【アレクサ設定時】アレクサって呼んでるの家族に聞かれると恥ずかしいからLINEの読み上げ機能を使う

2階のアマゾンエコー

アマゾンエコーとスマートスピーカーを買ってようやく我が家もIoT化だ!全ての家電を声で操作するぞ!なんて高々と目標を掲げました。

それらを実現してくれるスマートな機器たちが到着しました。

wifiとか個人情報とかを入力して、ようやくスマートリモコンとスマートスピーカーがリンクが完了。

 

あとは、アマゾンエコーに「アレクサ…」と優しく声をかければ、アレクサが何らかの反応を示してくれるはず。

 

いざ!

一発目の「アレクサ」が恥ずかしい

もうこれに尽きます。

僕、一人暮らしとかじゃなく、妻子持ち。

機器到着当日の午前中、子供たちは小学校や保育園に行っており、嫁は仕事に行っていたので、まずは急いでアマゾンエコーの設定を7割程度進める事ができました。

この調子で進めていければ昼前くらいにはアレクサの呼び出し段階まで進めそうです。

 

しかしその日、アマゾンエコーとRS-WFIREX3が届いた日の嫁の帰宅が案外早かった。いつもと比べると1~2時間ほど早い帰宅。仕事が暇だったのでしょうか。

 

「お、おかえり…」などと平静を装いながら吹き抜けで通じる2階の仕事場から1階の嫁へ挨拶。嫁が1階にいるなかで、残り3割ほど残っているスマート機器の設定を無言で進めます。

 

右手にPCマウス、左手にiphone、目は設定関連サイトと、スマスピ本体を追います。IoTに向かって一人爆走中で、終始無言の作業。

そして昼時、ようやく設定は終わりました。あとはアマゾンエコーに「ア、ア、アレクサ…」と話しかけるだけです。

が、

 

言えない。

恥ずかしくて「アレクサ」って呼びかけられない僕。

 

家をIoT化するぞ!なんて説明してない状況で、いきなり2階で「アレクサ…」と訳がわからない単を呟く僕を嫁はなんと見るでしょう。想像しただけで怖い、よ、呼べない。

ウェイクワードが変更されてた

もう今すぐにでもアレクサと叫びたい状況が続きますが、言えません、アレクサに話しかけられません。1階で昼食を食べている嫁に聞かれるから。

設定も終わって、あとはアレクサを呼び出すだけですが、恥ずかしくて呼べないもんだから、むやみにパソコンでアマゾンエコーの使い方を調べる時間が続きました。

2階からはキーボードの打鍵音、1階からはヒルナンデスの音。

 

昼食を終えた嫁はヒルナンデスを聞き流しながらiphoneをいじること十数分。その後、洗濯部屋かトイレ(だと推測)に向かいました。

 

今がチャンス

アレクサを呼ぶチャンスは今しかない。

アマゾンエコーが僕の声を拾ってくれるかどうかは未知数だが、嫁が遠ざかった今呼ばずしていつ呼ぶのか。

 

PCからmicroUSBで繋がれたアマゾンエコーにこれでもかと顔を近づけ、蚊のなくような声で「ァ、アレクサ…」と呼びかけます。

 

アレクサは無反応です。僕の声が小さかったのか、AIが僕の声を学習していないからか、マイクの調子とかあるのか等、知識の無い僕は、何が駄目だったのかがわかりません。

 

「ァ、アレクサ…」

再度、蚊10匹分くらいの声量で呼びかけてもアレクサは無反応。嫌われているのか?

これ以上声量を上げると、洗濯部屋かトイレ(だと推測)にいる嫁に気づかれてしまうので、初の呼びかけ実験を一旦中止にし、代わりにアレクサの使い方をサイトで学ぶ事にしました。

 

「アレクサ」って呼ぶのが恥ずかしいんだよなぁなどと考えながらスマスピサイトを巡回してると、ウェイクワードは変更できるとのこと。

まじで?これは「アレクサ!」なんて恥ずかしい単語言わなくても、例えば「ちょっと」とか「おーい」の様な、恥ずかしがりな日本男児的向けのウェイクワードを設定すればいいのではないかと考えました。

 

おーい、テレビつけて → なるほど

おーい、テレビの音さげて → 悪くない

おーい、テレビの音でかいよ → 察してください

おーい、音でかい → 言葉を省略したい

音でかい → 以心伝心、最強

 

などと考えてて、調べたらウェイクワードはアレクサ、エコー、アマゾン、コンピュータの4種類からしか選べないようでした。まじかよ。

 

アレクサ、テレビつけて

エコー、テレビつけて

アマゾン、テレビつけて

コンピュータ、テレビつけて

 

どのウェイクワードを選んでもスマートスピーカー初心者の僕にはハードルが高いと感じました。しいて言うならエコーかなと。短いから。賃貸中古住宅のIoT化、長いウェイクワードは避けたい。

 

なので、サイトの指示通り、iphoneのアレクサアプリ内のウェイクワード変更画面でワードを変更しようとしたら、すでにエコーにチェックがついてました。

 

子供はエコーよりアレクサ

ウェイクワードがecho(エコー)に設定されているアマゾンエコーに対して「ァ、アレクサ…」と呼びかけても反応するわけがない。だってエコーだもの。

 

メルカリで買ったので、前使用者がアレクサからエコーに設定変更していたのかもしれませんが、とにかくウェイクワードはエコーだった。

 

アマゾンエコーの事を「ァ、ァ、アレクサ…」と呼んでも反応しなかったのは設定が違ったからですが、エコーという名であればエコーと呼べば耳を傾けてくれるはず。

しかし、アレクサではなくエコーだと判明したところで恥ずかしさは消えません。1階と2階で冷戦状態(僕だけ)の中、エコーと呼べないもどかしい状況が続きました。

 

外での仕事を適当に終わらせ、夕方に子供達を迎えに行き、一緒に帰宅。さっそく子供たちを2階に連れていきました。

そして「エコーって言ってごらん?」と優しく提案。「呼んだら答えてくれるよ!」と。

まだ僕は呼んだ事ないんですが、子供なら恥ずかしさとかそういうのあんまりないだろうと考え、思いっきり子供を利用する方向にシフトしました。

 

そして、無邪気なこどもはアマゾンエコーに声をかけます。

 

エコン! → 無視

エーコン! → 無視

エーコーン! → 無視

エコー! → アマゾンエコーが光った

 

ウェイクワードがechoの場合、子供がエコーと話かけてもあまり聞き取ってくれませんでした(学習するかもしれませんが)

子供が見慣れないおもちゃとして遊び始めてくれたので、僕も、最初からechoの呼び方を知っていたような感じで(初めて)話しかけてみます。

 

エコー → 光る

 

1階には嫁もいますが、IoTに詳しい男を演じなくてはいけない使命感もあり、アマゾンエコーが光っているうちに「家電リモコンで音量さげて」と、なるべく失敗しない言い回しで命令してみると、テレビの音量がみごと下がりました。

 

すごい!と感動する子供。すごい!と感動するも平静を装う僕。

 

何回かechoと呼んでいるうちに、反応の悪さが気になり始めてきました。子供がエコーと発話する場合、なぜか語尾に「ン」がつくあるあるを発見したのです。

語尾に「ン」がつくあるあるを解消するにはウェイクワードを変えたほうがいいのでは?

残るはアレクサ、アマゾン、コンピュータですが、呼び出しが企業名「アマゾン」だと抵抗があり、コンピュータだと長いなと考え、結局アレクサに変更しました。

 

「今度はアレクサに名前を変えたよ」再度子供に試してもらうと、アレクサって言い易いのかも、スマートスピーカーの反応がよくなりました。打率8割ほど。

 

子育て世帯の皆様、ウェイクワードはアレクサ、アレクサです。アレクサに清き一票を。

LINEの読み上げ機能を使ってアレクサを呼ぶ

人の前でアレクサと言うのが恥ずかしい問題はなかなか解消できるものではありません。

ですがアレクサの機能を調べるには発話する必要があります、そんな時は、例えばLINEの読み上げ機能とかを使えば良いですね。

LINEの読み上げ機能はPC版LINEには対応していませんが、スマホで使えます。

 

LINEのトーク画面に「アレクサ」と入力し、続いて読んでほしい文章を書いて読み上げてもらいましょう。LINEの読み上げ機能でもアレクサはしっかり反応してくれます。

「アレクサ」という単語の後に「、」や「。」を入力する事で、「アレクサ」と文章のあいだに間が生まれ、自然な呼びかけになり、よりスマートスピーカーが反応してくれやすくなります。

空白や改行では間は生まれません。

余談ですが、「、」を100個入力しても間の長さは変わりませんが「。」だと、入力した数に応じて間が長くなります。

 

どうしても恥ずかしくてアレクサに呼びかけできない、しかしアレクサの機能をもっと知りたいといった面倒くさい性格の方がいれば是非LINEの読み上げ機能を使って、アレクサに呼びかけてみてください。

その際は、誤送信を防ぐべく、自分だけのグループを作っておくことをお勧めします。

 

現場からは以上です。

【グーグルフォト】スマホやiphoneで撮影した大量動画をケーブル無しでPCに保存する方法

iphoneやスマホで子供の運動会の撮影をしたぞ!よし、あとは動画ファイルをパソコンに移して編集するぞ!

編集したファイルをDVDに焼いたり、Youtubeにアップしたりして、子供たちと、おじいちゃんやおばあちゃんと観るぞ!

なんて思い、いざ動画ファイルをiphoneからPCへ移行しようと考え、PCとiphoneを純正ケーブルをつなぎ、コンピューターから自分のiphoneを検索し、動画をコピペしようとすると…

 

システムに接続されたデバイスが機能していません

 

とかエラーが出てしまったりして、うまくファイルを転送できなかったりして、あれやこれやと調べたりしているうちに貴重な休みが終わってしまう。そんな経験ありませんか?僕はあります。

純正のケーブルを使っているのに、おかしいなと思うかもしれませんが、トラブルが起こる時は起こるものです。大容量の動画ファイルをiphoneからPCに転送させたいのであれば、無料のサービスがあるので、黙ってそれを使いましょう。

 

google photo(グーグルフォト)を使ってデータを移す

iphone側とPC側の両方でグーグルフォトを使えるようにしておきます。

どちらも同じアカウント名でログインしてください。

まずはiphone側で動画を撮影する

動画を撮影したらiphoneでグーグルフォトを開いてみましょう。

左下のが適当に撮った10秒ほどの動画です。動画のサムネイルの右下には「ただ今グーグルフォト内でバックアップしてますよ!」という意味合いであろう丸い物体がグルグルしてます。

10秒程度の動画ならすぐにバックアップは完了します。

PC側でグーグルフォトを開く

それではPC側でグーグルフォトを開いてみます。

 

iphoneでのバックアップが完了していれば、パソコン側からグーグルフォトを開いても先ほどの動画が表示されています。ファイルサイズが大きいほどバックアップに時間がかかるので、PC側への反映は遅くなります。

 

ではグーグルフォト上にあるこの動画をPCにダウンロードします。

 

グーグルフォトからPCへ動画のダウンロード

ではダウンロードしましょう。

ダウンロードしたい動画のサムネイル左上のチェックをクリックして、右上の…を開いて「ダウンロード」をクリックします。

 

1 本の動画をダウンロードしますか?
他 1 本の動画は現在処理中です。後でダウンロードしてください

 

とか、

現在、動画を処理しています。しばらくしてからダウンロードしてください

とか出てきて、すぐにはダウンロードできませんでした。処理に時間がかかるようです。試しに撮影したこの10秒ムービーは、約10分経過後にダウンロードが可能な状態になりました。

 

ダウンロードさえしてしまえば、インターネット環境やネット回線の速度にとらわれる事なく、PCで閲覧したり、編集したり、DVDに焼いて誰かに渡したり諸々の作業が楽になりますね、僕はそうです。

 

複数の動画を同時にダウンロードする場合

工程は同じです。ダウンロードしたい複数の動画のサムネイル左上のチェックをつけて、右上の…から「ダウンロード」を選ぶだけです。が…

データ量が多いとダウンロード無理?

僕は無線LANでPCを接続していました。計17本、3GB以上になったムービーファイルをダウンロードしようとしたら途中で回線が切れまくって(2時間で計40回ほど?)結局無理でした。

 

グーグルフォトの前にsendanywhere(センドエニウェア)というフリーソフトも試しましたが、容量が多いせいかなんなのか、まあわかりませんがどちらも無理だったので、仕方なく有線接続に切り替えました。

 

どちらも途中までは進むのですが、回線が切れてしまい、また最初からダウンロードしなおさなければならないという…

有線接続にしたからうまくいった?

有線にしたからダウンロードできたのかどうかは分かりませんが、実際有線接続に切り替えてからダウンロードは成功しました。そこらへんの知識はあまりないので詳細はわかりません。

 

iphoneからグーグルフォト、そしてパソコンへ…

という事でファイルの移動は完了しました。各作業中、動画ファイルがどこにあるのかを一度整理します。

iphoneやスマホで撮影した直後

iphoneやスマホで撮影した直後、動画は携帯本体とiphoneのグーグルフォト内に保存されます。

スマホ本体に保存した動画ファイルか、ネット環境がある状態でグーグルフォトを開けば、動画を視聴できます。

iphone本体の動画を削除すると

iphone本体にインストールされてる写真アプリからは視聴できません。しかしネットさえ繋がっていればスマホからでもiphoneからでもPCからでも、グーグルフォト経由で動画を見る事ができます。

ネットがつながっていればね。

グーグルフォトからPCにダウンロードすると

たとえiphone本体の写真動画アプリからファイルが削除されていようと、グーグルフォトからパソコンにダウンロードさえしてしまえばもう安心。その後PCのネット接続を切ったとしても、PC内で動画を見れますね。

まあインターネット接続がないので、グーグルフォト経由でムービーを見ることはできませんが。

 

わざわざこんな当たり前とも思われる説明をなぜしているかと言うと、僕もあまり詳しくないからです。

いろんなサービスありすぎてわからない…クラウドに保存?は?って感じなので、自分を戒める為でもあります。だって、理解してないがばっかりに、子供の大切な運動会の思い出がなくなってはいても立ってもいられなくなります。

 

インターネットトWEBサービスを一時的に借りて、うまくデータ移行したい、そんな感じです。

なんでiphoneからPCへ動画を移したい?

なぜそうしたいのでしょうか。

答えはひとつ、僕がiphoneの操作に慣れていないからです。

とにかく子供の運動会やお遊戯会、学芸会など、親だけでなく、現地に来れなかったじいちゃんやばあちゃん、さらにはひいじいちゃんやひいばあちゃんに見せてあげたい。

良い感じにできた映像を、観たいタイミングで、みんなで観られるモニターで。

 

操作が苦手な機械って主にテレビと距離が近い

一家に一台ありそうなハンディカム、ビデオカメラみたいな物体、僕は操作が苦手です。

また、ブルーレイレコーダーとかチューナー、それを操るリモコンとか、なんだか独特な画面というか。

 

現在2人の小さな娘(6歳と3歳)がいますが、彼女らの行事ごととなるとなぜか現れたがるビデオカメラ。

誰が悪いわけではありません。行事ごとに持っていく撮影機材として現在も君臨しているのですから仕方ないのですが、僕は操作が苦手です。

【関連記事】子供の運動会、ビデオカメラよりもiphoneやスマホでの撮影がおすすめな理由とあったら良い機材

なにより6年前のビデオカメラなうえに、あの独特のタッチパネルとか、ファイル形式とか、バッテリー関連とか、なんか苦手。

ビデオカメラは付属のケーブルでもって、運動会直後、帰宅してすぐテレビで視聴できるメリットはあるのですが、僕個人としてはデメリットがそのメリットを上回るというか…後述しますね。

 

一人で楽しむのならこんな回りくどい事しなくてもいいんですけど、それでもやっぱり、子供の勇姿を見てもらえる準備だけはしておきたいですね。

 

運動会の動画を見るタイミング

僕自身というよりかは、主にじいちゃんばあちゃん、ひいじいちゃんひいばあちゃん寄りで考えます。

冒頭でYoutubeでどったらこったらとか書きましたが、家族親戚が集まってワイワイとやっている中、全員で視聴する為にテレビ画面に映し出したいだけならChromecastだったりFire Stick TVとか適当に使えばいいかなと。

その場は解決しますが、いざ視聴環境を整える人がいなくなれば、もう視聴できません。

 

じいちゃん達の友人が、じいちゃんの家に遊びに来たとき

「孫(ひ孫)の運動会のビデオあるから、見ていけ!」と、元気に言えるうちは、なるべくすぐ視聴できるような環境を整えたいと思います。

 

また、年齢を重ねれば、場合によっては一人寂しく過ごす場面もでてくるかもしれません。

「孫(ひ孫)の運動会のビデオでもみるか…」と、孫(ひ孫)を思い出す機会が増えれば、正月のお年玉も期待できるかもしれません。

 

子供の勇姿の動画を親以上の世帯に押し付けるような考えかもしれませんが、それは一旦置いといて、上記のようにすれば、iphoneやスマホで撮影した子供の動画をPCまで移動することができるという話です。

阿寒湖、遊覧船、マリモ、釣り堀の旅。今さら俺は北海道博士になる!

目と口がないマリモ

先日、ベルギー人がカウチサーフィンを使って家に泊まりに来たのですが、北海道地震の影響で次の目的地である弟子屈への交通網が遮断されてしまっていました。

なので、僕が車で小清水ハイランドという場所まで送っていくことに。

次のカウチサーファーとの待ち合わせ場所が小清水ハイランドって場所らしいです。

 

初のカウチサーフィン体験、ポルトガル人夫妻が家に泊まった時の話。

山の上から屈斜路湖を見て「ああ、ちょっとした遠出も悪くないな」と。

帰ってきてから娘に「山とか湖とか、キレイな場所あるんだけど、行きたい?」と尋ねてみたところ、行きたい!そしてパパだけ行ってズルイ!と言われたので、次の休みに湖に行く事となりました。

 

よーし、家族サービス、がんばるぞー

行き先は阿寒湖に決定

出発当日、ついでに釣りもしてみたいという流れになりました。

「釣りかあ…」などと北見近辺の釣堀を検索してみたら留辺蘂とか生田原方面に釣堀があったので、てっきりそっち方面に行くのかと思ってたら、嫁が「阿寒湖に行く」と言い出しました。

 

ずいぶんと前から行き先が決まっていたような強めの言い方…従うしかありません。

 

という事で阿寒湖へ出発。北見からだと片道1時間半程度。

僕は方向音痴なので、颯爽とグーグルマップを起動します。

僕は北見市に住んでいるのですが、近郊の街やレジャースポットとかを全くと言っていいほど知りません。

なので今回の阿寒湖旅を僕の「北海道を知ろう旅」のスタートとしたいと思います。

 

休みのたびに車で近郊に出かけるのです。

休日に家族でゲームセンター?馬鹿言ってんじゃないよ。

時間を有効に使い、知識と経験を積み、人としての幅を広げて、最終的には北海道博士になるのが僕の目標なのだ。

阿寒湖に到着

という事で到着しました、阿寒湖。

阿寒湖の入り口

でっかいマリモの絵が出迎えてくれたので記念撮影。

大きいマリモが出迎える

阿寒湖を1周できる遊覧船のチケットを買ったのだけど、出航時間が決まっており、ちょっと時間があったので、近くの「弁慶の足湯」ってとこへ向かいます。徒歩5分くらいで超近い。

弁慶の足湯までの道のり

弁慶の足湯。かの有名な、あの弁慶、の、足湯。

弁慶の足湯の外観

弁慶の足湯に到着

娘が持っているのは遊覧船のチケット売り場で買ったアイスなのだが、アイスを受け取った時「なんか小さいね」などと言い出し、嫁が「そんな事言うんじゃない!」と諭してました。

子供はなんでも正直です。

 

足湯の目の前には阿寒湖が広がる。

目の前には阿寒湖がある

遊覧船が帰ってきました。

帰ってきた遊覧船

阿寒湖遊覧船へいざ乗船

さて出航時間になったので遊覧船へ乗り込みましょう。娘たちにとって船は人生初です。

遊覧船に乗り込む

船長の気分で「いざ出発!」。何を指差してるかはわからない。

船長気分でいざ出航

湖ひろーい。山でかーい。そして風がきもちいー。

初めての船と阿寒湖

窓から顔だって出しちゃう。初の船、楽しそうで何よりです。

窓から顔だって出しちゃう

ラブリー2ショット。「これが最後の2ショットだね!」って笑顔で言われたけどなんか深い意味あるのかな。

最後の2ショット

景色がきれい。

穏やかな湖

なんか島みたいなのある。こういうの見てたら本格的なカメラがほしくなった。誰か譲ってください誰か。

大島かな、小島だよ

船内は1階と2階があり、それなりに広いので散策してます。

船内を散策

マリモ研究所(仮)に到着

マリモ研究所に到着

何やら怪しげな施設に到着しました。

緑色の不気味な丸い物体が「こっちだよ」と我々を誘っています。

まさか楽しい阿寒湖遊覧の最中にこのような怪しい場所に連れてこられるとは誰が想像できるでしょうか。聞くところによるとここはマリモ研究所(勝手に命名)らしいです。

 

施設内部。昔のウルトラマンとかの本部みたいな雰囲気。

マリモ研究所の施設内

たくさんのマリモ

目と口がないマリモ

ねえ、このマリモ、目と口がないよ!

 

そうなのだ娘よ、本物のマリモには目も口もないのだよ、もちろん鼻だってないんだぜ。真実を突きつけられた決定的瞬間。

なんでもかんでも擬人化されたキャラクターを見続けた結果生まれた勘違い。

 

外の水槽には魚がいます。

水族館的な何かがある

マリモ研究所(勝手に命名)を脱出し、違う船着場で降りました。計80分の周遊は子供にはちょっと長かった模様。もう少し短くて良かったな。

別の船着場で降りる

腹減ったのでカレー屋さんみたいなとこでカツカレーとナポリタンとチーズトーストをたらふく食べました。

阿寒のカレー屋さん

阿寒湖で人生初の釣堀体験

そうそう、釣りしてみたいねって話もあったと思い出したので、近場の小さな釣り堀へ。

1竿1000円で3匹まで釣っていいらしいので2竿レンタルしました。計6匹釣れる計算となるが、そんなに釣れるもんなの?釣り堀って。疑問。

 

釣り初体験。

フィッシングランド阿寒

魚影を真剣に追います。

人生初の釣り掘

パパにもやらせてくれー。やりたいやりたい

ニジマスが釣れる

ママ絶好調、爆釣

5匹釣れた

なんやかんやで5匹釣れました。釣堀すごい。

でも5匹全て嫁が釣るという…

 

僕は生きた魚は怖くて触れないので、釣れた魚を網ですくう担当と、うんこみたいな練り餌を針につけるうんこ担当でした。

うんこみたいな練り餌を素手で触ったあと娘のとこに行ったら「きたなーい!」と馬鹿にされました。

 

釣ったニジマスは1匹200円でから揚げにしてくれるという嬉しいサービスがあります。

これ最初に知ってたらさっきのカレー屋さんで食べるのセーブしたのにと、ちょっと後悔しました。揚げたてのニジマスのから揚げはホクホクしておいしい。

ニジマスのから揚げ

遊覧船ではなく高速ボートにも乗る

早いボートにも乗りたいということでモーターボートにも乗ることに。5分周遊で500円。子供は二人で500円だったかな。

モーターボートに乗船

遊覧船とは違う迫力があります。水面が近い。遊覧船がバスなら、モーターボートはスポーツカー的な感じです。

迫力あるモーターボート

さよなら阿寒湖

いい感じに遊んだし、そろそろ帰って酒飲みたいのでこれにて阿寒湖の旅は終了となります。子供たちはまだ遊びたいと言っていましたが、付き合っていたらキリがないので強制終了させましょう。

帰り道

車内で見るDVDに「もののけ姫」をチョイスした嫁。

もののけ姫が気になりすぎて事故りそうになりますね。

 

家に到着した段階で、乙事主(おっことぬし)が祟り神になったりしちゃってて、面白すぎて観るのやめられなくなった結果、家に着いてるっつーのに車の中で20分ほどもののけ姫を見ました。

カウチサーフィンで旅行者をホストするには家族の同意が重要

僕は3ヶ月ほど前からカウチサーフィン(couchsurfing)というサイトに登録して、外国人旅行者を泊める活動をしているのだが、月イチペースで3回ほどホスト役をやったなかでの気づきがあったので、書く。

案外リクエストが来る

僕は北海道の東に位置する北見という街に住んでいるのだが、正直なところ北見市は観光資源が乏しい。車で1時間ほど走らせればそれなりに見て回れるような場所はあるのだが、北見市内に観光できるような場所はあまりない、と思う。

なので「泊めてほしいよ!」というリクエストはあまり来ないのかと考えていたのだが、結構リクエストが来る。夏の旅行シーズンという事もあるのかもしれないが、月2〜3回のペースで来る。

何故に北見に来るの?

という事で観光面が弱い北見なのだが、何故にわざわざ北見に来るのかを、実際家に泊まった外国人観光者に聞いてみたところ「それはあなたが泊めてくれるから」という理由だった。

北海道を旅していて、道東方面にでも行ってみるかなくらいの軽めのノリでもって適当に道東方面のホストへリクエストを送り、たまたま僕が引っ掛かったから北見に来るらしい。

Why 北見? Because of you. といった具合である。

子供は次第に慣れてくる

僕の子供は3歳と6歳で、カウチサーファーが家に到着した時は結構警戒していた。最初のカウチサーファーは翌日の朝あたりでようやく慣れて、一緒に遊んでいた。

2回目のカウチサーファーが来た時は夕食時、お酒を飲み始めたあたりから慣れ始めた。きっと手品とかを見せてくれたからだと思う。

3回目のカウチサーファーの時は、翌日の夕食あたりから慣れ始めて遊んでいた。じゃんけんしたり、そのついでにあっち向いてホイしたりして爆笑してた。

ちなみにどの回も小屋にて焼肉(バーベキュー?)をしている。北見は焼肉が有名な街、家でも積極的に焼肉をするのだ。許されるならば2日に1回はやりたいくらい僕も焼肉が好き。焼肉が好きというより木炭を前に酒を飲むのが好き。

そんな事をカウチサーフィンのプロフィールに書いていると「あなたとバーベキューするのが今から楽しみ!」みたいな感じのリクエストとかも来る。訳あって断ったけど。

朝が結構大変かもしれない

そんなこんなで、カウチサーファーが泊まりに来るたび焼肉をやっているんだけど、僕は大酒飲み、フラフラになるまで飲み、小屋から家に戻る途中で思い切り転んで手のひらが血だらけのまま寝て、朝起きて転んだ事すら忘れててなんで手から血が出てるかわからないみたいな飲み方をするので、朝が大変なのだ。

一人なら良いのだが、外国人が泊まっているのである。たいした英語力も持たない僕は、酒の残った小さな脳みそをフル稼働させて英語で対応しないといけない。というか朝っぱらから昨日会ったばかりの外国人と話す事があまりない。たぶん、昨日会ったばかりの日本人でも翌朝に話す事なぞあまりないと思うのに、外国人であればなおさら話題を見つけるのが困難だ。

英語力が身に付く

当たり前だけど英語で会話するので英会話能力は向上する。だが、10勉強したと思っていても、実際出てくる会話は勉強したものの3〜4割程度だと感じた。Could you〜?とかWould you〜?とかをスタディサプリEnglishで勉強したけど、結局使うのはcanばっか。

I can〜とCan you〜?の嵐だ。canスキルさえあれば会話は成立する。

しかし時たま勉強の成果が出て、ちょっと小難しい文章が出てくる時があって、My friend that we will meet tonight is also couch surfer.みたいに言えた時は、達成感なのか、その文章が頭に残る。言えるじゃん、俺、みたいな。

ちなみに娘たちに「アイライキュー」って言ってあげたら喜ぶよって伝えたところ、恥ずかしながらも発音していた。小さな成功体験は子供の可能性の幅を広げる。と思う。

嫁の説得と仕事の調整が大変

早い段階でリクエストを送ってくれる外国人は非常にありがたい。仕事の調整がしやすいからだ。1〜2週間後のリクエストはやっぱり受けづらい。

それでも2回目のカウチサーファーが来た時は、5日後くらいのリクエストを受ける事ができた。本当にたまたまだけど。

外国人旅行者の受け入れに対して僕はかなり積極的だ。英語力を身につけたいと考えているし、仕事にもつながれば良いと思ってるし、子供達にもそうなってもらいたい。その為には外国人と直に触れ合う機会はまたとないチャンスと考えるからだ。

なので、できればなるべく多くの外国人旅行者を受け入れたいのだが、嫁さんは僕ほど乗り気ではない。外国人だろうと日本人だろうと、家に泊まらせるのには何かしらの抵抗があるのは、確かにわからないでもない。

誰かが宿泊する事によって乱されるだろう日常生活という嫁さんの主張と、またとない英語勉強の機会を逃したくないという僕の主張。

3回目のホスト役を終えて、一番大変なのは、家族、主に嫁さんの同意を得る事だと判明した。

ホスト活動に理解を示してくれる嫁

理解というか、現在は僕の主張に折れてくれている段階だ。1回目のカウチサーファーが家に来て、2泊し、帰ったあとに「これを最後にしてね」と言われた。最初で最後のホスト役。だけどどこかで冗談言ってるんでしょ?と高を括っていた。

その後、宿泊のリクエストが来た時、僕は嫁さんになんの説明もすることなく、事を進めていた。

で、飲んでた時に「またリクエスト来てるよ」って言ったら結構怒られた、というか言い合いになった。

本当にホスト活動は最後にしてほしかったのかとその時判明して、翌日、勉強の機会を逃したくないという主張を持って話し合いをした結果、月イチなら泊めていいよという結論に着地する事ができた。

なので、嫁さんが折れてくれている段階だ、ありがたい。

本当これは重要だ。頑固な夫のゴリ押しかカウチサーフィン活動が理由で離婚なんてバカバカしいにも程がある。

もう少しカウチサーフィンが日本で浸透したら「カウチサーフィン離婚」という言葉も生まれかねない。なにはともあれありがとう嫁。

受け入れられない場合の対処を考える

しかし、それでも、できるだけ外国人旅行者を受け入れたい自分もいるわけで。

カウチサーファーが来た時は常に焼肉をやっており、その時は大抵友人を呼びドンチャン騒ぎをするのだが、友人2名は国際交流に興味があると言っている。

どちらも家庭持ちで仕事持ち、そして国際交流に興味ありで、片方は英語力あり、もう片方は英語力ゼロだ。

さすがに家族全員英語力ゼロの場合のホスト役は難しいのかもしれないが、各々が空いている時間帯を活用すれば、リクエストを断る事もなくなるのかもしれないなと話した。

ただ純粋に、わざわざ北見市に来るという外国人旅行者を一人でも多く受け入れてあげたいけど、ひと家族だけで頑張っちゃうと「カウチサーフィン離婚」も発生しかねない。

興味ある人がいるならみんなでやろうよって感じである。

CtoCサービスだし、カウチサーフィン自体も株式会社とかじゃなくNPOらしい。安全に利用できるように努めはするが、最終的には個人間でのやり取りを提供するサイトでしかない。

であれば、国際交流に興味がある有志がいるなら、旅行者も納得してくれるんであれば、僕が受け皿になって、その後はみんなでケアするという方法もあるのではと話した。

まあサイトの規約読んでないのでわかりませんけど。

何が言いたいかというと

とにかく国際交流したいけど、家族の理解を深めるは大変、着地点を模索中という話しでした。

だってわざわざ北見に来てくれてんだもーん。

15年振りに英語の勉強を再開してから半年後に外国人旅行者が自宅に泊まりにきた

15年振りに英語の勉強を再開し、勉強再開後約6ヶ月で外国人旅行者のホスト役を努めるに至ったので、その経緯を報告します。

高校生の英語レベルのまま

進学校だったので英語の授業はありましたが、話す事はできませんでした。

語学留学の為、18歳で1年ほどカナダに行く事になりましたが、カナダの空港に到着直後、僕のスーツケースが届いておらず、空港職員に「僕はかばんを失くした」とすら英語で言えないレベルでした。

語学学校でも聞けない話せないなので授業についていけず、日本人とばかりいるという…

 

カナダにいながらも約半年は日本人と共にいたため、何も習得せずに帰国したのです。

そして15年の歳月が流れました。

英語勉強の再開の理由は家族にすごいと思われたいから

なぜまた英語を勉強しようと思ったかというと、単純にかっこいいからです。

嫁さんと子供がいるので、英会話できる凄いパパのポジションを取りに行きたいと。

あと、友人が海外で働いているので、一緒に何か仕事する時に役にたつかもなんて考えたりもしました。

また、頭悪くても9ヶ月で英語ペラペラになったとかTOEICがクソみたいな点数の僕がたった数ヶ月で900点?になったみたいな記事に触発されたり等々です。

 

英語をペラペラと話せるかっこいい自分に、今からでもなれるのではと考えました。

英語習得に子供を巻き込みたい

子供と一緒に勉強できたらいいなと思ったので、子供向け英語学習アプリをインストールしたりしてみました。

結果、僕も子供も長続きしませんでした。

発音博士というアプリです。

子供も楽しんでいた時期もありましたが、2週間もしたらやりたいと言わなくなったので、子供を巻き込むことはいったん諦めて(諦め早い…)一人で英語勉強する事に。

 

ここからが英語勉強約7ヶ月の実質のスタートラインです。

 

【追記】子供は発音博士やらなくなったと言いましたが、ある方法を使うと進んでやるようになりました。

子供のYoutube・ゲームのやりすぎと勉強嫌いを一気に解決するコインルール

瞬間英作文が良いと耳にしたので試す

リーディングやライティングは時間をかければできますが、スピーキングは日本人が苦手とする部分ですよね。

実際僕もそうなので、思った事をすぐ英語で話せる練習が必要と考えました。

 

簡単な目標として、英会話内容のレベルは小学校1年生とか2年生、低学年ほどの子供が話す会話程度でいいので、少ない語彙や表現であってもスムーズに英語がでてくればよい。

 

ネットで適当に調べてたら瞬間英作文なるものがあったので、これをまずやりました。

 

中学1年生で習う英語レベル~中学3年生で習う英語、あとエクストラパートなる仮定法過去や仮定法過去完了などで構成されたアプリ。

 

英語例文→日本語

日本語例文→英語

 

これらを3秒とか5秒とか10秒など決められた時間内に瞬間的に訳していきます。

 

たとえば、仮定法過去完了にある例文の

地図を持って来ていたら、僕たちは、道に迷わなかっただろうに。

なんて含みを持った難しいことは今の目標ではありあせん。

中学1年レベルの例文の

彼らはどこにいますか?

パーティーはいつ?-来週の日曜だよ。

くらいの簡単なフレーズがすぐに英語となって口から発せられれば英会話は成立するはずなので、まずこのレベルを目指します。

 

このアプリはレベルに合わせて英語の文法と発話瞬発力を強化できます。

ブロークンイングリッシュを正すという意味でも良い教材でした。僕は未だに全部できてはいませんが。

 

アプリの効率的な使い方はネットで色々書いてあると思うので、興味がある人は調べてみてください。

瞬間英作文の学習時間

  • 1月:16時間20分
  • 2月:15時間47分
  • 3月:17時間16分
  • 4月:1時間15分
  • 計50時間38分。

5月以降は他のアプリに移行したのでやっていません。

会話形式のアプリで学習する

オンライン英会話など、ネイティブと話すのは、例えモニター越しでもハードルが高すぎるので、相手がネイティブではない形式を取らないといけません。

なにせこちらはシャイですから。

 

そこで見つけたのが、ドラマ形式で対話の練習ができるスタディサプリenglishというアプリ。

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH

ドラマ仕立ての英語のショートストーリーでリスニング、出てきた単語の理解度とかディクテーションなど色々な角度から英語を学習できるアプリです。

最初に簡単が英語レベルチェックテストがあり、1~7段階で僕は下から3番目だったのでレベル3からスタート。最初エマ(登場人物)が

Riku, how is the hamburger?

とか言ってて、こんなの楽勝だわとか思ってたのですが、急にリク(主人公)が

Does the size of me have anything to do with the size of my dream?

なんて言い出し始めて、ああこれは僕のレベルでは全然無理なやつだって思いました。

急に難しいこと言わないでほしいですね。

 

ですが、なんだかんだでストーリーが面白めで、リクが思春期すぎるのとハビエル(登場人物)が女好き過ぎるのと、クロエ(登場人物)がどもり過ぎなのもあって楽しく勉強を進められます。

ちなみに月額。

スタディサプリENGLISHの学習時間

  • 3月:4時間39分
  • 4月:17時間27分
  • 5月:22時間34分
  • 6月:3時間8分
  • 計47時間48分。

その他細かな学習時間

主に上記二つですが、その他の細かなもの(doulingoとか)をもろもろ合わせるとプラス33時間ほど学習しました。

全部合わせて130時間ほどしかやれてなかった…少ない、すごく。

 

細かな学習記録はネットのお勧め通りスタディプラスを使いました。

各学習アプリを登録することで、どれだけやったかを可視化できるアプリです。

自分の学習記録に対して全く知らない人から稀にいいねされたりします。応援はされないよりされたほうが良いですよね。

知人がよく外国人を連れて居酒屋に来る

僕は居酒屋に勤めているのですが、知人がよく外国人を連れてくるのを目撃しました。

知人はバリバリに英語を話せるので、二人とも居酒屋でわりと大きめの声で英語でコミュニケーションをとっているのです。

 

なぜそんなにも外国人の友達多いの?と疑問に思いました。なんせここは道東の田舎町北見市、外国人とのエンカウント率は極めて低いはずです。

 

知人に尋ねてみると、外国人旅行者を無料で自宅に泊めてあげる(ホストする)サイトに登録しているとのこと。カウチサーフィンってやつ

 

自分が海外に行った際、旅行先でこのサイトに登録している現地人がいれば、交渉次第で泊まることができます。

逆に、海外からの旅行者を地元、自宅に泊めてあげることもできるサイト。

 

すごく面白そうだったので早速登録することにしました。

国際交流関係に興味のない嫁に相談すると断られそうなので、黙って登録しました。事後報告万歳。

カウチサーフィン登録から5日目に依頼がくる

さて、カウチサーフィンのサイト内で、自分のプロフィールを6割ほど埋めて、登録した旨の事後報告を嫁にしてから5日が経過しました。

 

ポルトガル人夫妻から泊めてほしいとのメールが来ました。

 

想像以上に展開が早いです。送られてきたメールはもちろん全部英語です。

 

家に、外国人が、初見の外国人が、泊まりに…2日間、来る…の?

 

こんな体験したことありません。海外でホームステイをしていた事はありますが、まさか自分が受け入れる側になる事になるなんて。

 

武者震いを抑えつつリビングでテレビを見ている嫁に「ポルトガル人夫妻が家に泊まりにくることになった」と告げました。

 

これはずっと前から決まっていた事であり、不可抗力だと含みを持たせながら伝えないといけません。

「ポルトガル人が泊まりに来たいって言っているけど、どう?」などと選択肢を与えてしまったら即拒否されるに決まってる。

こんな未知の体験が出来るチャンスをみすみす棒に振ってはいけない。

 

ポルトガル人が2週間後うちに来る

 

これが真実。

手付かずの部屋をあわてて掃除

なぜポルトガル人は旅行先に北見市を含めたのか…

謎は深まるばかりですが、考えていても仕方ない、やることが山積です。

 

宿泊が決まったので、ポルトガル人夫妻の寝る場所を作らないといけません。

まさか同じベッドで寝るわけにもいかない事くらいは理解しているので、幸い空いていた一つの部屋を片付けることにしました。

空いている部屋って物置になりがちですが、その空き部屋は物置そのものでした。

要るもの要らないものを分別し、要らないものは直接ごみ処理場で処分、要るものは整理整頓し、大幅にスペースを確保。

その後掃除機をかけたり拭き掃除をしたりして、物置部屋は見事ゲストを迎え入れられる立派な部屋に変身しました。

 

誰かが突然来るといった不測の事態でも起こらない限り、物置部屋は物置部屋のままだったはずなのです。

掃除して、正常な部屋として機能するに至ったのもゲストが来るという予定のおかげ。

自宅がごみ屋敷な人ほど外国人ゲストを受け入れてみてはどうでしょうか。

 

この調子で洗面台や風呂場など水周りも念入りに掃除して、迎え入れ体勢は整いました。

外BBQの為の小屋掃除

ポルトガル人を迎えるにあたって、何かしたいと考えた僕。

わざわざ北見に来るので、当日は外でBBQをしようと提案したところBBQ sounds great!とのありがたいお言葉を頂きました。開催当日の最高気温を調べると8℃でした。

 

とてもじゃないが外でのん気に焼肉を楽しめる気温ではありません。

無理やりBBQを開催して風邪でも引かせたら国際問題に発展し、闇の機関によって僕はどこかに永久追放されるかもしれません。

 

かといってBBQ sounds great!と言わせたのちに予定変更なんてできるわけがありません。

彼らはすでに北見でのBBQを非常に楽しみにしていらっしゃる。

その気持ちを踏みにじってしまっては国際問題に発展し、闇の機関によって僕はどこかに永久追放されるかもしれません。

 

なので、打開策として隣接される小屋の中でBBQを開催することにしました。ちなみに小屋もまた物置状態、モノでごった返している。

 

部屋を掃除した要領で小屋も掃除しました。

中には、漬けたまま放置され、蓋を開けると500匹ほどの小さな虫が沸いている恐ろしい漬物樽なんかもあり、小屋掃除は熾烈を極めました。

 

結果、10名ほどが座れるスペースを確保、寒さ対策としてポータブルストーブも3台設置しBBQの準備も整いました。

掃除前の写真を撮り忘れたのが悔やますが、これでももの凄く整頓されたのです。

今回ゲストを迎え入れるにあたって2つのスペースにてこ入れした…掃除大変。

到着、そして次の目的地に行くまで

滞在期間中のことをざっくり書きます。

 

出来る準備はすべてしました。あとは待つのみ。

当日は夕方に北見駅に到着するらしいので家族で駅まで迎えに行きました。もちろん会話は全部英語です。

彼らはポルトガル語と英語が堪能で、フランス語とイタリア語を勉強中ということで、日本語は一ミリもかすっていません。

130時間ほどの復習で得た英語でなんとか対応。やっといて良かった~

 

さっそく自宅まで行き、in this weather?と、焼肉開催に疑問を呈されながらも、なかば強引に小屋でBBQ開始しました。

友人知人の入れ替わり立ち代りで15名ほどがBBQを楽しんだ。

二日目は昼に寿司を食べ、北見神社に行ったり、なぜか植物園を2件はしごしたりしました。

夕食は夫妻がポルトガル料理を振舞ってくれるらしく、スーパーで買い物をしたあと自宅へ。

この人数では絶対に食べきれないだろう大皿料理を食べながら、談笑しました。

もちろん全部英語です。まじで130時間の英語学習が僕を助けてくれました。

最終日は昼にそばを食べて次の目的地へ旅立ってしまいました。

非常に良い経験になりました。

外国人旅行者から見る北見市とは

北見の周辺には観光地がたくさんありますが、北見市自体にはたいした観光スポットはないと言われており、僕もそう思います。

しかし道東、オホーツク観光を楽しんだのちに戻ってくる拠点として、重要な役割を持っているんだなーと思いました。

拠点の一端を担えて光栄光栄。

今回のポルトガル人夫妻は、観光して、カウチサーフィンで宿泊先を探して、次の目的地へ行くという、ざっくりした計画での旅行とのことです。

 

娘たちが小学校と保育園に行っている時間に出発していったので、上の娘を迎えに行ったのち夫妻の姿がないと感じた長女が「パウロ君とゲイルちゃんは?」と気にかけていたのが印象的でした。

もうちょっと遊びたかったようです。娘も良い経験になったのではないでしょうか。

テレビ近いから離れて!親子の不毛なやりとりを消し去る小さなテレビという提案

テレビ近い! もっとはなれて観て!

 

テレビを見ている時もゲームをしている時もうちでは大抵飛び交う言葉だ。

うちでは3歳と6歳の子供がいるが、気づけば近い距離でテレビを眺めることが多い為、親から離れなさいという指示が飛ぶ。

指示を受け、離れて座っていたとしても、水を持ってくるとか、トイレに行ってくるなどしてリビングに戻ってきた際は、本人も知らぬ間にテレビに近い場所に陣取っている。

 

そして繰り出す必殺技、離れて観なさい!

 

いい加減、この親子間の不毛なやり取りをなくしたいと思っている。

やらなくていいやり取りをなくしたいだけだ。

指示というか注意になるのだが、注意する人(嫁)も、注意される人(子)も、そのやり取りを周囲で聞く人(僕)もいい気持ちではないはずだ。

嫁が子供の視力低下を望んでいないから子供に注意することには感謝しています。

 

テレビが大きいのがステータス問題

解決する順番は関係ない、僕が思い出した順だ。

テレビがでかいというのは社会的ステータスの一種みたいな風潮がある。テレビのインチ数が大きければ大きいほど、その地位は比例して上昇するといった考えだ。

友人が自宅に訪問してくることもあるだろう。友人は僕の家のテレビが友人宅のそれと比べてたいそう小さいなと感想を抱いたとしても、よっぽど仲が良いのではない限り、冗談交じりでツッコめる関係ではない限り、僕の家のテレビの小ささを指摘しないだろう。

 

逆に僕が友人宅を訪問したとする。

するとどうだろう、僕の家のと比べて9倍ほどの大きさのテレビがあるではないか。高さは3倍くらいあるな、しかもなんか大きいくせに平べったいという。

ツッコみ合えるほどの仲に達していない僕は、テレビの大きさが自分の家と比べ物にならないことには一切触れずにその日を終えるのだ。

 

そして欲しがる。大きなテレビを。

自宅のテレビが友人の家のテレビより小さいと判明したときに生まれる惨めな感情。まずは友人宅のテレビの大きさを超えなくてはならない。

それまで友人宅に訪問するのは控えようと決心する。しかし時たま自分を鼓舞するためにお邪魔したりする矛盾も少なからず発生する、大人とはそういうものだ。

また、友人に訪問されるのも極力控えなくてはならない。

なぜなら、友人は内心、僕の家のテレビは小さいと知っていながら遊びに来ている可能性を捨てきれないからだ。

僕らは隣の芝生が青く見えるけど、その友人は自分の芝生がより青く見えるように、あえて、わざわざ、僕の家のちっさなテレビを見に来ているのかも知れない。

僕と相対的に比較しながら、自分は優位に立っていると確認するために遊びに来ている、そう考えるべきだ。3人以上の女子の集まりで起こりそうな現象だと感じる。

だから僕は友人を自宅に入れない、テレビの大きさでマウンティングされてなるものか。

 

が、いきなり9倍の大きさのテレビを買うとなると資金的に辛いものがある。

大人は出費が多いのだ。抱えるものが多ければ多いほど出る、カネって出ていく。

 

なので、ギリギリのラインの42インチのテレビを購入することになる。

 

つまり、僕は、友人との相対的な戦いに一線を引くことなく、戦うことを選んだのだ。

しかし、僕が購入できたのは42インチのテレビである。9倍の大きさを誇るテレビを持つ友人にはとても太刀打ちできない。僕は当面のラスボスをその友人に定め、42インチ以下のテレビを持つ他の友人を求めて旅に出ることにした。

僕が9倍テレビで受けた惨めな気持ちを、42インチテレビという武器を携えて、今度はより小さいテレビを持つ友人に、優位な立場から慰めの言葉を掛けてあげようという目的の旅に出るのだ。

 

こうして惨めな感情は、テレビが大きい人から小さい人へ流れていく。

 

部屋にアンバランスな過剰な大きさのテレビ

さてどうだろう、このまま進めばテレビだけが異様に大きい、アンバランスなリビングになるだろう。

もちろん、先ほども説明したが、テレビの大きさのみが社会の地位と比例するとした場合のみだ(説明はしてない)

テレビの大小戦争に一線を引ける強い気持ちの人が割合的に多くなければ、このスパイラルからは脱せられないだろう。

リビング、ひいては家の大きさに対してアンバランスなテレビ。

もしかしたら、「うちは西側の壁一面がテレビだよ」とか「いやうちは東側の壁一面がテレビだよ、もう何インチかわかんないね」のような東西戦争が起きるかもしれないし、それはもうプロジェクターでどうにかしたらいいと思う。

部屋に対してのテレビの大きさのバランスが崩壊した時代だ。

 

テレビだけが大きくなっても部屋は急に大きくならない

僕の家の茶の間は正方形だ。

そして食卓兼ローテーブルはほぼ部屋の真ん中に配置されている。

そして武器である42インチのテレビは壁際に配置されている。それが、テレビにとって、そしてテーブルにとって収まりの良い配置だ。

テレビと逆サイドにはソファがある。サイドチェンジの際にコッチからアッチへロングボールを蹴ったりする時に逆サイドとかいう場合がある。

なのでおのずと子供はテーブル付近にジュースなどを置きながらテレビを観賞することになるが、それが、離れて観なさい!の最大の原因なのだ。

ソファは決して居心地の悪いものではない。が、それ以前にテーブルが真ん中にあるし、なら、テーブルのとこ座って観ーよおっと、となるのはなんら不思議ではない。ごく普通のことだと感じる。

しかし、子供にとってのごく当たり前が親にとっての格好の注意ポイントになっては不毛なやりとりは永久に消えない。

かといって、家はそう簡単に大きくはならない。アメリカより日本のほうが面積が小さいと聞いたことがある。

 

 

テレビとの適正距離の迷信に惑わされながら

テレビ鑑賞の適正距離について1ミリだけ調べたが、昔に言われていた(僕は知らないが)テレビから3メートル離れて観なさいという教えは、テレビから出るヤベーのとか、低解像度が原因だとかって書いてあった。

どんなヤベーのがテレビから出ているのかは、専門家ではない僕が調べたところで全く無意味ので調べない。

解像度が低いから離れてみたら丁度よいというのは理にかなっているけど、その当時、親が子供に「目が悪くなるよ!」と注意する箇所からは外れている。

解像度の関係でテレビと子供との距離を取りつつ、テレビから出てるヤベーのから子供を守る。二つの利害が一致したからこそ「3メートル」の距離が迷信めいたものとして受け継がれてきたのか。

しかし、更に調べをもう1ミリ進めてみたところ、現在は「テレビの高さ×3」が適正距離だと書いてある。信頼のおけるネットに。

僕の武器は42インチテレビだ。

42インチの幅は93cm、高さは52.3cmと、信頼できるネットに書いてある。

「テレビの高さ×3」が適正だとインターネットが言うのであれば、僕の家のテレビからの適正な距離は役1.6mだ、これはリビング内におけるテレビとテーブルの距離とピッタリなのではないか。

言及すれば、テレビの手前、奥、横など、座る場所によっても距離は変わるが、テレビに一番近い箇所に座っても条件は満たせそうだ。

僕らは、やって良い事悪い事の、間違った判断材料しか持っていないのだろうか。

 

適正距離をもってiphoneや映画館に置き換える

例えばiphoneやスマホで僕らいい歳(36)こいた大人が動画を見るときの距離はどうだろうか。

動画を、目いっぱい楽しむ為には携帯を横にして画面を回転させる必要がある。僕の携帯を横にした場合の縦サイズは6cmだ。今測った。

で、どの位の距離で見るのかなと、普段見ている距離ほどにiphoneを持っていって測ってみたらiphoneと目の距離はおおよそ30cm。

映画館ではどうだろう。

つい最近イオンシネマに入った時のスクリーンの高さは目測4mちょいだったかもしれない。その時はスクリーンから10数m離れていたと思う。

テレビの適正距離でいうと「高さ×3」だから、iphoneで動画を見るなら画面から18cmの距離で見る事になり、僕からしたら近すぎる。

映画館でいうと、すべて目測だけど、スクリーンの高さが4mだとしたら、12m離れて見ると適正な距離になるわけで、あれ、それって僕ら家族がついこのあいだ映画館でドラえもん見たときとほとんど変わらなくね?って今思った。

大人だって映画館に行ったらドキドキする。それは大画面で、迫力のある音響、高めの価格の物販やドリンクなど、とにかく色んな意味でドキドキする。

だけど、画面と距離感の観点から切り取ると、自宅のテレビを適切な距離で見ればいいだけじゃないとの結論に達するが、今回はその話ではない。離れて観なさい!子供の話!

映画館の興奮とテレビとの距離は同じ

離れなさい!テレビから、は・な・れ・て!

この「は・な・れ・て!」の部分、嫁はマグマのように非常に熱く注意する事もあれば、絶対零度の場合もある。子供の視力を心配しているからだ。

僕の武器である42インチのテレビの高さは52.3cm。約1.6mが適正だとネットは言っている。

そして、映画館のあの臨場感、大人が興奮するんだから、子供なんてたぶん目からヤベーの出てると思うが、映画館のスクリーンの高さが4mだとして適正距離は12m。

 

ここで親からの必殺「テレビ近いよ!テレビから離れなさい!ソファで見て!」が繰り出された場合、子供は適正距離から倍ほど離れたソファに移動する羽目になる。

自宅でのテレビとの1.6mと、映画館でのスクリーンとの12mは鑑賞の適切な距離としては同じ。自宅で適正距離から倍の距離である3m先のソファに移動する事はすなわち、映画館でいう後部最上席24m以上、場合によっては館外に飛び出してしまう可能性すらある。

子供は常に何かを体験、習得したりするのに頭と体をフルに使っている。映画館の映画は面白くて視覚、感情、揺さぶられるけど、ドキドキしている時に「もう12m下がって鑑賞しなさい」と館内アナウンスで注意されたら、僕が子供なら足を結構ジタバタして、ジタバタした足が前の座席に当たると思う。

ネットで調べた適正な距離が真実かどうかは知らない。でも、そのようなモヤモヤ、自宅で頻繁に起こる不毛なやり取りを解決する方法がある。

 

人の家、関係ない、テレビを小さくしろ

子供がテレビを見たいのは当たり前だ。youtubeもそうだけど、目から来る刺激、色、画面の中の人がどう動いているかを真似する体育のきっかけにもなるし、画面の中の人が何を話しているかを真似する国語の勉強にもなる。

どこでどう何を区切るかといった教育論なんて知らない。僕は別に否定的ではないだけ。

ただ、子供がテレビを見たり、ゲームをする時に、闇雲に「離れなさい、近いよ!」と、注意する前に、適切に距離を取れる場所を作ってあげるべきだ。

部屋が狭くて距離作るとかムリー、と、できない理由はあるかもしれないが、ではいっその事テレビを小さいものにしませんか?

僕は信頼のおけるネットで調べたモノが合っているとも間違っているとも知りませんが、例えばテレビを小さくしてもなお「テレビから近いよ!離れなさい!」となれば、これは嫁がマジで画面からヤベー物質が出ていると確信を得ているんだと思う。

ヤベー物質に画面の大きさは関係ない。

しかし、iphoneと映画館の原理同様、画面が小さくなれば近く、大きくなれば遠くを採用できれば、子供がテーブルでテレビを見ている状態が「近かったけど」となり、相対的にテレビから離れている感じになるのでは。

 

そこで再浮上するのが他人との相対関係なのだが、ダラダラと書いてきた中で一番重きはどこかを考えて欲しい。

テレビを小さくする。簡単ではないか。

子供の視力低下を抑える。理解していれば大丈夫だよ。

友人との優劣。自分は自分。

あんたがもっと稼ぎなよ。ごもっとも。

 

野球は観るもの、やるものじゃない思想を生んだ小学校低学年のトラウマ

野球はもっぱら見る派だ。絶対にプレイする側には回らない、いや、運動神経がついていかずに回れないという方がしっくりくる。

横浜大洋ホエールズから横浜ベイスターズに変わるあたりが好きだった。ブラッグスからのローズ、ローズがフルカウントからヒットを放った時なんかは大騒ぎしたものだ。

だが僕は昔から運動が苦手であり、球技の中でも野球は苦手中の苦手だ。なんせ球が小さいし、バットは細い。どちらかを大きくしてくれれば当たりやすいものを、なぜだか球も小さくバットも細いというイバラの道を選んでいる。さらにいうなら球が体に当たると痛い。

昔一度、あれは小学校時代だっただろうか、放課後のグラウンドにて試合形式の野球に強制参加させられたことがあり、その時僕はライトで9番だった。

当時の僕はライトは一番使えないヤツが守るポジションで、9番は一番打てないヤツが割り当てられる打順だと思っていたので、クラスの皆様におかれましては当時の僕のことを深く理解していただいていたのではと、深く感謝いたします。

観戦は好きなのにプレイするはまっぴらごめんな状態のまま大人になった。ゴールデンエイジの真っ只中で野球をやる事を捨てた少年は、大人になった今でも運動が苦手だ。

捨てるに至るまでに何があったのだろう、ふと思い返すと小学校低学年を過ごしたあの時代に降りかかった出来事がトラウマとなったのかもしれない。

 

 

下校途中にある工業高校のグラウンドの敷地付近の歩道で、ボロボロで、皮がめくれかけている野球ボールを見つけた。

高校球児らの練習で使い叩かれ茶色く変色し、バットで打たれる度に縫い目が弱くなり皮がめくれ、グラウンドの隅に追いやられたのちに何らかの外的要因でグラウンド外へ出てしまったボロボロの野球ボール、みなさんも一度や二度は目にしたことがあるだろう。

そんな誰もが見たことのあるボロボロの野球ボールが今、僕の通学路脇にひっそりとたたずみ、仲間になりたそうにこちらを見ているのだ。

 

当時小学校低学年だった僕は、ボロボロの野球ボールがなぜか道端にたたずんでいる現象に対しての経験がなかった。道端の野球ボール童貞。さらにいうと少年野球チームなどといったアグレッシブなクラブにも所属していないアグレッシブなクラブ童貞でもあったため、野球ボールは、例えボロボロでも、当時の僕の興味をそそった。

 

小学校高学年ほどになるとなぜだか河川敷や線路付近でボロボロのエロ本に遭遇する率が高くなる。高学年がボロボロのエロ本を見つけた時の興奮と低学年の僕が野球ボールを見つけた時の興奮レベルは同等であり、道端に落ちているモノは大抵がボロボロである。

 

落し物は交番に届けなさい、と、両親から厳しく教育を受けていたが、興奮していた僕は親の指導を一旦なかったことにして、道端のボロボロの野球ボールを誰にも見られないよう素早く手に取り、ズボンの右ポケットへ無理やり押し込んだ。

ボロボロのボールは拾ってくれてありがとうと言っていたし、ボールは笑っているように見えたが、僕のポケットは異様な膨らみをみせていた。

 

道端でボロボロの野球ボールを拾ってポケットにねじ込むとポケットは信じられないくらい膨らむ事を学んだ。道端でエロ本を拾うとこれまた膨らむんだと経験したのはもうちょっと大きくなってからの事だった。

 

怪しさ全開の右ポケットを周囲に悟られないよう右手で隠しながら下校を再開。右手のひらはポケットを隠すように固定、なぜか右腕も固定してしまったため左腕だけを元気に振りながら歩く不自然な小学生が誕生した。

 

なんとか家に帰り、晩御飯を食べ、夜商売の両親は仕事へ、5歳年下の妹は就寝、僕とバーサンだけが家にいる。

バーサンというのは、風呂から上がったあと、首元に細やかなレースが施されているベージュ色のシャツとパンツを身にまとい、決まって茶の間で柔軟をする生き物のことをここでは指す。年齢の割には開脚角度も広く、そのまま前屈した時には床までベタリとはつかないものの良いところまでは上体を落とすことができるバーサン。

バーサンの柔軟の話は野球ボールとあまり関係がないので一度忘れていただくとして、そんな柔軟なバーサンがいつも通り風呂に入り始めた。つまり茶の間には僕一人、拾ってきたボールを眺める千載一遇のチャンスが訪れた。

 

家の玄関の棚にこっそりしまっておいたボールを茶の間に持ってきて眺めた。おお、なんとボロボロの野球ボールよ。what a bad conditoin this ball is! 僕が外人ならきっとこういう。皮がめくれている部分を触ったり引っ張ったりしていると、もうちょっと力を入れれば皮、剥けそうじゃね?皮、全部剥いちゃう?みたいな謎の欲望にかられた。

力を入れてボールの皮を引っ張ると、ビリビリだろうかバリバリだろうか、剥いた時の手の感覚は忘れてしまったが、とにかく皮を剥くことに成功したのだ。小学校低学年の僕にとって野球ボールの皮を自分で剥くことができたという成功体験。文字通り一皮向けたのだ、僕も、ボールも。

 

あなたは皮を全剥ぎされた野球ボールを見たことはあるだろうか。きっと予想もつかないと思うのでさっさと答えるが、皮の下は糸みたいなモノがグルグル巻きになっているのだ。

糸みたいなモノと曖昧に表現したのには一つ理由があって、僕も糸の正体を知らないから。皮を剥がれた野球ボールにグルグルに巻きついている糸みたいなモノの正体を簡単にネットで調べることができる便利なこの時代、僕はあえて、調べない。

 

さて、糸でグルグル巻きになっているボール、手まりの様に見えなくもない見た目。よくテレビなどで生物系の大学教授が動物の死体を集めてきて解剖しているのを見かける。また壊れた家電の分解など、内部構造がどうなっているのかを知りたい欲を持っている人が一定数いるもので、当時の僕もそれらと同種だった。

 

糸の先端を必死に探し、もしくは先端が見つからなかったからちょっとだけ失礼してハサミで切ったのか、とにかく糸の先端を左手親指と人差し指でつまみ、ボールを持っている右手を左手の周囲で回転させ、左手に巻きつけながら糸をほどいていくことにした。左手が地球、右手は月みたいな関係でグルグルと右手を回して糸をほどいていく。

 

何層にも巻かれた糸をほどいていく過程で徐々に小さくなっていくボールに目に見えた成果を感じた僕は無我夢中になった。どんどん小さくなっていく、ボールは最後どうなるんだろう。

ほどいた糸みたいなモノを左手に巻きつけながら作業を進めていくとなにやら黒くて小さな丸い物体が見えてきた。黒くて小さな丸い物体と曖昧に表現したのには一つ理由があって、僕も知らないからだ。ネットで調べることができる便利なこの時代、僕はあえて、調べない。

 

拾ってきたボロボロのボールの皮を全部めくって、糸みたいなものを全て取っ払ったら、なんか丸いヤツがでてきた、というのがここまでの文章の要約である。長々と書いてもしょせん2行で要約できる内容の文章にしかなっていないが、どうせここまで時間を浪費したのならぜひ最後までお付き合い願いたい。僕の伝えたいことはこの先にあるのだから。

 

さて、ボールの中には小さなボールが入っているマトリョーシカ構造だということがわかったので、次のステップは小さなボールの正体を突き止める作業に入らなければならないが、気づくとほどいた糸の全ては左手にガチガチに巻きついて、手まりみたくなっていた。なんということでしょう、左手が皮をめくったあとのボールになっているではありませんか。

そりゃそうだ、右からほどいた糸を左に巻きつけながら移動させていたのだから。右から左への移動について物理の法則かなんかで説明したいとこだが、僕の頭ではムーディーをひねり出すのが限界だ。

 

ガチガチに糸で巻きつけられ、自分ではどうすることもできない左手。ボロボロのボールは拾ってくれてありがとうと言っていたはずだし、確かにボールの表情には笑みがこぼれていたはずだが、あれは悪魔の微笑みだったのか。ボールの罠にまんまと嵌ってしまったというのか。

 

それとも何か、拾ったモノを交番に届けなかった罰を神様に与えられたのだろうか。僕が交番勤務の警察官で、道端の野球ボールの発見経験ゼロの童貞少年がボロボロの皮がめくれかけたボールを届けに来たのなら、それは君のボールだよ、と、優しく言って追っ払うだろう。

絶対に落とし主が見つからないボロボロのボールをあえて交番に届けることで警察官の手を煩わせてはいけないのだ。出来レースに警察を巻き込んでは申し訳ない、警察も暇ではないのだ。

しかし神様は、工程が大事じゃぞ、はしょっちゃイカンよはしょっちゃ、というのか。小姑のような神様だ。はしょる、とは、端折るの事で、ここでは省いて短くするみたいな意味で使っています。

 

道端の野球ボール童貞からは辛うじて卒業できたものの、その代償は糸みたいなモノによる左手の封印という大きなものだった。知識欲に身を任せ後先を考えず行動した結果ではあるがそこに後悔はなかった。なんだか清清しい気分でさえある。この気分を格言として後世に残すとすれば

 

びえーんえんえん、取れないよー、えーんえん

だろう。実際当時こう言った。

 

びえーんえん、手が動かないよー、バーサーン

とも。

 

何事ぞ、ワシの大事な孫。バスタオルで滴る水分をふき取りベージュのシャツとパンツを軽やかに身にまとったバーサンが何事ぞ何事ぞと浴室から茶の間へやってきた。そこにあるのはバーサンの入浴中に一人で謎の遊びに興じ、結果ボールに左手を封印されてしまった最愛の孫の慌てふためく姿だ。バーサンはベージュ、孫ご乱心。

何を馬鹿な事やっているの、と、ごもっともな台詞を浴びせかけられたのち、ハサミで巻きついた糸を丁寧にカットしてもらい、ようやく僕の左手の封印は解かれることとなった。

 

以来、その少年が野球をすることはなかったそうな、めでたし、めでたし。

 

 

この左手が封印された事がきっかけで深層心理で野球を遠ざけていたのか、もしくはグローブをはめようと手を入れたらグローブの中に毛虫がいてびっくり仰天したことが原因なのかは今となってはわからない。

しかしこのような目を背けたくなるような経験がもととなり運動嫌いになる子供は確実に存在し、そういった子供が成長し大人になったのち運動を好きになる確率は限りなく少ないだろう、調べてないけど。

子供の健やかな成長を願うのであれば、やらなければならない事はただ一つ、毛虫が出る場所にグローブを保管しないことなのかもしれない。

車生活で公共交通機関から遠ざかっていたので電車というか汽車に乗る、あえて、わざわざ乗る

田舎に住んでいると移動は車中心の車生活になるものだ。

公共交通機関は田舎にだって存在するのだが、基本的な運行本数が都会のそれと比べて少なく、自宅の最寄の駅から中心街へ向かう電車は7時~21時の間で8~9本しかない。また、10時~13時台の電車はない。

ちなみに僕は「電車」というより「汽車」と呼ぶほうが馴染みがある。

終電は21時03分発だ。公共交通機関を使って帰宅するのであれば1次会の終了と同時に駅に向かわなければ帰ることはできない。

車が無いとどこかへ行くにしても、帰るにしても不便なのだ。だから我々田舎モンは免許を取得できる年齢になったら95%の割合で免許を取得する。

こうして我々田舎モンは電車というか汽車から自動的に遠ざかっていくレールの上を生きている。

 

月日は流れ、結婚をし、子供が生まれた。現在3歳と5歳。

僕もあぶれることなく免許を取り、一度一発免停になってしまったものの現在も車生活を送っている。電車とは疎遠な生活なので、子供は電車に乗ったことはない。走っている電車を見つめるだけだ。

しかし何事も経験なので、子供を汽車に乗せようじゃないか。このままだと汽車を知らない大人になってしまう。汽車を知らない大人と翼の折れたエンジェルは同義だ。

 

今回僕が立てた作戦はこうだ。

 

自宅から中心街の駅まで家族4人で車で行く。

僕と娘二人が自宅方面に向かう汽車に乗る。

自宅近くの駅に嫁に車で迎えにきてもらう。

車で家に帰る。

 

というものだ。

わざわざ車で中心街まで行き、電車で自宅付近まで帰ってきたのち、駅から車で自宅まで帰るという「電車に乗る」こと以外になんの目的もないプランな上に、車をフル活用するという。

自宅から最寄の駅まで1.5キロほどの距離があるうえに、雪が大量に降り積もっているので、駅から自宅までの道のりすら車を使用するのである。

ではさっそく出発したいと思う。

 

中心街の駅へ向けて、車で出発だー!下の娘はカルビーのじゃがビーを飲み物のように飲んでいる。

 

 

北見駅に到着。東相内から北見駅まで車で13分ほどかけて北見駅に到着した。なんだかものすごく工事している。北見冬の工事祭り。次に訪れるのはヤマザキ春のパン祭り。

ガチャピンのところで写真撮ろうよと誘ったら「ガチャピン?」って言われた。

 

 

駅構内に行くぞー

 

 

切符買うか、「キップ?」、チケットみたいななどと話しながらキップを買う。タッチパネルを押したりお金を入れたりするのが楽しい。

 

 

北海道鉄道の旅ピンズDXというガチャガチャトラップにまんまと嵌ってしまった。500円玉しかなかったので、チケット売り場で両替を頼んだら快く引き受けてくれた。

ガチャガチャやるんで許してくださいと一言付け加えておいた。

 

 

改札口を通る。駅員さんにキップを渡してハンコのような何かを押印してもらう。

 

 

あの汽車じゃない?いや違うんでない?などと言いながら駅構内をうろつく。駅員さんにどの汽車に乗ればいいか確認したところアレだった。

出発まで残り4分。

 

 

乗り遅れる!急げ!うおー

やっべっぞ!いそげー

置いていかれるー!

 

 

なんとか間に合いました。初めての汽車。

 

 

テンション上がって変な感じになっている。それでは自宅に向かってレッツゴー!

 

 

駅員さんが手を振ってくれた。もしかしたら僕たち親子の旅が良いものになりますようにと願ってくれているのかもしれない。自宅に帰るだけなのがバレませんように。

 

 

トンネルの中。

 

北見~西北見、そしてようやく辿り着いた東相内駅。とんぼ返り。

 

 

やったー!ついたー!

運転士さんが手を振ってくれた。もしかしたら僕たち親子の東相内の旅が良いものになりますようにと願ってくれているのかもしれない。自宅に帰ってきただけなのがバレませんように。

 

 

まったねー

 

 

正直寂れている感のある東相内駅。無人駅なんて田舎では当たり前なのだ。

 

 

当初の計画通り、嫁が駅まで迎えにきてくれている。嫁は東相内→北見→東相内の区間を車で移動するだけという眠たくなるような役割を担ってくれた。感謝である。

 

 

最後に駅前で記念撮影。

 

JR関係に勤めてらっしゃる方は基本心が優しいのかもしれない。要所要所で手を振ってくれた。

僕も高校時代にお世話になっていた汽車。現在はあまり乗車できてはいないけど、数年後は子供達がお世話になるかもしれないし、どこか「旅」に行く際は利用させて頂きたいと思う。

どうもありがとうございました。

【実体験】5歳児が進んで発音練習したくなるおすすめの無料アプリと使えない英会話アプリを紹介

子供に英語を習得してほしい。と思っている親はたくさんいて、僕もその中の一人です。

5歳の娘に楽しんで英語を覚えてもらうのにまず初めに取り掛かろうと考えたのはリスニングとスピーキング。

ひらがなをようやく書ける段階で更にリーディングやライティングはハードル高いぜよと思ったので、それは一旦置いといて聞く力と聞いて真似して発音する力に重点を置いていきます。

 

発音博士というアプリ

だからと言ってお金は掛けたくないので無料アプリで学習するという貧乏っぷりはさておき、評判がよさそうなアプリをインストールしてみました。発音博士というもの。

最初の画面です。スタートをタップします。

 

設定はいじらなくても良い

設定画面がありますが、初期設定で問題ないのでいじらなくて大丈夫です。発音記号の種類でJones式と標準IPAのスライダーがありますが、標準IPAにするとより細かく正確な発音が求められるので、子供が飽きてしまう可能性が。

 

スタートをタップしてさっそく初めてみる

ではさっそく始めましょう。スタートをタップするとカテゴリ画面に移ります。

無料で使えるのは「基本100英単語」と「月・曜日・数の英単語」です。鍵がかかっているものは有料となりますが、無料の2カテゴリだけでも140近くの単語がありますので子供の取っ掛かりには充分は量の単語です。まずは「基本100英単語」から始めましょう。

 

基本100英単語、最初はafter all

はい、色々でてきました。最初は[after all]です。やってみましょう。[after all]をタップします。

 

すると外人女性の素敵な発音と共に[after all]の発音練習画面が開きます。

 

もう一度発音を聞きたい場合は[after all]の部分をタップ、発音練習するにはスタートをタップします。ではスタートをタップして発音してみましょう。

 

結果は57点。どの部分の発音が違ったのかは緑色の「お手本発音」とオレンジ色の「あなたの発音」を比較することでわかります。

0:00~0:07がオレンジ部の[ʌ]をタップした時の発音、あなたはこのように発音しているので違いますよと。0:07~0:11は緑部の[æ]をタップした時の音声で、この発音を真似すれば正しく発音できますという見本です。

このようにしてひとつずつ正しい発音を身に付けていくのですが…

 

発音博士は大人も子供もむきになる

むきになるというかやる気になるんです。5歳にもなるとiphoneの操作くらい簡単にできてしまうので、発音博士のような簡単な操作であれば自分でどんどんやり始めます。

先ほどの[after all]くらいなら10回も挑戦すれば100点を取れるようになりましたし、10回挑戦するのにかかった時間はたぶん2分ほどです。

 

100点を取るとやる気がでてくる

実際[after all]で100点の発音になりました。

 

57点の時や、85点の時は採点時「ドゥルルン♪」みたいな音が鳴るだけなんですが、100点を取った場合のみ「ジャッジャジャーン♪」と短いファンファーレのような音が鳴り、なんだかやってやった感を味わえます。

自分の100点の発音を聞きたい時はオレンジのスピーカーのマークをタップすれば聞くことができます。そして100点の余韻に浸るも良し、まぐれかもと再度挑戦するも良し。

 

100点マークを揃えてコンプリート欲を満たす

さて、無事に100点を取れたので前画面に戻ってみると、[after all]の横には「100」のマークが表示されました。単純な作業ですが100点を集めていく面白さと、コンプリート欲を満たしていくことで、気付けば英語の発音が上手になっていきます。

 

大人の発音は先入観がある

英語に慣れ親しんでいないうちの妻はどの英単語をやってみてもなかなか100点を取れません。子供の方が100点を連発しています。

例えば[girl]という単語、大人は先入観からどうしても「ガール」と発音してしまいがちです

発音博士の[girl]の発音はこれ。

どうしても「ガール」が抜けない大人は苦戦しがちな単語ですが、これを子供に聞かせてみると「グロー」「グーロー」と発音してきます。

 

子供は先入観が無いので聞いたまま発音しやすい

「グロー」「グーロー」どちらもアクセントは「グ」の部分についていました。英語に慣れ親しんでいない先入観を持つ大人が聞いたら「違う違う、グーローじゃなくてガール!」となりがちですが確実に子供の方が正解に近い。

[very]という単語を子供に発音してもらうと「ベウリ」となりました。「違う違う、ベウリじゃなくてベリー!」ではなく「ベウリ」。なんとなく「ウ」が聞こえるのも子供は前知識がない段階で聞いて真似しているからです。

 

妻と娘で端末の奪い合い

闘争心に火がついた二人は「次は私の番!」「次は私の番!」を連呼しながらiphone端末を奪い合っていました。

娘は先入観のない耳と口でバンバン100点を連発していき、妻がそれに対抗するもなかなか及ばずの状況は見ていて楽しい。

そうしているうちに娘の発音がどんどん上達していきました。

 

カタカナ英語を覚える前にやるべき発音練習

まだ英語の読み書きができない状態でスタートする方がカタカナ英語の先入観なしに練習できるので良いかもしれません。

また、子供だけに練習させるのではなく、親も一緒にやる事で子供の楽しさも増します。

娘に「ドッジボールやろー!」と言われて、面倒くさかった僕は発音博士のアプリを起動し「これでどれか100点取れたらドッジボールやってもいいよ」と促すと「やる!」と言い出し、単語ひとつ100点取れたにも関わらず、ドッジボールの事を忘れてどんどんやっていました。

発音練習にはかなり有効です。

シチュエーション別のイラスト付きであれば100点

発音の練習はできるのですが、その英単語をどのタイミングで使うのかというまで理解が及ばない部分はあるので、例えば[girl]であれば女の子のイラストが、[good morning]であれば朝や布団のイラストがあればなお良かったというのが正直な感想です。

発音練習には充分ですが。

 

他の子供向けアプリも試してみたが

他の子供向け英語アプリも試してみましたが発音博士ほどシンプルでサクサク進められるものは見つかりませんでした。

以下僕が試してみたアプリも一応紹介します。

 

親子de英会話

親子de英会話というアプリ。シチュエーション別に簡単なフレーズが並んでいて、各吹き出しをタップするとフレーズを読み上げてくれます。

 

初めて英語と触れ合うには少々長めのフレーズになっているので、口が回らないようでした。[good morning, Mommy]というフレーズだけでも「グッモーミンマミー」のように釣られてしまっています。

また発音チェック機能がないので、自分の発音が合っているのかどうかが見た目で表示されないのも、マイナスポイントとなりました。

しかし、ある程度発音ができるようになって、なおかつ少しリーディングもできるように成長してくれば、親子de英会話くらいのレベルのアプリが良いかもしれません。

Duolingo

Duolingoというアプリ。写真から正しいものを選択したり、和訳したりするアプリです。

どちらもまず日本語が読めないと何を問われているのか子供はわからないので、初心者向けではありません。問題には漢字も含まれているので5歳にはなおさら無理なので除外。

日本語の学習をしてからなら色々な角度からの問題が出るので良いでしょう。

毎日英語

毎日英語というアプリです。英単語の発音とスペルを覚えていくタイプのアプリです。

ライティングやスペルを覚える為のアプリなので5歳の娘には無理ですが、発音博士で耳を使って単語を覚えた後にスペルを学習していく段階で活躍するでしょう。

 

ワオっちイングリッシュスクール

ワオっちイングリッシュスクールというアプリ。音楽と映像が流れる中、アニメーションを交えながらその時使うセンテンスを学習できるアプリです。

発音チェック機能もついていて一見良さそうなのですが、そこにいくまでのアニメーションが長く感じます。どちらかというと英語勉強というよりyoutubeを見せているよう。無料でできる項目も少なく感じます。

どのタイミングでも使えなさそうなので僕的にはお勧めしません。

PINKFONGワードパワー

PINKFONGワードパワーというアプリ。英語の音楽を聴いたり、単語の意味を写真で教えてくれたりするアプリです。

全てが受身のアプリのように感じます。これならyoutubeでいい。

英語学習を始める一番最初に使うアプリは

子供が最初に英語に親しむ為にはどのような方法が良いのかを、少しだけ考えて、実践してみた結果、一番効果があったのは発音博士でした。

その他、英語が身近に感じてきた頃には、レベルに応じて他のアプリに移行していけばいいのではないかと感じます。

英会話なので、英語を避けてきた親も恥ずかしがらずに一緒に学習していくことこそが子供の英語習得の近道になるのかもしれません。

僕が以前試してみたオンライン英会話

以前「ネイティブキャンプ」というオンライン英会話を試した事があります。

24時間、予約不要で外国人英語講師とマンツーマンで英会話の練習をすることができます。

無料トライアル終了後は月額5000円程度で、何回でも、どの時間でも英会話と触れ合うことができます。



僕は大人の男なので女性講師ばっかり指名していましたが。

日本語は話せませんが教え慣れしている先生ばかりなので、最初は緊張しましたが楽しくやれました。わからない部分や聞き取れない箇所があっても、チャット機能もついているので両方を駆使して英会話していました。

子供が話す事に慣れてきたらやらせてみようと思っています。

 

現場からは以上です。

【運動会撮影】iphoneやスマホ+ジンバルの組合せが最強!ビデオカメラ撮影よりおすすめな理由

かわいいわが子の運動会、必死になって競技する姿が微笑ましいですよね。

まずは以下の動画(3歳と7歳の娘の運動会)をご覧ください。

これは一般的なビデオカメラは使わず、iphoneと手持ちジンバル(手振れを補正する道具)を使って撮影しています。

ジンバルが手振れを防止し、被写体を滑らかに追ってくれるので、撮影しながらわが子の姿を肉眼で楽しめています

(ジンバルは通常16,000円程しますが、新品を1割程度安く買える方法もあります)

超高性能!読んだら絶対に欲しくなるジンバル内蔵小型カメラOSMO POCKETについては以下より

子供が頑張る姿を記録に残すという親の使命

一番盛り上がる徒競走などで一生懸命走る娘の姿に、子供以上に熱くなっちゃうのですが、血まなこになって応援するだけにはいかない親の現状。

そう、恒例の撮影係です

なぜ撮影をするのか。

理由は、運動会が終わってからもう一度、子供の勇姿を、子供と親、そしておじいちゃんやおばあちゃんなどと振り返って楽しむ為です。

子供自身も、自分が走ったり踊ったり障害物を越えたりしてる動画を家に帰ってから見るのは楽しい経験ですよね。

親子親族全員の、運動会後の楽しみを提供する目的を果たす為に、親(僕)は運動会本番中に撮影係を遂行しなければなりません。

撮影班は子の活躍を肉眼で見たい感情はいったん押さえ込み、ビデオカメラのモニター越しで我が子の活躍を見守るしかありません。

さながらドキュメンタリー番組の監督兼カメラマン

 

一度限り(その年齢ではという意味)の子供の運動会なので、できれば自分も楽しみたいのですが、残念な事に、ビデオモニターを見ながらの撮影は、肉眼で見るよりはるかに臨場感が足りない。

自分の目で我が子を見る事ができ、なおかつ手振れせず、滑らかに被写体を追うことができる最強の撮影方法が「スマホ + 三軸手持ちジンバル撮影」です

 

とういか毎回感じてるんですけど、ビデオカメラって、使いづらくありませんか?

スマホやiphoneでの撮影すれば操作が簡単!

毎日使っているiphoneやスマホ、カメラアプリを開いてビデオ撮影できない人はいないでしょう

3ヶ月に一度位の割合で、イベントの度に満を持して登場するビデオカメラだと、操作方法を忘れてしまいがちです。僕はよく忘れます。

ハンディカムのモニター操作って難しくないですか?

タッチパネルを押してから反応するまでのタイムラグがあるというか(我が家のビデオが古い説が濃厚)。

スマホやiphoneはハンディカムの10倍くらいサクサク動きます(言い過ぎ)。

操作性では圧倒的にスマホに軍配。

 

「アレ?娘の出番なの次?」と、プログラムを確認していない迂闊な親(僕)が不測の事態に陥ったとしても、iphone撮影であればいつも通りスマートにカメラモードにできます。

そう、iphone撮影ならね。

 

逆に(古い)ビデオカメラでは確実に「どれ?撮影どのボタン?充電切れそusじゃdfk」なり、撮るべきシーンを確実に逃します。

逃した魚は大きい、あとで怒られること必死。

スマホやiphoneが撮影機材であれば充電が簡単!

iphone撮影であればモバイルバッテリーを持っていけば充電切れの心配はありません。

モバイルバッテリー自体の充電はしておくこと、それとバッテリーと本体をつなぐケーブル類の持参。大事なのはこれだけです。

ただでさえ荷物が多くなりがちな運動会鑑賞。荷物が少なくなるに越したことはありません。

ビデオカメラ専用のごつめの予備バッテリーを持っていく必要がなくなります。

そう、iphone撮影ならね。

スマホやiphoneでの撮影すると動画ファイルのデータ管理が楽!

最近では動画編集のハードルも下がり、誰でも取り掛かれる身近な行為となりました。

スマホやiphoneで撮影すると、iphoneとパソコン間でのデータ転送や共有方法が豊富、ビデオカメラに比べると楽なので、動画編集作業に移行しやすいです。

動画編集なんて掘り下げた事をしなくても、子供の活躍動画をパソコンにバックアップする等の作業も簡単。

普段使っているスマホで撮影すれば、のちに付随するデータ管理作業が容易です。

3軸ジンバルがスマホやiphoneを自動で水平に保つ!

演奏の合間に「シャーン!」と鳴る金色の丸いアレはンバルで、僕が今から説明するのはンバルです。

3軸手持ちジンバルとは、ものすごい機能でiphoneの水平を保ってくれる棒みたいなヤツのことです。

言葉で説明するのがちょっと難しいですが、以下の動画を参考にしてみてください。

ニワトリの首の動きを忠実に再現したような機械です。これがあれば手振れを気にせず子供の動きを追うことができます。

手持ちジンバルが上下左右のブレをスムーズに調整してくれるので、スマホの画面にしがみつく必要がなくなります

被写体がフレームアウトしていないかを確認するくらいで充分、撮影しながら肉眼で臨場感を味わうことができるのは素晴らしいですよね。

運動会撮影で自分も楽しみたいのであれば「iphoneと手持ちジンバルの組み合わせが最強」なのです。

操作性は若干違いますが主流は以下の2種類で、どちらも16,000円くらいです。

最近では1万円を切るものも出てきています。

SYOSIN スタビライザー 3軸手持ちジンバル パノラマ機能 タイムラプス 顔認識 対象追跡 垂直&水平撮影 GoPro フィルター 自撮り 手振れ防止 撮影安定 各種のスマホ、Goproなどに対応 三脚付き
SYOSIN

早速動画を撮りました、画面が全然ブレなくて感動しました。
操作も簡単で、扱いやすく、いい商品だと思います。
息子の成長をいちいち記録したくてこの商品を購入しました。
プロではないのでスマホ用スタビライザーで撮るのが本当に助かりました。
ひさびさにオススメしたい商品です。
自撮り棒と違って色々な機能がついてそう、今後を期待します。

星5の評価も多く、怪しくないレビュー。

海外から買う事でさらに1割程度安く買うこともできます。

僕が持っているものとは別ものですが、新品のハンディカムを買うことを考えれば、安い買い物なのでは。

手持ちジンバルのもうちょっと詳しい動作や使い方もあるので興味ある方はどうぞ。

腕をキープするのは大変:手持ちジンバルは三脚に装着可能!

ジンバル自体は500~600gとそんなに重くないですが、いつまでも腕をキープするのは案外キツかったりします。

ジンバルには三脚に固定できるネジ穴があるので、固定カメラとして使用する場合、三脚があれば嬉しいですね。

ジンバルの上下左右や水平移動は手元のレバーでできるものがほとんどなので、三脚に固定しても動く被写体を追うことが可能です。

スマホ撮影の注意点:忘れてはいけない機内モード

運動会のクライマックスの徒競走。

iphoneとジンバルの最強タッグで準備にぬかりなし。よーいドン鉄砲の音と同時に子供達が一斉に走り出します。

我が子は何位か、抜きつ抜かれつの瞬間を撮っている時に「チャン♪チャンチャ♪チャンチャラチャンチャ♪チャンチャンチャンチャチャン♪」の着信音。

動画撮影は中断され、子供は何位だったのか記録することもできずじまい。

 

iphone撮影の注意点として、必ず機内モードにしましょう。

 

上司からの業務指示ライン、部下からの質問ライン、友人からの今必要ではないライン、スパムメール、何かしらの通知。

運動会の撮影中は何かを受信している場合ではありません。

通信手段としてのiphoneは運動会上では存在しなく、撮影機材と割り切るために外部からのコンタクトを排除しましょう。

動画はスマホ、でも写真撮影も忘れずに!

動画は動画で僕が担当すればよいのですが、写真は写真で伴侶にお願いしましょう。

動画から静止画を抜くこともできますが、写真として撮ったほうが写真のクオリティは高いですよね。

余談ですが、お遊戯会や学芸会など、声もきれいに録音したい場合、iphone内蔵マイクより外付けの外部マイクをおすすめします

指向性のピンマイクを使うと、少なからず違いがでてきますよ。

スマホやiphoneとジンバルを駆使した撮影:ハンディカム勢に負けない心を!ビデオカメラマウンティング

「あらヤダ、ゆいちゃん(ウチの子)のお父さんとお母さん…携帯なんかで撮影してる…子供の運動会を何だと思ってるのかしらね!」

 

これまじで思うんですけど、子供のイベント事はビデオカメラで!ビデオカメラ一択で!といった風潮があるように感じます。

子供の晴れの舞台の為にビデオカメラを用意し、標高高めの三脚とさらに上をいくなら撮影係用の脚立。

万全の体制で我が子が徒競走ですってんころりんと転ぶ姿を撮影するスタイルは、素敵な親の在り方にも見えます

家族構成とかどんな弁当持ってきたとか、運動会とは色々な家庭事情が露呈してしまうイベントです。

最新のビデオカメラで撮影している事をさりげなくアピールする行為をビデオカメラマウンティングと呼びます(嘘、呼びません)。

そしてそのビデオカメラマウンティングをしてくる親は一定の割合で運動会内に存在します。

 

ハンディカムなんてパッと見て新品かどうかなんてわかりません。

それが例え6年前のビデオカメラ(我が家)でも、一見すれば型落ちかなんてわからないので、対外的に良く思われたい親は、もしかしたらビデオマウンティングを理由に古いビデオカメラを使い続ける可能性も捨て切れません。

しかしこれらのマウンティングは無視しましょう。

「撮影のしやすさ」「撮影後のデータ管理」「荷物の軽減」等、様々な観点において、iphoneとジンバルを組み合わせた撮影方法がビデオカメラ撮影を上回っています。

 

そしてこの重大な事実を知っているのはこの記事を読んでいる僕たち(私たち)だけです。

 

そう、あなたはラッキーボーイ(もしくはガール)!!

 

古いビデオカメラをお持ちの親御さん、運動会は黙ってiphoneで撮りましょう

6年落ちのビデオカメラは即メルカリで売りましょう。

 

これから古いビデオカメラのデメリットを、親の仇か!位の勢いで書き連ねます。

古いビデオカメラで撮影した場合のデメリット

モニター部分をパカパカと開いたり、クルクル回転させたりしながら赤い撮影開始ボタンを押して我が子を追うアレ。

ビデオカメラ底部に三脚を装着すれば固定カメラに、手に持てばアクティブに子供の動きを追うことも可能ではあるんですが…

※言い忘れてましたがこれは古いビデオカメラしかない親向けの記事です。

古いビデオカメラはデータファイルの移動ができない、面倒くさい

古いビデオカメラはどれもスマホやiphone撮影の良い部分の逆を狙ってきます。

昔の僕は撮影後、ビデオカメラからPCにデータを移動して動画編集とかしようとしました。

ビデオカメラって、撮影の段階でなんらかの設定をしていないと、動画データがAVCHD?みたいな、よくわからない専用のファイル形式になってしまい、PCにデータ移行ができなかったりします。

 

工夫すればできるんでしょうが、変換ソフトをダウンロードしたり、専用ケーブルを買ってみたり等、その工夫が面倒くさい。

子供を熱心に追いかけ過ぎたゆえ、動画データが大量、大容量になったとしてもiphoneならいけます。

古いビデオカメラのタッチパネルが非常に使いづらいしわかりにくい

iphoneやipadに慣れている親の大半は、古いビデオカメラのタッチパネルの反応の遅さにイライラします。そんな統計はとってませんが。

最新、高性能のビデオカメラであれば操作性は解消されているかもしれません。

しかし、6年落ちのビデオカメラしかない悲しき我が家では、撮影担当の僕は超絶使いづらいタッチパネルと格闘しなくてはいけない。

ハンディカムのタッチパネル、マジでどこをいじればどうなるのか全然わかりません。

カメラの充電無くなったらマジでやばい

全てのデメリットは新しいビデオを買うことで解決する話なんですが、買えないのでこのまま話を進めます。

バッテリー満充電で撮影に臨んだとしても「大丈夫かな、映ってるかな?」とか、ピントや構成考えるのにいちいちビデオカメラのモニターを開け閉めしたり。

結果、古いビデオのバッテリーって、すぐなくなります。大事なのでもう一度。

 

古いビデオのバッテリーはすぐなくなる

 

運動会後半になると、残りの充電を気にしすぎるあまりパカパカモニターをあまり開かないタイプの人間に変身します。

 

バッテリーの予備?

そんなのとうの昔に無くしました

古いビデオカメラって重要な場面で登場したがる

みなさん普段ビデオカメラとかハンディカム使いますか?僕は使いません。

 

なのになぜか子供の大事なイベントの時にだけピンポイントで登場したがる古いビデオカメラ。

子供のイベントに合わせた使用頻度だとせいぜい3ヶ月に1回くらいしかハンディカムの出番はありません

こんな頻度じゃ使いこなせなくて当然なのです。だから総合的使いづらい印象が残る。

 

その点、iphoneは毎日触っているので操作性の心配はなし。

子供の運動会撮影で親がやることまとめ

という事で、ダラダラとスマホ、iphone、ジンバル、古いビデオカメラについて書きました。

運動会で僕ら親がやるべき事をまとめます。

・6年落ちのビデオカメラは今すぐ海に投げ捨てる(又はメルカリで売却)

・iphoneまたはスマホ、3軸手持ちジンバル、そしてお弁当を用意する

・撮影しながら我が子を肉眼で応援する

・観覧席でのビデオマウンティングは無視する

・昼休憩はお弁当を食べる

・帰宅後は撮影した動画をパソコンに取り込んでバックアップ&編集

・可能な限り親せきを呼んで愛娘の頑張り動画を披露する

 

現場からは以上です。

SYOSIN スタビライザー 3軸手持ちジンバル パノラマ機能 タイムラプス 顔認識 対象追跡 垂直&水平撮影 GoPro フィルター 自撮り 手振れ防止 撮影安定 各種のスマホ、Goproなどに対応 三脚付き
SYOSIN