親の真似をしたがるので、こういったものがあるとグズグズしなくていいかも。リクライニング機能はないようです。

下のものは3歳頃から使用できる座布団スタイル(ブースタータイプというらしい)のもの。

僕が逮捕されるかドキドキしたタイプのものです。誰かから譲り受けたジュニアシートであれば、是非、裏の国交省マークの確認を。

今となってはこの背もたれなしの座布団スタイルの方が手軽なので活躍してます。

僕の、嫁の、僕の母の、嫁の母の…計4台の車に載せています。長女、次女合わせると3年くらい使っています。

 

さらにISO-FIX対応のものもあります。

ISO-FIXとはシートベルトではなく専用のコネクターを使って簡単にシートを固定する取り付け方法。車種によっては楽かもしれませんが、僕のとこでは関係ない話し…

 

チャイルドシートやジュニアシート、何を選ぶかは子供の成長に合わせながらが最適ですね。その際は国交省マークの確認を!何かあってからでは遅いので。

これでもうジュニアシートを知らない警察官に止められても大丈夫!

という事で、僕は、使い易さと価格面での座布団型ジュニアシートを使っています。

 

謎なプレゼントをもらった場合は、是非調査を!

警察署のタバコの自販機の謎

ちなみに警察署の中で待ってる最中タバコ吸いたくなってきたので、「タバコ吸える場所ありますか?」って受付の人に聞いたら「すみません、ありません」って言われたので諦めたけど、受付の横に普通にタバコの自販機あったけど、アレなんだったんだろう。