【水耕栽培】OAT(旧大塚)ハウス濃縮液肥の作り方とEC値が合わない時の対処法

室内の壁一面を使って、塩ビ管を使用した水耕栽培に挑戦します。

塩ビ管用の架台作成と、塩ビ管加工はすでに済んでいます。

【水耕栽培】壁面の多段塩ビ管を支える架台を単管パイプで組む

【水耕栽培】塩ビ管加工法!洗濯用排水ホースで水循環型栽培キットを自作する

設置した塩ビ管の中で水を循環させて作物を栽培するのですが、土を使わない為、ただの水だと作物は栄養不足になってしまいます。

なのでOAT(旧大塚)ハウスの濃縮液用肥料で濃縮液肥を作り、水に入れて追肥したいと思います。

動画で観る場合は下記リンクから。

それではどうぞ。

OAT(旧大塚ハウス)1号2号を計量して濃縮液を作る

大塚ハウスの2種類の肥料を計量します。

ハイポニカと言うすでにできている液肥もあるようですが、ちょっと高いようなので今回は大塚ハウスを選びました。

今回は最終的に2ℓのペットボトル容器で濃縮液を作るのですが、途中工程で混ぜる作業が出てきます。

2ℓのペットボトルに2ℓ作ってしまうと混ぜづらいので、今回は半分の1ℓの濃縮液が出来上がるような分量になっています。

電子計りで大塚ハウス1号を150g、2号を100g計ります。

1ℓの水道水が入っているペットボトルに、ろうとを使って肥料を入れていきます。

別にろうとやじょうごじゃなくても、肥料が入れられればなんでも良いです。

1号、2号共に、各ペットボトルに入れ終わったら蓋をして、水と肥料がよく混ざるように振りまくります。

1号はサラサラしてて入れやすいのですが、2号はなんというか(ベタベタ?)上白糖みたいな感じで入れづらいです。

入れづらかったら割り箸でも棒でもなんでも良いので、押し込んであげましょう。

出来上がった濃縮液肥ですが、1号は黄色味がかっていて、2号は透明です。

200倍と500倍の濃縮液の違い

この記事では200倍に希釈して使用する濃縮液の作り方を説明していますが、OAT(旧大塚)ハウス肥料の説明書には500倍に希釈して使用する濃縮液の作り方が書かれています。

例えばEC値を1.3 μs/cm(マイクロジーメンス)にしたい場合、水10ℓに対して、200倍希釈だと1号2号が各50cc、500倍だと各20ccが必要となります。

どちらにしても結果は同じになるのですが、50cc計量するのと20cc計量するのでは、量が少ない方が計量しづらいはずです。

50cc必要なところ間違って60cc入れてしまっても1.2倍にしかなりませんが、20cc必要なところ間違って30cc入れてしまうと1.5倍も多く入れてしまったことになります。

水10ℓに対しての液肥計量のやりやすさを考え、今回は200倍としました。

水に濃縮液肥を投入する

では作った濃縮液をさっそく水に入れていきましょう。

水の量がわかりやすいように100均で10ℓバケツを購入してきました。

バケツ満タンで10ℓなのか、ちょっと手前で10ℓに達するのか知りませんが、とにかくどんどん水を入れていきます。

ECメーターで水道水のEC値を計測してみると0.146 μs/cmでした。

ECメーターがないとEC値(水中の肥料濃度みたいなもの)を計測できないので、持っていな井のであればこの際買いましょう。1,000円位で買えます。

ECメーターだと思って買ったらph測定器だったなんて事もあったので(商品説明見てなかった、、、)購入する際は間違えないよう。

大塚ハウス1号2号の濃縮液各50ccを計って水に入れ、パシャパシャを混ぜます。

これで液体肥料が溶け込んだEC値1.3 μs/cmの約10ℓの水が出来上がりなのですが、、、

実際にECメーターで測ると2.164 μs/cm、、、2倍弱の濃度になってる、、、

全然理由がわかりません。

用法容量をきちんと守って作ったはずなのにこんなに数値に差が出るなんて、水温の問題なのか、ECメーターの調子が悪いのか、原因はわかりません。

バケツいっぱいだとこぼれる可能性があったので、とりあえずバケツギリギリまで水を足して再度ECを計ってみると1.9台まで下がりましたが、言うても1.9台です。

今回はECメーターを信じることにして、結果出てきた2.164 μs/cmを1.3 μs/cmに近づける方向で解決したいと思います。

目標のEC値に近づけるには何リットルの水を足して薄めれば良いか

正確に作ったつもりなのになぜかEC値が望んだ数値とかけ離れている、そう僕の様な状態です。

水を足して薄めれば良いのはなんとなくわかるけど、足し水しては計り、足し水しては計りだとなんだか要領悪いですよね。

10ℓ程度であれば足しては計りでどうにかなりますが、30ℓ、50ℓと水量が増えると、薄める為の水の量、だんだんわからなくなってきませんか?

EC値を調整する時の目安にもしかしたらなるかもしれませんが、簡単な計算で足す水量を求める事ができます。

【現在のEC値】÷【目標のEC値】×【水量】−【水量】≒【必要水量】

上記の計算で、追加するべきだいたいの水量が判明します。

先ほど、液肥が入ったバケツギリギリ10ℓの水のEC値が1.9台だったので、上の計算に当てはめてみると、、、

1.9 ÷ 1.3 ×10 − 10 ≒ 4.6

となり、4.6ℓの水を追加すればおおよそEC1.3になるはずです。

実際に水を追加して再度計測してみたところEC1.21と、そこそこ近づいた様です。

現在EC値、目標EC値、水量などが変わっても、各項に代入していけば使えるかと思います。

しかし、希釈するにしても、追肥するにしても植物の種類やその生長過程によって適切なEC値は違うようなので(そこまで到達できてないし、知識も全くない、、、)知識と経験が豊富な先駆者の方々はすごいですね。

早くそうなりたい。

塩ビ管内の水の量はどのくらいになるのか

今回、ようやく濃縮液の作り方と希釈方法まで辿り付けたので、次はいよいよ加工した塩ビ管内に水を循環させていきます。

僕が購入した塩ビ管はVU100とか呼ばれる直径10cm位のものです。

それを300cmに切ってあるので、満水になれば大体23ℓもの水が塩ビ管内に入ることになります。

水位が半分に到達すれば排水させるようにエンドキャップを加工していますので、実際に流れる水量は半分の約11.5ℓほどでしょうか。

その塩ビ管が現在4本運用できる(残り1本はまだ使わない)状態にあります。

貯水タンクの分も含めると50ℓほどの水が揚水ポンプと重力により循環するはずです。

準備ができ次第記事にしていこうかと思います。

それでは素敵な水耕栽培ライフを。

【水耕栽培】塩ビ管加工法!洗濯用排水ホースで水循環型栽培キットを自作する

室内の壁一面を使って、塩ビ管を使用した水耕栽培に挑戦します。

縦230cm、横320cmほどの壁に水平に並べた塩ビ管を5〜6本並べる予定で、塩ビ管を支える架台はすでに作成しました。

【水耕栽培】壁面の多段塩ビ管を支える架台を単管パイプで組む

今回は実際に塩ビ管を加工していきます。

動画で観る場合は下記リンクから。

それではどうぞ。

壁面に合わせて塩ビ管をカットする

必要な本数の塩ビ管を用意します。

縦が230cmほどの部屋なので、野菜の高さなども考えると設置できる塩ビ管は5〜6本かなと思ったので、若干弱腰の5本を用意しました。

設備屋さんなどの知り合いがいれば、余った塩ビ管をもらえるかもしれません。

僕は設備屋さんの友人から3本いただき、資材屋さんで2本購入しました。

塩ビ管に真っ直ぐ墨付けする方法

塩ビ管を切る前に、切る部分に線を描いておくと真っ直ぐ切りやすいのですが、真っ直ぐに線を描くのが実は難しかったりします。

塩ビ管を一周できる大きさの紙を用意し、墨を付けたい部分にぐるっと一周巻きます。

紙の端に沿ってマジックなどで線を引けば簡単に真っ直ぐ線を描く事が可能です。

木工用ノコギリよりパイプソーがおすすめ

木工用のノコギリでも塩ビ管は切れるのですが、切っている途中でガクガクと引っかかって、途中から切り進めるのが大変になります。

その場合は塩ビ管を手前または奥に少しずつ回しながら切ると、少しはやりやすくなります。

上が専用のパイプソー(パイプを切る為のノコギリ)、下が木工用ノコギリですが、目の細かさが全然違うのがわかります。

パイプソーは目が細かいので引っかかる事なく最後までスムーズにカットできます。

今回使用する塩ビ管は直径10cmとそれなりに太いので、パイプソーは刃渡りが30cmと長めのものを選びました。

塩ビ管用のエンドキャップを加工する

塩ビ管の排水側に取り付けるエンドキャップに穴あけ加工をします。

ど真ん中に穴を開けると、塩ビ管内の水位が半分より下になってしまうので、水位がちょうど半分位になるように穴の位置を少し上寄りにします。

実際に排水バルブをエンドキャップに当てて、穴の中心に目印を付けます。

あまり上すぎるとバルブのネジを回す時に、エンドキャップ内側にバルブがぶつかって回せなくなるのでほどほどに。

目印にドリルの刃先を当てて、ホールソーで穴あけをしていきます。

上記写真では足でエンドキャップを固定していますが、正直、裸足でやるような作業ではないですね。普通に危ないです。

万力やバイスなどで固定して作業した方が本当は良い、、、

以下の商品は150mmまでののものに使えるので、今回使う100mm用のエンドキャップもしっかり固定できます。

僕も上の商品を注文しましたが、作業段階で届かなかったので、結局全部足で固定しながら作業しました、、、意味ない買い物。

排水用バルブと洗濯用排水ホースを接続する

エンドキャップに穴を開け終えたので、排水用バルブと排水ホースを接続します。

エンドキャップの内側から排水バルブのネジ部分を出し、出てきたネジ部分に排水ホースを取り付けます。

排水バルブのネジ部分が長くて、しっかり閉めてもエンドキャップと密着できなかったので、長すぎる部分をパイプソーでカットして密着させます。

塩ビ管上部に苗用の穴を開ける

エンドキャップの加工が終わったので、塩ビ管本体に苗用の穴を開けていきます。

作物の根の長さを測る

穴の間隔が狭いと作物の根っこ同士が絡まったりしてうまく水が循環せず、水漏れの原因になったりします。

適当な間隔で穴を開ける前に、作物の根の長さを測っておき、根の長さに合わせて塩ビ管に穴を開けます。

上の写真はレタスで、根の長さは先端の細い部分まで約30cm、横のレタスや奥のミニトマトもだいたい30cmだったので、穴の間隔も30cmにします。

塩ビ管に等間隔に目印を付けて穴あけする

塩ビ管の端から30cm、60cm、90cm、、、と目印を付けていきます。

目印部分をエンドキャップの時と同じ要領でホールソーで穴あけをしていきます。

一番奥側には給水口用の穴を開けるスペースを確保するので、全部で9個開ける事ができました。

穴あけの際、どうしてもバリが出るので紙やすりなどで削っておきます。

怪我防止と見た目重視。

ホールソーで切った時の切りくずや、紙やすりで削った時の切り屑が管内に貯まるので、水で洗い流しました。

外に散水栓(外に備え付けてある蛇口)がなかったので、塩ビ管を譲り受けた友人に設置してもらいました。

散水栓があれば外での水作業も楽になりますね、ありがとうヨシダ。

漏水しないように接続部分をコーキングする

ここまでくればあと少しです、頑張りましょう。

未加工エンドキャップと塩ビ管、加工済みエンドキャップと塩ビ管、排水バルブと排水ホース部分はコーキングが必要です。

まずは排水バルブと排水ホース部分から。

キャップの内側に変成シリコンを塗り、排水バルブと洗濯用排水ホースを接続します。

しっかりとねじ込んだら、キャップ表面にマスキングテープでマスキングをしてコーキングしましょう。

コーキングを打ち終わったら指でならします。

まあ指じゃなくても専用の「何か」があるのかもしれませんが、、

ならし終わったらマスキングテープは取ってしまいます。

コーキングを打ってからテープを取らずに放置してしまうと、テープとシリコンがくっついて取れなくなってしまいます。

同じような手順で他の箇所も作業します。

漏水防止の大事な工程です。

今後解体する予定がないのであれば「塩ビ管用ボンド」を使うと良いかもしれませんが、僕の場合組み直したり、根詰まりのメンテナンスのことも考えてボンドは使用しませんでした。

吉と出るか凶出るか、、、

コーキング後24時間ほど放置してたら変成シリコンは乾いていました。

塩ビ管用に作成した架台に加工済み塩ビ管を並べて完成

これらの加工を塩ビ管5本分やって、疲れました、、、が、できました。

これらを専用架台に並べて完成です。

一番下(床)に貯水タンクのようなものを置き、その中に水を汲み上げる揚水ポンプを設置します。揚水ポンプがないと何も始まりません。

一番上の塩ビ管の給水口へポンプで送水してあげます。

すると一番上の塩ビ管に水が貯まっていき、水位が半分を超えてくると反対側の排水ホースから水が流れます。

排水ホースの先は2段目の塩ビ管の給水口に繋がっていて、2段目の水位も半分ほどに到達したら3段目、4段目へと水が流れていきます。

一番下の塩ビ管の排水ホースは貯水タンクへ流れ、タンクの水は再び一番上の塩ビ管へと送られます。

今回は塩ビ管の加工方法の紹介なのでまだ水は循環させていませんが、たぶん、、、これで、、、大丈夫なんじゃないかと、、、無責任。

架台には奥行きがあるので、同じ段に2〜3本の塩ビ管を並べることも、物理的には可能になります。

可能ですが、奥の塩ビ管に植えている作物の手入れが面倒になりそうというデメリットもあるので、まずは1段につき1本の塩ビ管で試してみようかと考えています。

以上、洗濯用排水ホースを使った水耕栽培用塩ビ管の加工方法でした。

誰かの参考になれば。

【水耕栽培】壁面の多段塩ビ管を支える架台を単管パイプで組む

室内の壁一面を使って、塩ビ管を使用した水耕栽培に挑戦します。

縦230cm、横320cmほどの壁に水平に並べた塩ビ管を5〜6本並べる予定なのですが、300cmほどの長さの塩ビ管と、その中の水、野菜の重さなどを考えると、割としっかりした架台を作らないといけません。

今回、運よく(?)庭に単管パイプがぶん投げられていたので、それらを加工して塩ビ管用の箱型の架台を作ります。

動画で観る場合は下記リンクから。

それではどうぞ。

壁面に合わせて単管パイプをカットする

まずは単管を用意します。

水耕栽培をする部屋の壁面のサイズは縦230cm、横320cmです。

なので横用320cmの単管を4本、縦用は強度を増す為に真ん中にも入れるとして230cmを6本、塩ビ管を支持する短い単管を15本用意します。

現時点では1段に対して塩ビ管1本を設置しようと考えていますが、手前に増設していく可能性もあるかと思うので、後から拡張できるように脇の単管パイプは長めに用意します。

それでは単管をカットしていきましょう。

作業小屋に古臭い高速カッターがあったので、これを使って切断します。

後に気付いたのですが、カッターの刃が摩耗しまくっていて、刃の直径がものすごく小さくなっていました。

この状態だと単管を一回で切れないので、できることなら作業前に新しい刃に替えておくことを強くおすすめします。

上下から切るので(または下手くそだから)切断面がガタガタになってしまいます。

そうなるとサンダーでバリを取ってあげるなど、余計な作業が増えてしまいます。実際やるハメになってしまい、計25本分のバリ取りをしました。

というか、そもそも高速カッターなんてないよという方、大量切断には大変で不向きですが、パイプカッターでも切断できます。

また、単管を持ち込む場合は不可能ですが、ホームセンターで単管を購入するのであれば有料で切断してくれたりもします。

近所のホームセンターだと1カット200円でした。

カットした単管に固定ベースをはめて立てる

全ての単管パイプをカットしたので部屋に搬入していきます。

まずは縦に伸ばす単管パイプに固定ベースをはめます。

次に縦用単管に直交クランプを使って短く切った単管パイプを仮止めして「井」の字型に組んだ単管を起こします。

斜めになっている様であれば水平器を当てながら水平を取り、その後ラチェットで本締めしていきましょう。

逆サイド用に同じものをもう一組作ります。

直交クランプを使って単管を箱型に組む

次に横に伸ばす長い単管を設置していきましょう。

「井」の字型に組んだ単管ですが、壁に立てかけただけの状態だった為、作業中に一度単管が自分の方向に倒れてきて死にかけました。

作業の際は充分な注意が必要なようです。頭に直撃してたら結構やばめでした。

死にかけながらも横方向の単管を4本組みます。

塩ビ管の中央がたわんで折れたりするととんでもない事態になるので、塩ビ管の真ん中を支持できるように中央に単管を設置します。

次に、塩ビ管を設置する高さに合わせて、両脇用の短い単管を組んでいきます。

実際に塩ビ管を乗せてみて、塩ビ管自体の水平が取れていれば大丈夫です。

単管の切断面で怪我をしない様に、保護キャップを付けました。

怪我はしたくないですね。

揚水ポンプで水を循環させる

単管を使った塩ビ管用の台はこれで完成とします。

塩ビ管内の水を循環させる為には貯水タンク(の様な何か)と揚水ポンプが必要となります。

まず、床にタンクを用意し、ここに水を入れます。

揚水ポンプで一番上の塩ビ管まで水を上げ、塩ビ管内の水が一定量を超えると反対側の排水ホースから水を排出します。

排水ホースには洗濯機用の排水ホースを使用します。

排出された水は2段目の塩ビ管へ流れ込み、ここでも一定量に達すると反対側から排水されて3段目、4段目へと繰り返されます。

一番したの塩ビ管から排出された水は貯水タンクへ戻り、また揚水ポンプで一番上の塩ビ管へ上げられます。

タンクの水がなくなると水を上げられなくなるので、水の減り具合を見て、少なそうであれば貯水タンクに水を補給しましょう。

両脇の単管の長さ次第で塩ビ管の増設も可能

先ほど両脇に設置した短い単管ですが、これを長くすることで1段に設置できる塩ビ管の本数を増やす事が可能となります。

とは言っても今回は壁面を使った水耕栽培なので、収穫や野菜の手入れ、照明の当てやすさ等を考慮すると、増設できても3本あたりまでが限度かと思います。ただの想像ですが。

塩ビ管の長さは今回300cm。

30cmあたりにつき1株だとすると、3本の塩ビ管を設置すれば、1段につき30株も植えられます。

段数を増やせば60株、90株、120株と、とんでもない量の野菜を室内で栽培できそうです。

今回は塩ビ管の加工方法等ではなく、塩ビ管の台の作成のお話でした。

強度が必要だったので単管で作りましたが、もう少し小規模であれば木材やイレクターなどでも作成できますし、そっちの方が断然簡単です。

いずれにせよ、水耕栽培を始めようと考えている誰かの参考になればと。