【接続が拒否されました】ワードプレス管理画面に入れない原因はロリポップじゃなかった

【このサイトにアクセスできません】

【onogenki.com で接続が拒否されました。】

 

ワードプレス管理画面にログインしようとしたら拒否されてしまいました。

何回アクセスしようとしても、リロードしても、別のブラウザでログインを試してみても全くダメ。

昨日までは管理画面にログインできたのに、今日突然、自分のサイトから接続を拒否された。

ウェブの検索結果に記事は出てきますが、ページを開こうにも上記文言のページが出てきて、どうしても自サイトへアクセスできません。

僕のような迂闊な性格で、同じく大事なドメインを失効してしまって焦っているブロガーにいち早く届け(最後オチあり)と思い、ブログ復旧へ向けて調べた様々なキーワードを文中に盛り込みながら記事を書いていきます。

結論を言いますと、単にドメインが失効していました。

ドメインの失効に気付かずに調べた事色々。原因はレンタルサーバー障害?

なぜなんの前触れもなくドメインが失効したかは後述しますが、ドメイン失効に気づかない僕は色々と調べました。

 

レンタルサーバーの障害が原因だから待っていればそのうち復旧するよ!

 

待ってれば解決!と言う記事を発見したので、あまり焦ることなくレンタルサーバー(僕の場合はロリポップ)ページのメニューからサーバー障害情報を確認しました。

しかし、ログインができなくなったあたりの最新の障害情報やメンテナンス情報は掲載されていません。

焦り出しました。

 

【このサイトにアクセスできません】

【onogenki.com で接続が拒否されました。】

【ERR_CONNECTION_REFUSED】

 

エラーページをくまなく見て、該当しそうなワードを更に増やして調べます。

 

ブログのurlの【https】を【http】に変えてみてページにアクセスできるかどうか試してみて!

 

自サイトはSSL化していたので、上記解説通りに【s】を抜いてアクセスしようとしてもダメ。

ロリポップがたぶん悪い!障害情報出してくれと勝手に勘違い

管理画面にログイン出来なくなる直前に内部設定いじったかなー?と考えましたが、いつものようにWordpress Popular Postsでアクセス数を確認しただけで、何もしていません。

なぜアクセス出来なくなったのか…

考え得る全てのワードで検索して、出てきた数少ない記事に掲載されている解決法を試しましたがアクセス出来ずに詰んだので、ロリポップのサポートに以下の内容でメールしました。

 

・特に何も設定を変えていないのに急に管理画面にログイン出来なくなった

・ログインしようとすると【このサイトにアクセスできません】【onogenki.com で接続が拒否されました。】【ERR_CONNECTION_REFUSED】と表示される

 

「何もしてないのに出来なくなった」的な発言が素人臭漂いますが、悪いのはサーバー側であって僕ではないはず。

48時間以内にロリポップから回答をもらえると書いてありましたが、不安すぎて48時間も待てそうにない…

グーグルアナリティクスのリアルタイムを見ても【0】とか、たまに【1】とか(エラーで速攻離脱してる)

翌日ロリポップのカスタマーセンターから待ちに待った回答をいただきました。

 

ロリポ)現在復旧作業を進めております!お客様もう少々お待ちください!

的な、サーバー側が完全に原因だよっていう回答を予想していたのですが、思わぬ内容でした。

ロリポップでサーバー借りてるのに別サーバーに移動させられていた

以下がロリポップから得られた回答。

 

ロリポ)ロリポップ!のサーバーを参照しておりませんでした。

 

ロリポップのサーバーを経由していないだと?

クレカ自動支払いで半年に一回サーバー代払っているのに?

 

ロリポ)ドメイン管理元および、上記サーバーにご契約状況をご確認いただけますと幸いです。

 

今回の唯一の解決策の手がかりである「ドメイン管理元に確認して!」と、ロリポップはここで丁寧に伝えてくれています。

しかしサーバー側に問題があると思い込み、混乱状態の僕の視界にその言葉は入りません。

 

混乱が混乱を招いてる状態なのですが「上記サーバーでご契約状況を確認して!」とのとこなので、全くもって理解していませんが、記載されている【Name Server: ns1.gm111.parklogic.com】のリンクからページを開いてみました。

Apache HTTP serverは悪いやつではない

リンク先へ飛びます。

 

 

何やら海外のサイトに飛んでる。

英語だらけのページへジャンプしてしまいました。

 

終わった、乗っ取られた、自分のブログはもう戻って来ない…

 

と言うか何このサイト?【Apache HTTP server】ってとこクリックできる様になってるけど何それ食えるの?

【Apache HTTP server】が諸悪の根源だと勘違いして【Apache HTTP server ウイルス】【Apache HTTP server 危険】など、ネガティブなワードと組み合わせてせっせとグーグルで調べました。

しかし特に怪しい様子ではない。

【Apache HTTP server】は悪いやつじゃない模様。

世の中そう言うもんなのか?

 

他に解決策はないのかと、もう一度ロリポップからの回答を見てみます。

アドレスの頭にww1. ww7. ww12.が勝手に追加されてしまう

もう一回確認します。

回答内に自分のサイトアドレス【onogenki.com】のリンクがあったので、そこをクリックしました。

 

 

見たこともない変なページに飛ばされました。

 

しかもタイトル部分が【Onogenki.com】になってる。最初の【O】は大文字じゃないのよウチ。

また、サイトアドレスの前に【ww7.】という謎の文字が強制的に追加されてしまいます。

 

 

ロリポップの回答内の自サイトアドレスを何回かクリックしていると【ww7】の他にもランダムで【ww1】【ww12】がアドレス冒頭に強制追加されて別ページに飛ばされてしまいます。

 

もう無理と絶望していたのですが、ロリポップの回答メールに【ドメイン管理元】がどったらこったらって言ってたのを思い出しました。

ドメイン契約元からのメールを自動削除設定にしていたけど、それなりに理由はある

お名前.comでドメインを取得していたので、ログインして契約状況を確認してみたところ、自サイトアドレスの契約期間が切れていました。

ワードプレスの管理画面及びブログにアクセス出来なくなったその日が、ドメイン契約満了日。

なんというイージーミス。

 

というかレンタルサーバーと同じくドメインもクレカで自動更新にしてるはずなんですけど?

なんらかの間違いでドメインの契約が失効するなら、お名前.com側から前もってメールなりなんなりで教えてくれれば良いじゃないですか。

お名前.comからそんな重要なメールは一つも届いてないと憤っていたのですが、Gmail内を調探してみると、僕、毎回届くお名前.comからの

 

お名前)こんなドメインが今ならすっごく安く入手出来ますよ!

 

っていう営業メールの多さに嫌気がさして、Gmailでお名前.comからのメールを自動的に削除する処理に設定していました。

ゴミ箱フォルダを検索するとご親切にもお名前.comから大量に「更新しなくて本当に大丈夫なの?」と言った内容のメールが送られて来ていました。

 

更に、メールの下の方を見てもらえればわかるのですが

 

お名前)重要通知/お名前.com まもなく[onogenki.com]のネームサーバーが変更されます

 

ドメインの更新期限を過ぎるとロリポップから先ほど悪と勘違いしていた【Apache HTTP server】へ変更されますよって教えてくれてました。

要は僕がお名前.comからのメールを自動削除に設定してしまっていたのが悪いとは思いますが、重要じゃないメールの送りすぎもどうかと思ったりしません?しない?

幸いドメイン失効に気づいたのが失効日当日だったので、まだ復旧可能でした。

 

いや待てクレカは?

クレジットカード登録して自動更新契約してたじゃない?

昔のクレカ実はもう使ってなかったりしてるの要注意です

調べてみると今はもう破棄しちゃった使ってないクレカが登録されていました…

 

【このサイトにアクセスできません】

【onogenki.com で接続が拒否されました。】

 

上記のような文章とともに、ワードプレス管理画面や自サイトに突然アクセス出来なくなった時、僕の場合、最初に疑うべきだったのはクレカ使えてるかどうかでした。

その次として、メールは全てが無益ではなく、たまに重要事項も含まれていると言う事実。

そして真摯に対応してくれた回答を焦らずにしっかり理解するのが大事。

 

今回ドメイン支払い用のクレジットカードは新しいものに変更しましたが、受信メールが多くなるのは嫌なので自動削除設定は変えていません。

冒頭で

僕みたいな迂闊なブロガーにいち早く届けこの記事!

みたいなこと書きましたが、二年後も迂闊だろう自分へ向けた長めの備忘録です。

二年後の自分がこの記事に辿り着くかは不明です。

【初のインド映画】マッキーを各家で同時視聴してライングループで随時感想を言い合ったら死ぬほど笑えた

インド映画は好きですか?

 

コロナで外出自粛ムードが漂い、自宅でアマプラやネットフリックスを使って映画鑑賞している人も多いでしょう。

何を考えることもなく映画を検索していれば、有名どころの洋画やネットフリックスオリジナル映画がサジェストされます。

 

あなたまさか、機械的に抽出された作品から適当に映画を選んでいませんか?

 

そんな事だからいつまで経ってもあなたはインド映画にたどり着くことができないのです。

インド映画は親切に向こうからやってきてはくれませんよ?

自らの強い意思でインド映画を掴み取りにいかなければならないのです。

 

今記事は、インド映画に対する精神的な壁を取り除き、視野を広げるため集まった有志三人でインド映画を鑑賞した記録です。

ちなみに有志三人とも加入していたアマプラ内からインド映画を選び、各々の自宅で同時に視聴を開始し、ライングループにて映画の内容をツッコミあう流れです。

補足として、一人でインド映画に挑戦した場合、面白くなかった時の精神的ダメージがでかそうなので三人で観ることにしました。

 

ダメージ分散、リスクヘッジ超大事です。

アマゾンプライムからインド映画を選ぶ

以降はラインのやり取りも交えながら解説していきます。

色々と訳ありでグループ名は「とんこつブーメラン(仮)」に落ち着きました。

三人の中で唯一インド映画に造詣が深い「ひもき(インド映画3本経験あり)」が「LION」「マッキー」「ほっぷすてっぷじゃんぷッ!」「カンフー・ヨガ」をチョイスしてくれました。

「ほっぷすてっぷじゃんぷッ!」がちょっとエッチな雰囲気を醸し出しています。

嫁さんも一緒に鑑賞する可能性もあり、変な空気が流れたら困るので「ほっぷすてっぷじゃんぷッ!」は除外します。

ひもき:マッキーはぜったいくそ

まだ観てもいないのに偏見バリバリ。

なんやかんやで「マッキー」をチョイス。

ひもき:もうわかるぞお、クソ映画だなってわかるぞお

偏見が止まらない。

あとなぜかこれから観ようってなってるのに風呂入りだしました。

 

各自インド映画「マッキー」を視聴する準備を整える

アマゾンプライムから「マッキー」を選び、再生ボタンを押すだけの状態にしておきます。

安心してください。字幕があるので大丈夫です。

0分経過:三人同時に「マッキー」再生スタート!一人だったら5分で消すかも

タイミングを合わせて三人同時に視聴を開始します。

以降はネタバレも含むかもしれないので、初見から全力でインド映画「マッキー」を楽しみたい方はページを閉じてください。

また、インド映画に対する強い偏見(主に悪いほう)により、言葉が悪くなる場面が多々ありますので、苦手な方も去ってください。

ひもき:くそ曲流れた
森下 :音楽やばいすね笑
僕  :これ3人同時に観てないと5分で消すかも

インド映画って(まだ開始5分ですが)音楽が独特なのかもしれません。

あと、世界から見たら日本人も中国人も見分けがつかないのと同じで、インド初心者はインド人の顔が同じに見えて区別することができません。

インド初心者がインド人A、インド人Bを見分ける唯一のポイントはそいつのアゴが割れてるかそうでないかです。

 

森下 :いまんとこおもろい笑笑

「インド映画は面白くない」という先入観が森下のこの発言を引き出しました。

つまり意外とおもしろいじゃん意外とやるじゃん「インド映画&マッキー」って意味です。

30分経過:いや待てなんかインドっぽいの来てるぞ!インドのくだり長くない?

僕  :インドっぽいのきたか?
ひもき:きてるぞおwww

ここでいうインドっぽいっていうのはつまり「歌」と「踊り」、ミュージカル調に発展していく様子を「インドっぽい」と呼んでいます。

インドっぽくなればなるほど我々三人のテンションが上がる仕組みになっています。

僕  :インド風のくだりなげーw
森下 :まじでくだり長いですね笑

インド映画なんだからインド風のくだりが長くても何も悪いことはありません。

僕たちは今回わざわざインド映画を選択して視聴しているのに、インドのくだりが長いって言われても「マッキー」が困るでしょう。

60分経過:要素詰めすぎ?急にハエになる主人公と拷問を受ける社長とファインディングニモ

 

ひもき:LINEまじおもしろいw

つまりニコニコ動画の下位互換のようなことをインド映画とラインを通してやっているだけなのですが、三人でツッコミ合いながら見るのが楽しすぎてLINEに夢中になり、肝心の映画の内容がなかなか入ってきません。

僕  :こいつが社長って今ラインで知った
ひもき:いやちゃんと見てます??

主人公が死んだかと思ったらハエに変身します。

インド映画の懐の深さがすごい。

ひもき:ハエの恋なら作者やばいて
森下 :ニモのシーンに似てるな
僕  :欲しがりすぎ映画なのか

取り入れている要素が多すぎて(主観)、観ていて気が散ってきました。

森下 :日本の転生ものはこっから来てたんだな笑
ひもき:惜しい、元祖ねこっちが

転生ものの先駆けがインド映画です。

効果音が安いラジコンの音みたいなシーンがありました。

僕  :生首w
ひもき:2000度にしろ
森下 :拷問器具みたいすね笑

社長が変な箱みたいなのに閉じ込められて、ハエにとことんいじめられています。

どんな気持ちで見ていればいいのかわからなくなってきました。

社長が裸になって逃げるシーンがあるのですが、局部を見えないように撮影するとか、そんなテクニックをインド映画はあえて使いません。

 

局部がでたらモザイク処理一択です。

 

すがすがしい選択ですね。

ひもき:インド人なのにぱいぱん
森下 :そういう文化なのかなあ

90分経過:結論、インドにはエアバックも殺虫剤もハエたたきも存在する

この段階からマッキーの結末を予想しあっていきます。

ひもき:ハエから人になる説ありますね
僕  :理不尽でも人にもどるよね、いんどなら
ひもき:インドなら
森下 :偏見すごい笑

インド映画経験者のひもきでさえ予想できない展開、さすがですね。

ここまでインド映画をみてきて徐々に脳がインドに洗脳されてきます。

ひもき:乗った飛行機爆発してビンドゥと社長死んでみんなでハエになる
僕  :インドあるある
森下 :それはカオスだな笑
ひもき:インドならなんでもありだと思ってる

僕  :インドにエアバッグあるんか
ひもき:いやインドにもエアバッグつけさせてwww
ひもき:インドにも殺虫剤ってあるんだ

インドを何だと思っているのかわかりませんが、インドにはエアバッグも殺虫剤もあります。

ひもき:魔法使い登場した
森下 :いろんな要素入りすぎて、わけわからんくなる
僕  :黒魔術で人に戻るのか?!

インド映画は最後必ず踊って終わるという根拠のない自信を持ちながら鑑賞を続けます。

僕  :ハエたたきあげたい
ひもき:インドはないもんなあハエたたき

ハエに変身を遂げた主人公を執拗に殺そうとする社長ですが、インドにはハエたたきが存在しないため、なかなか殺すことができません。

森下 :ハエたたき出てきた笑

すみませんありましたハエたたきインドにも。

ここにきてようやく判明したのですが、「マッキー」ってヒンディー語でハエって意味だったようです。

字幕を見ていて判明しました。

1ミリも下調べをせず見始めた映画なので、まさかタイトルがハエって意味だったとは正直驚きです。

逆に意味を知っていたら観なかったでしょう。

インド映画は計算しつくされている。

ヒロインのビンドゥとハエが協力して社長を殺しにかかります。

いまさらですが一応説明すると、ビンドゥとハエは恋仲で、社長はビンドゥが好きです。

説明してるこっちも何言ってるかわかりません。

120分経過:

 

途中から急遽現れた黒魔術師でしたが、ちゃんと魔法を使えるらしく、燃やしたり魔法陣みたいなの出したりしてました。

この段階で主人公の姿はまだハエのままです。

我々三人が思い描くインド映画のラストは、「大人数」「ダンス」「音楽」です。

果たして最後はどうなるのか。

ひもき:インドゥ疑われちゃう
ひもき:ビンドゥなwww

インドインド言い過ぎて、ヒロインの名前がインドゥに変わってしまいそうでした。

ヒロインはインドゥではなくビンドゥです。

お間違いのないよう。

僕  :マトリックスw
ひもき:マトリックスみたいw
森下 :てんこ盛りすぎ

あれこのシーンなんかの映画に似てるな?ってすぐにわかるんですよインド映画をみていると。

完全にマトリックスだわってなって、早く言ったもん勝ちみたいな、途中から早押しクイズやってる気分になりました。

森下 :アクション系になってきた
僕  :文字打つの追いつかん、多すぎ色々
ひもき:なるほどね、もう読めちゃった

インド映画ってこれでもかってくらい要素を詰め込んできます(まだマッキーしか見たことないけど)。

しかしこんな混沌とした内容の中で、唯一のインド映画経験者「ひもき」は結末が読めたようです。さすが。

僕  :今度こそくるぞインド
森下 :インドこないですね、
ひもき:きたーーw
僕  :きたー!
森下 :まさかハエで踊るとは笑

インドが来る、来ないとはつまり、「大人数」「ダンス」「音楽」が始まるかどうかってことなのですが、インドが来たのは来ましたが、ハエのまま来ました。

我々の斜め上を常に行くインド映画恐るべし。

「マッキー」侮るなかれ。

初めてのインド映画「マッキー」みんなで見るから面白い!一人で観るのはちょいツライ!

ハエが踊ったあと急に終わりました。

僕  :続編あるよ
ひもき:期待しちゃってる?
森下 :続編みたいですねー笑

なんだかんだで今回はめちゃめちゃ笑ったっちゃ笑いました。

しかし問題も。

僕  :このトリオでしか見れない
ひもき:トリオって呼ぶな
ひもき:1人では見ないなあやっぱ
森下 :ソロはいけないですね

三人でチャットみたいなことしながら鑑賞したから楽しめただけであって、2時間もの時間一人でインド映画となるとハードルがかなり高いという印象です。

たぶん飛び越えられない。

ひもき:インド映画トリオ
ひもき:クラブ
森下 :募集かけますか

インド映画鑑賞クラブがここに爆誕しつつあります。

犠牲者を増やすでない。

ひもき:でもやっぱり、ゴミ映画だった
森下 :そうですね笑

何よりインド映画に触れてみるという当初の目的はしっかり果たすことができました。

今回「ひもき」にはインド映画鑑賞部の部長に就任していただきました。

締めの挨拶がまさかの音声ファイルで、最後に大爆笑して幕を閉じました。

 

いかがだったでしょうか。

冒頭でもお伝えしましたが、普通に暮らしていてインド映画に出会う可能性はゼロです。

自発的にインド映画に近づかないと触れられる機会は皆無。

 

この記事が少しでもインド映画鑑賞者の人数を増やすことに寄与できればと願っています(願っていない)

【コロナ】在宅時間を有効活用する為なのかタブレットアームスタンドがたくさん売れている

記事タイトルの通りなのですが、アマゾンの物販でタブレットアームスタンドが結構売れています。

2020年年始からコロナが騒がれるまで辺りの期間だと、タブレットアームスタンドの売り上げは、アマゾンアソシエイト内で13%程度を占める程度でした。

しかし、コロナが騒がれ始め、外出自粛要請や在宅勤務、テレワークをして等ニュースで流れる様になってからと言うもの、タブレットスタンドの売り上げ割合は13%から20%まで上昇。

それに伴い、タブレットスタンドの売り上げは3.5倍にも上昇しました。

言うても有名ブロガーさんには1ミリも及ばない売り上げですけどね。そんな僕のブログにも影響があったんです。

想像を超えない予想ですが、家にいる時間が増え、ipadやスマホで動画を視聴する時間が増えたのでしょう。

視聴時間が増え、どうせならラク〜に過ごしたい「ながら視聴」や「寝ながら視聴」需要が増えたのだと思います。

オンライン授業やオンライン飲み会などにも使われているかもしれません。

タブレットスタンド売り上げ上昇のその他の原因として、3月の後半に記事写真に代替テキストを挿入したり(今までしてなかった、、、)、記事のリライトや、301リダイレクトなどでブログ全体にテコ入れした影響も少なからずあるでしょう。

しかし、やはりブログ全体が伸び始めているのはコロナの影響としか思えません。

(もともとインドア派なので、家でできそうな記事が多め)

タブレットアームスタンドの売り上げとは少し話が逸れますが、物販とは別に、obs studioと呼ばれるゲーム実況配信ソフトの使い方の記事(全然雑記事)が伸びています。

在宅を強制され、やることが無くなった人が、試しにyoutubeかなんかで「ゲーム配信でもしてみようかな」と検索してくれているのかと思います。

ゲームの実況や生配信を真剣にやろうとすると色々な機材や複数台のカメラが欲しくなったりしますので、これについてもタブレットスタンドが絡んでくるのかもしれません。

アマゾンのプライムビデオの記事も伸びていますが(全然雑記事)、説明するまでもなく家にいる時間が多いからでしょう。

レンタルDVDを借りに行くにはお店に行かなくてはいけないし、だとすると、同じ考えの人で溢れかえっているかもしれないからちょっと躊躇します。

netflixやhuluの月額を考えるとプライムビデオの月額は手頃かも?という流れで読まれているのかも(netflixの売り上げやばいらしいですね)

タブレットスタンドが売れる原因かどうかはわかりませんが、伸びているのは「楽天の領収書」に関する記事です。

もともと楽天って領収書はストアまかせなので、領収書が必要な場合、各ストアのルールにのっとって領収書を発行してもらわなくてはいけません。

自分が住む町の店は営業自粛、買うものも買えないとなると、買い物はネット中心に傾いていきます。

領収書が必要な買い物を楽天でしている人や、コロナの影響で初めて楽天を使い始める人がいて、領収書の発行が煩わしいと感じた人が検索してくれているのかと。

まあなんにしても辛いですよね。

タブレットアームスタンドが売れ行き好調!だなんて言っても、筆者のお店は大打撃ですよ。

何ヶ月持つんでしょうね。

ほとんど辛い方だと思いますが、乗り切りましょう。

では。

家で卵を孵化させてヒヨコが産まれ、いつしかニワトリに成鳥する話【自動孵化器】

  • 卵を孵化させてみたい!
  • ひよこを飼って見たい!
  • 飼っているニワトリが産んだ卵を食べてみたい!
  • 子供の経験の為に!

卵を孵化させてひよこを飼い始める動機は人それぞれ!

 

いざ実践するにあたって気になることと言えば、、、

  • スーパーに売っている普通の卵でもひよこは生まれるの?どうなの?
  • 自宅でも卵は孵化させられる?
  • ひよこが生まれたあとはどうしたら良い?

 

あたりでしょうか。

僕の家で生まれたニワトリ(ピヨ子)は現時点で生後4ヶ月ちょっとです。

まだまだひよこに関しては素人ですが、実体験に基づきながら、今までの経緯を説明します。ピヨピヨ

自宅で孵化可能!しかし孵化に適した環境の整備は結構大変です

卵を孵化させようと思いついても、環境が整っていなければ卵は孵化しません。

では、どのようにして環境を整えれば良いのでしょうか。

ここでは、自宅で孵化させる前提でお話しします。

卵を孵化させる環境は自作可能な反面、温度や湿度管理、転卵の作業が伴う

孵化には以下の項目が最低限必要かと思います。

  • 発泡スチロール/ダンボール
  • ひよこ電球/サーモスタット
  • 温湿度計
  • 水入れ
  • タオル

発泡スチロール

卵を入れる為の箱ですね。

発泡スチロールやダンボールなど、保温性があるものが良いです。

ひよこ電球

温度管理が大事なので、ひよこ電球(ホームセンターとかでも購入可)やサーモスタットで箱内の温度を一定に保つ必要があります。

温湿度計

箱内の温度が一定に保たれているかを確認するのに必要。

水入れ

箱内の湿度が低くならないよう、水入れに水を入れて湿度管理をする為に必要です。

タオル

卵がコロコロと転がらないように、下に敷きます。

 

これだけ揃えて、温度管理、湿度管理を行い、数時間おきに転卵をしてあげてようやく孵化できる環境が整います。

自動孵卵器を使えば、ある程度放置気味でも孵化が可能

ちょっと大変ですよね。

温度管理、湿度管理、転卵をやれる自信がなかったので、僕は自動孵卵器を買いました。8,000円弱くらいです。

サーモスタットや電球など一式を揃えるよりは若干高くつきますが、温度湿度の管理や転卵など、ほとんど放置で大丈夫です。

湿度の低下を防ぐ為、機器内の水入れの中の水の量をたまに確認する必要がありますが、あとはやることはあまりないですね。

自動と言っても心配なのは心配なので、僕の場合はいつも作業している2階デスクの脇に孵卵器を置いていました。

スーパーで普通に売っている卵ではダメ!有精卵からひよこが生まれます

さて、卵の孵化が可能な設備が整った段階で、ようやく卵の登場です。

普通の卵じゃ無理、いくらやっても無理です。

スーパーで売られている卵は無精卵、白とか茶色とかで判断しても生まれないものからは生まれない

多くのスーパーで売られている卵は無精卵と呼ばれる卵です。

頑張って自作孵化装置を作ったり、僕のように自動孵化器を買って体制を整えたとしても、無精卵からひよこは誕生しません。

必要なのは有精卵です。

有精卵を手に入れましょう。

【住んでいる市 + 有精卵】などで検索して、有精卵を手に入れます

住んでいる場所にもよりますが、【住んでいる市(又は町) + 有精卵】などで検索すると、近郊の養鶏場や直売所が引っかかってきます。

検索結果のサイト内で、取り扱い店などを調べてみましょう。運がよければ近隣スーパーに有精卵を卸している場合があります。

僕は上記のパターンで有精卵を買えました(10個で600円くらいだった)。

また、有精卵の通販やオークションも検索するといくらでも出てきます。

絶対に孵化させたいなら、なんとしてでも有精卵を手に入れましょう。

ひよこは孵化後すぐに大きくなります!事前にケージを用意しておけば安心です

孵化環境も整い、有精卵を入手しました。

あとは自動孵化器の説明書に沿って機器の中に卵を入れるだけですね。

北海道の11月冬、自動孵化装置を使って室内にて温め始めたところ、10個中1個孵化しました。

三週間後位だったでしょうか。

「あれ、2階からピヨピヨ聞こえる、、、?」

慌てて2階に行くと可愛い、そして産まれたばかりのせいかちょっとベタベタしたひよこが誕生していました。

1ヶ月ほど経過すると足は普通に大きくなっています

可愛い可愛いと言っていられるのもつかの間です。

黄色くて、小さくて、可愛いひよこは1ヶ月するかしないかで「ちょっと大きい、ちょっと茶色い、ちょっと足が大きい、でも可愛い中ビナへと成長します。

本当にあっという間にでかくなります。

室内飼いなら犬や猫用のケージで代用可能です

大きくなってくると困るのが飼育場所です。

放し飼いにするわけにはいかないので、ケージを用意しなくてはいけません。

ホームセンターで犬とか猫用のケージを調達しました。特に問題ないです。

生後3〜4ヶ月から鳴き声に変化!ピヨピヨからコッコッコへ劇的に変化します

そうこうしながら飼育して3〜4ヶ月後あたりでしょうか。

普通にニワトリに成長しました。

ピヨピヨ、ピーピーなんて鳴いていたのがいきなりコッコッと鳴きだします。

コッコッと鳴き始める日は突然やってくるのです。

コケッコッコーへ繋がる第一歩なのかもしれません。

僕の家のピヨ子はこの段階なので、これから一体どうなってしまうのでしょうか、、、

可愛いひよこから立派なニワトリへ成長!そのあとの話

まだ卵を産んだりはしていないので、初卵が今から楽しみです。

卵かけご飯とか食べたいです。

当初は、食育の一貫として、最後はニワトリの解体を考えていました。

しかし、とてもできそうにはありません。

屠殺に関わる方は偉大だなあ。

 

ニワトリ飼育の中間報告的なお話でした。

考え方が変わったりしたら続きの報告できるかもしれません。

【Haier】ハイアール製冷凍庫(ストッカー)が壊れたかも?冷えていない時の修理方法

夏場の食材保存になくてはならない冷凍庫やストッカーですが、こういった家電製品、最も使わなくてはいけない時に故障します。

僕の場合「あれ?冷えてないかも?」程度の段階で冷凍庫が通電していないのを発見できたため、食材を無駄にすることなく対応できました。

故障かもと思って、あせって買い換える前に、時分でできる修理方法があります。

使用していた冷凍庫はハイアールの上開き式冷凍庫

使っていたストッカーは上開きタイプのもの(JF-NC319F)です。

使用年数は6年ほどでしょうか。

食材の出し入れもわりと頻繁で、故障したかもと思った日は非常に暑かったです。

コンセントを抜き差ししてみても改善されなく、ストッカーのリセットボタンのようなものを押せば解決するかもと思い探しましたが、見つかりませんでした。

2日前くらいに冷凍庫の内側の霜を取るためにスクレーパーでガシガシやったのがいけなかったのかな?

原因はわかりませんが、幸い他に業務用ストッカーがあったので、慌てて食材を避難させました。

修理方法はコンセントを抜いてからしばらく放置

買い替えを検討しましたが、一旦ネットで調べてみると「コンセントを抜いてから再度挿すまでしばらく放置」といった方法があるようで。

試しにプラグを抜いてから30分間ほど放置し、再度挿してみるもウンともスンとも言わず。

またコンセントを抜いて1時間ほど放置してから試すもやはりだめ。

その後4時間ほど時間を空けてから挿してみてもやっぱりだめ、ぜんぜん通電しません。

「明日にでも新しいストッカー買わないとだめだな」なんて言いながらその日は諦めます。

翌日の朝、ダメもとで再度プラグを挿してみて、買い物へ。

戻ってきて冷凍庫を開けてみると…

 

「ん?冷えてる?」

 

なんだかわかりませんが直りました。

今も普通に動いてますし、ちゃんと冷えています。なんなのもう。

冷凍庫が壊れたかもという時の対処法にある、「しばらく放置」の時間は30分や1時間程度ではなく、丸1日くらいは必要なようです。

冷凍庫の故障って死ぬほど焦りますよね?僕は死ぬほど焦りました。

たまたま他にストッカーがあったため、食材を避難させることができましたが、もし予備の冷凍庫がなかったら傍観するしかありません。

溶けていく食材を黙って見守るしかないという…

夏場は特に、冷凍庫への負荷がかかる時期です。

僕のように「冷凍庫壊れた!?やべー!」となった時には、コンセントを抜いて1日ほど放置し、再度電源を入れてみてください。

もしかしたら直るかも?

カウチサーフィンで旅行者をホストするには家族の同意が重要

僕は3ヶ月ほど前からカウチサーフィン(couchsurfing)というサイトに登録して、外国人旅行者を泊める活動をしているのだが、月イチペースで3回ほどホスト役をやったなかでの気づきがあったので、書く。

案外リクエストが来る

僕は北海道の東に位置する北見という街に住んでいるのだが、正直なところ北見市は観光資源が乏しい。車で1時間ほど走らせればそれなりに見て回れるような場所はあるのだが、北見市内に観光できるような場所はあまりない、と思う。

なので「泊めてほしいよ!」というリクエストはあまり来ないのかと考えていたのだが、結構リクエストが来る。夏の旅行シーズンという事もあるのかもしれないが、月2〜3回のペースで来る。

何故に北見に来るの?

という事で観光面が弱い北見なのだが、何故にわざわざ北見に来るのかを、実際家に泊まった外国人観光者に聞いてみたところ「それはあなたが泊めてくれるから」という理由だった。

北海道を旅していて、道東方面にでも行ってみるかなくらいの軽めのノリでもって適当に道東方面のホストへリクエストを送り、たまたま僕が引っ掛かったから北見に来るらしい。

Why 北見? Because of you. といった具合である。

子供は次第に慣れてくる

僕の子供は3歳と6歳で、カウチサーファーが家に到着した時は結構警戒していた。最初のカウチサーファーは翌日の朝あたりでようやく慣れて、一緒に遊んでいた。

2回目のカウチサーファーが来た時は夕食時、お酒を飲み始めたあたりから慣れ始めた。きっと手品とかを見せてくれたからだと思う。

3回目のカウチサーファーの時は、翌日の夕食あたりから慣れ始めて遊んでいた。じゃんけんしたり、そのついでにあっち向いてホイしたりして爆笑してた。

ちなみにどの回も小屋にて焼肉(バーベキュー?)をしている。北見は焼肉が有名な街、家でも積極的に焼肉をするのだ。許されるならば2日に1回はやりたいくらい僕も焼肉が好き。焼肉が好きというより木炭を前に酒を飲むのが好き。

そんな事をカウチサーフィンのプロフィールに書いていると「あなたとバーベキューするのが今から楽しみ!」みたいな感じのリクエストとかも来る。訳あって断ったけど。

朝が結構大変かもしれない

そんなこんなで、カウチサーファーが泊まりに来るたび焼肉をやっているんだけど、僕は大酒飲み、フラフラになるまで飲み、小屋から家に戻る途中で思い切り転んで手のひらが血だらけのまま寝て、朝起きて転んだ事すら忘れててなんで手から血が出てるかわからないみたいな飲み方をするので、朝が大変なのだ。

一人なら良いのだが、外国人が泊まっているのである。たいした英語力も持たない僕は、酒の残った小さな脳みそをフル稼働させて英語で対応しないといけない。というか朝っぱらから昨日会ったばかりの外国人と話す事があまりない。たぶん、昨日会ったばかりの日本人でも翌朝に話す事なぞあまりないと思うのに、外国人であればなおさら話題を見つけるのが困難だ。

英語力が身に付く

当たり前だけど英語で会話するので英会話能力は向上する。だが、10勉強したと思っていても、実際出てくる会話は勉強したものの3〜4割程度だと感じた。Could you〜?とかWould you〜?とかをスタディサプリEnglishで勉強したけど、結局使うのはcanばっか。

I can〜とCan you〜?の嵐だ。canスキルさえあれば会話は成立する。

しかし時たま勉強の成果が出て、ちょっと小難しい文章が出てくる時があって、My friend that we will meet tonight is also couch surfer.みたいに言えた時は、達成感なのか、その文章が頭に残る。言えるじゃん、俺、みたいな。

ちなみに娘たちに「アイライキュー」って言ってあげたら喜ぶよって伝えたところ、恥ずかしながらも発音していた。小さな成功体験は子供の可能性の幅を広げる。と思う。

嫁の説得と仕事の調整が大変

早い段階でリクエストを送ってくれる外国人は非常にありがたい。仕事の調整がしやすいからだ。1〜2週間後のリクエストはやっぱり受けづらい。

それでも2回目のカウチサーファーが来た時は、5日後くらいのリクエストを受ける事ができた。本当にたまたまだけど。

外国人旅行者の受け入れに対して僕はかなり積極的だ。英語力を身につけたいと考えているし、仕事にもつながれば良いと思ってるし、子供達にもそうなってもらいたい。その為には外国人と直に触れ合う機会はまたとないチャンスと考えるからだ。

なので、できればなるべく多くの外国人旅行者を受け入れたいのだが、嫁さんは僕ほど乗り気ではない。外国人だろうと日本人だろうと、家に泊まらせるのには何かしらの抵抗があるのは、確かにわからないでもない。

誰かが宿泊する事によって乱されるだろう日常生活という嫁さんの主張と、またとない英語勉強の機会を逃したくないという僕の主張。

3回目のホスト役を終えて、一番大変なのは、家族、主に嫁さんの同意を得る事だと判明した。

ホスト活動に理解を示してくれる嫁

理解というか、現在は僕の主張に折れてくれている段階だ。1回目のカウチサーファーが家に来て、2泊し、帰ったあとに「これを最後にしてね」と言われた。最初で最後のホスト役。だけどどこかで冗談言ってるんでしょ?と高を括っていた。

その後、宿泊のリクエストが来た時、僕は嫁さんになんの説明もすることなく、事を進めていた。

で、飲んでた時に「またリクエスト来てるよ」って言ったら結構怒られた、というか言い合いになった。

本当にホスト活動は最後にしてほしかったのかとその時判明して、翌日、勉強の機会を逃したくないという主張を持って話し合いをした結果、月イチなら泊めていいよという結論に着地する事ができた。

なので、嫁さんが折れてくれている段階だ、ありがたい。

本当これは重要だ。頑固な夫のゴリ押しかカウチサーフィン活動が理由で離婚なんてバカバカしいにも程がある。

もう少しカウチサーフィンが日本で浸透したら「カウチサーフィン離婚」という言葉も生まれかねない。なにはともあれありがとう嫁。

受け入れられない場合の対処を考える

しかし、それでも、できるだけ外国人旅行者を受け入れたい自分もいるわけで。

カウチサーファーが来た時は常に焼肉をやっており、その時は大抵友人を呼びドンチャン騒ぎをするのだが、友人2名は国際交流に興味があると言っている。

どちらも家庭持ちで仕事持ち、そして国際交流に興味ありで、片方は英語力あり、もう片方は英語力ゼロだ。

さすがに家族全員英語力ゼロの場合のホスト役は難しいのかもしれないが、各々が空いている時間帯を活用すれば、リクエストを断る事もなくなるのかもしれないなと話した。

ただ純粋に、わざわざ北見市に来るという外国人旅行者を一人でも多く受け入れてあげたいけど、ひと家族だけで頑張っちゃうと「カウチサーフィン離婚」も発生しかねない。

興味ある人がいるならみんなでやろうよって感じである。

CtoCサービスだし、カウチサーフィン自体も株式会社とかじゃなくNPOらしい。安全に利用できるように努めはするが、最終的には個人間でのやり取りを提供するサイトでしかない。

であれば、国際交流に興味がある有志がいるなら、旅行者も納得してくれるんであれば、僕が受け皿になって、その後はみんなでケアするという方法もあるのではと話した。

まあサイトの規約読んでないのでわかりませんけど。

何が言いたいかというと

とにかく国際交流したいけど、家族の理解を深めるは大変、着地点を模索中という話しでした。

だってわざわざ北見に来てくれてんだもーん。

身の丈をわきまえないで恥をかいた。お洒落の飛び級は危険です。

ベルトのバックルは前側でなければならない。

 

何を当たり前のことを言ってんだと言われそうだが、注意しないとベルトのバックルは背中側に行ってしまう事があるのだ。

 

どの時代を切り取ったとしても、人は大抵、イケイケで格好よくて目立つ奴(A)と、普通で普通の格好で普通の奴(B)と、臭くて服に穴が開いていて暗い奴(C)に分類されるのが世の常だ。僕の周囲でいうとその割合はA:B:C=3:4:3となる。

僕の場合はどこに属すかというと、今も昔も基本はBであり、AとBの中間にいる事もあれば、CとBの中間にいる事もある。よく言えば行動範囲が広く、悪く言えばどっちつかずな部分がある。

 

僕がまだ中学校2年生だった頃、イケイケで格好よくて目立つ奴(A)の中の一人が整髪料で髪をセットして登校してきた。しかも選んだ整髪料はジェルだ。

説明するまでもないが、製品によっては髪はガッチガチに固まり、しかも髪表面はツルッツルのテカテカになる、それがジェル。

僕は普通で普通の格好で普通(B)の中学生ながら、ジェルできめて登校してきたそいつを見て「なんてとがった奴なんだ、ジェルをつけて登校してくるなんて。僕はジェルができるだろうか、いや、できない」などと覚えたての反語表現を脳にちらつかせ、プルプル震えながらも、実際はジェルに、そしてジェルを使う勇気を持ったAグループに憧れを抱いた。

 

後日、ジェル男とは別のイケイケで格好よくて目立つ奴(A)の髪が、柴犬よりちょっと濃い色くらいまで明るくなっていた。

中学生にして急に柴犬ほどに髪の色が明るくなるのは尋常ではない、というか中学生でなくとも、人の髪というのは年とともに白くなったり、はたまた抜けていったりすることはあれど、一昼夜で柴犬色になることはまずあり得ないのだ。中学生の僕でもそれくらいは知っている。

「こいつ、染めやがった。なんてとがった奴なんだ、髪を染めて(又は色を抜いて)登校してくるなんて。親はそれを許しただろうか、いや、許してない」などと考えながら、実際は髪の色を明るくしたAに憧れを抱いた。

 

こういったイケイケグループの奴らが何かしらの方法で脚光を浴びているのに焦燥を感じた僕はBグループからの脱却、そしてイケイケAグループへの新規参入を心に誓った。

 

当時、中学校から一番遠い地区に自宅があった僕は、友人の家に寄りながら登校していた。まず、僕の家から一番近い友人、ヤエチャンの家に寄り、僕とヤエチャンで、次に近い友人の家へ、今度は3人になってまた次の友人の家へ…を繰り返し、最終的には6~7人編成で中学校へ登校するのが当時の僕らのセオリーだった。

 

ヤエチャンの家につくと、ピンポンを押した後、玄関にお邪魔して玄関に座りながらヤエチャンの登校準備が終わるのを待つ。

ヤエチャンはAグループだ。背が高く、スポーツ万能で格好良い。誰もが認めるイケイケのAグループ所属だった。

朝、僕が家に迎えに行ってもヤエチャンの出発準備が整っていることはほぼなく、僕が到着してから「ちょっと待って、これでも読んでて待っててね」と言ってトイレでうんこをしだすのがヤエチャンの日課だ。そしてヤエチャンのお母さんが「ごめんねー、ちょっと待っててねー」というのが僕の日常だ。

玄関で待つ僕にヤエチャンから暇つぶしにと差し出された本はバスケットボールの雑誌だったりした。NBAだとか、デニスロッドマンだとか、ピアスだとか、タトゥーだとかそんなのが散りばめられた、いかにもAグループが読んでそうな雑誌で、遠い世界過ぎて僕は雑誌にクラクラした。

 

ある日、僕はいつものようにヤエチャンの家に迎えに行ったらヤエチャンが僕のことを見て「あれ、元気髪明るくなった?」と言ってきた。

 

Bグループからの脱却、そしてイケイケAグループへの新規参入を心に誓ったあの日から欠かさず僕がやってきたことがある。ドライヤーで髪を乾かしまくるのだ。

 

もうなんというか、乾かすというより直接ドライヤーの送風口を髪につけて、髪を徐々に焼いていく感覚。こうすることによって黒い髪は徐々に茶色に変化していくのではという仮説のもと、僕は毎日髪を乾かした。

髪の毛をジェルでセットする事や、髪を染める行為は「やってやる」という気概がないとできないし、どうしても能動的な決断になる。「僕は今日、自分の意思でこうしました」と堂々と言える選ばれしAグループの奴だけができる行為なのだ。なので、普通で普通の格好で普通である僕にはできない。

 

しかし、日々ドライヤーで髪を焼き、徐々に明るくしていく場合はどうだろうか。

髪を乾かすという日常的な行為、その中で髪が明るくなってしまったという、自分は意図していないけど結果明るくなっちゃったという逃げ道ができる、そんな算段だ。

日常でのドライヤー行為の結果、髪が明るくなっちゃったね、だけど髪が明るくなった事によって自動的にAグループに昇格だね、そんな事を考えていた。

 

「あれ、元気髪明るくなった?」

 

僕は心の中でガッツポーズを決めた。かの有名なガッツ石松が最初にやったあのポーズだ。日々の努力が実り、ついにAグループでバスケの雑誌を読むヤエチャンの口からその言葉を引き出すことに成功した。

 

Bの学力しか併せ持たなかった僕だが、ふと、進学校に進むと心に決めた。そして両親に「塾に行かせてくれ」とお願いした。

 

地方にある塾ではなく中心街にある、他校からも学生が来るような大きめな塾だ。

学力に応じてクラスを分けられ、僕が中の上くらいのクラスになった。30名ほどの生徒がいて、同じ中学校の友人は3~4名しかいなかった。残り20数名は他校の生徒だ。

制服で来ている者もいれば私服で来ている学生もいる。僕らの中学校は田舎に分類される地域だ。2年生は全体で70名程度、3クラスほどの中学校だったが、人口密度の高い地域の中学校は7クラス前後はあっただろうか、僕らの中学校とは規模が違った。

 

規模は違えど、イケイケで格好よくて目立つ奴(A)と、普通で普通の格好で普通の奴(B)と、臭くて服に穴が開いていて暗い奴(C)の割合はそうは変わらない。

 

変わらないのだがAの分母が多くなると、Aグループの中でも飛び抜けてイケてる奴とかが出てきたりするものだ。

塾での僕のクラスには他校のAグループ、それも飛びきりイケイケで飛びきり格好よく、そしてめちゃめちゃ目立つ奴がいた。なんというか、本当におしゃれ、私服がおしゃれ、それ、どこで買ったの?と一品一品聞きたくなるくらいおしゃれなのだ。

 

僕は以前、母親と一緒に僕の服を選びに行ったとき「あんたの好きな服選んで良いよ」と言われたので、全盛期のX JAPANが着てそうなダラリと長い派手めのシャツを選んだら「そういうのはあんた似合わないからやめて」と止められたほどの実力を持つ。身の丈がわからない。

 

僕は塾の授業中や休み時間など、Aグループ中のAグループであるその男を観察した。そう、僕だってヤエチャンに「あれ、元気髪明るくなった?」と言わせたほどの男だ。今現在は田舎の中学でBグループに属してはいるが、届かない距離ではない。

 

狙ってやるよ、お前のポジションをな。

 

僕は更なる高みを目指すと心に決めた。

 

授業中に後ろから注意深く奴(A中のA)を観察しているとある事実に気づいた。奴がしているお洒落なベルトはベルトの体をなしていない程緩く、ダラリとお尻のあたりまで下がっており、更にバックルが何故か背中のほうに来ているのだ。

 

「な、なぜベルトのカチャカチャする部分が背中にあるのだ…?」

 

ベルトのバックルは前にあるはずだ。そう、へその下。そこで自分のウエストに合わせてベルトを締めるのが通説だ。後ろにあったらベルトの長さを調整しづらいではないか。

そこで僕はハッと気づいた。これがお洒落なのかと。

ベルトはベルトの体を成していなくてもいいのだ。ダラリとさせておけば良い。そして、どうせ長さなど調整する必要はないからバックルは後ろにあっても良い、この理論こそがお洒落なのだ。

 

この理論に気づいているのは奴(A中のA)と僕しかいないだろう。

Bからの脱却、そしてAへ

 

翌日、僕は制服のベルトをズボンから一旦抜き取り、バックルが丁度後ろにくるように挿し直した。ベルトを通す穴も背中の方は通していない、そうする事によってバックル自体がダラリとぶら下がるようにしたのだ。ちなみにベルトは普通の奴だ、今はそれしか持っていない。

 

満を持して登校、いつものようにヤエチャンの家に行くも、上の制服でベルトが隠れていたのでヤエチャンには気づいてもらえなかった。

学校に到着しいつもの様に授業を受けた。座っている時に後ろのバックルは見える事は塾でわかっていたので、ちょっと前のめりになってなるべくバックルに気づいてもらえるよう努めた。

 

授業を終え、休み時間に、僕の後ろに座っていた女子が「小野くん、ベルト反対になってるよ」と笑いをこらえながら言ってきた。

あれ、おかしいな~、とか言ったかもしれない。正直その時は恥ずかしくなってしまって気が動転した。

お洒落理論に基づき、奴(A中のA)の真似をしてベルトを反対に装備した結果反対だと言われたのだ。そりゃそうだ、実際反対についてるんだもの。

 

指摘した女子は間違ってはいない。間違っていたのはベルトのみにスポットを当ててBからAへ飛び級しようとした僕なのだ。

 

理由

イケイケで格好よくて目立つ奴には、そうなる為の理由がある。自分でこうするんだと思える決断力があり、つまり、外見だけでなく内面もイケているのだ。自分の意思があるからジェルで整髪できるし、自分の意思があるから黒かった髪を次の日から明るくできる。

帽子も、シャツも、ズボンも、カバンもお洒落だからベルトが反対だってお洒落に見えるのだ。

ドライヤーで地道に髪を弱らせてるような奴がベルトを反対にしてはいけない。

飛び級したい気持ちもわかるが、物事には順序がある。

Bグループの皆様、どうかベルトのバックルをいきなり後ろに回さないようご注意ください。

予見の能力の違いを見せつけられた瞬間。才能の花は小学生で開花していた。

先を読める奴は頭がいい。

一歩でも二歩でも、次がどうなるのかを予見する能力は訓練することである程度鍛えられはするが、持って生まれた才能がベースにあるのかないのかは大きい。

物事を上手く進めたり、お金を儲けたり、人を笑わせたりと、予見できればなんでもできる。

 

自信を打ち砕かれたそろばん教室の暗算

まだ背中にランドセルを背負っていた頃、僕はそろばん教室に通っていた。

僕の家の近くには石材屋があった。石材屋の隣には町民が申請すれば自由に使える会館と呼ばれる平屋建ての建物があり、そろばん教室は夏休み中、その会館で週数回のペースで開催されていた。

20名ほどの小学生が会館に集まり、そろばんの先生の指導のもと各級ごとにそろばんの使い方を習う。

当時の僕の夏休みの過ごし方といえば、朝は会館前の広場で行われるラジオ体操に参加してシールをもらい、昼はひとつ年下でいとこのナオトや、同級生の友人とプールに行ったりファミコンをやったり、午後は週に数回ベースでそろばん教室へ行き、夜はテレビでアニメを見るの繰り返しだった。

そろばん教室で、僕は小学生なりに順調にスキルアップを重ねていった。だが、暗算が出始めた頃に状況は一変した。たしか7級とか6級とかの低レベルの段階だったと思う。

 

暗算がわからない。さっぱり計算できない。

 

暗算が出てくるまでの僕は順風満帆だった。自慢じゃないが、僕は小学校のテストだってほぼ満点だったし、漢字だって誰よりも先に覚えて書くことができた。図工の時間も上手に作品を作り上げ、水彩画だって上手な方だ。

小学校の先生が「むじんとう、と漢字で書ける人は前へ出てきて黒板に書いてください」という無理難題にさえ僕は勇敢に手を挙げた。

要は「む」が難しいのだ、縦に線を何本引くんだっけと、当時の同級生が悩むのを横目に、「む」のたて線は4本である事実を知っていた僕は颯爽と教壇にあがり白いチョークを握りしめた。

カッカッカッカッと教室内に鳴り響くチョーク音。

小野くん本当に「むじんとう」を漢字で書けるの?というクラスメートの期待の眼差しが背中に刺さるのを感じた。

 

僕が漢字で書いた「むじんとう」に先生が一言

 

「小野くん惜しかったねー」

 

な、なに?惜しかっただと?「む」のたて線は4本なはずだ、そして僕はちゃんと4本書いてあるじゃないか、この完璧な「むじんとう」を前に何の文句があるのですか先生。

「『とう』の部分の『しま』の漢字が『とり』になっちゃったねー」

 

無人鳥

 

黒板に残された確固たる証拠。

 

正解は無人島だ。「無」の下の点4つに引っ張られてしまったのだ。なんたる油断。そして教室中に広まる「むじんとりだってギャハハハー」の声の輪。それほどの男がそろばん教室の暗算で挫折を味わった。

 

できないと面白くなくなるものだ、暗算の挫折が僕のそろばん意欲を一瞬でそぎ落とした。

それからというもの、二階で遊んでいる僕に母がかける「そろばん教室の時間だから行きなさいよー」の言葉が怖くなった。

 

時間つぶしに訪れた仮設トイレ

その日はいとこのナオトが家に遊びに来ていた。二階にはミニ四駆のコースなどが敷設されており、僕らのメインスペースはもっぱら二階だ。

新しいギヤは新品のままだと噛み合わせが悪く、走りに支障が出る可能性があるから、ギヤ間にグリスをたっぷりと塗り、ミニ四駆を台の上に乗せてタイヤを空転させましょう。

タイヤと地面が接地しないよう工夫しながら空運転させることでギヤをほどよく磨耗させて安定させるのだ。

スイッチを入れたのちミニ四駆本体を台の上にのせ、振動で落ちないようにテープで固定させ空運転させることで新品だったギヤの滑りがよくなり、グリスもギヤ全体に行き渡る、これでようやく走りの下地の完成なのだ。これがミニ四駆の基本なのだ。

というような嘘か真かわからないような事を、下4桁が3249(みによんく)で終わる有料のミニ四駆ダイヤルにて前ちゃんが言っていたので、それをナオトと二人で実践している最中だった。

母からのそろばん辞令。

「そろばん教室の時間だから行きなさいよー」

今日もこの時間がやってきた。

 

正直言ってそろばん教室に行きたくない。僕に暗算は難し過ぎる。いっそ無人鳥になってここではない何処かへ飛んでいきたい。それほどそろばん教室に行きたくない。

だが、行きたくない!とぶちまけられるほど肝も据わっていないのだ。母の「そろばん教室の時間だから行きなさいよー」は提案ではなく命令でありmust、必ず実行しなければならない。

そんな僕を心配してくれたのか「一緒に行くよ」とナオトが言ってくれた。

 

お、おまえ…そろばん教室に通ってないじゃないか…

 

などとは考えなかった。会館までは徒歩3分、家を出ればすぐに到着してしまう距離だ。しかもナオトはそろばん教室には通ってないので、会館の入り口で別れることになるのは明白だ。きっとそのあと、二階のミニ四駆のスイッチが入りっぱな事も忘れて家に帰ってファミコンでもするのだろう。

でもそれでも心強かった。僕は鉛筆やらテキストやらそろばんが入ったかばんをひょいと肩にかけナオトと一緒に家を出た。

 

会館に続く一本道、両脇はどちらも田んぼで緑色の絨毯が一面に広がっている。太陽は出ているが風はあまり吹いていない昼下がりの田舎道をナオトと二人で歩いた。

 

十字路の角にある石材屋を過ぎたらもう会館は目の前だ、でもどうしてもそろばん教室に行きたくない、そんな表情を僕はしていたのであろう。ナオトがふと石材屋の敷地内に設置されている簡易トイレを指差した。お祭り会場などでよく見かける電話ボックス型のトイレだ。

 

「あそこで時間をつぶそう」

 

ナオトはそう提案してきた。

つまり作戦はこうだ。そろばん教室に行ったと思わせておいて、実はトイレで時間をつぶし、教室が終わるだろう時間めがけて家に帰れれば、そろばん教室に行かなくても良いのではないか、と。

説明するまでもない作戦だが、ナオトはキラキラした目でその作戦の実行を訴えた。確かに秘密基地や廃屋に潜入するような緊張感はある、なんにせよそろばん教室から逃げられる。トイレという場所にいささかながら抵抗はあったが、僕らは意を決して仮設トイレに侵入した。

 

予見の能力差が顕著に現れトイレでゲロになる僕

 

「せまいね」

 

当たり前だ。簡易トイレな上に二人で入っているのだ。しかも外よりちょっと暑い。こんな環境で果たして約一時間を乗り切ることができるだろうか。

 

「ゲンリン、なんかゲームしようよ」

 

僕はゲンリンと呼ばれ、ナオトはナンリンと呼ばれている。いつしかそう呼ぶようになっていたし、リンは知らないうちに名前の下についているものなのだ。

二人でじゃんけんをしたり、派生してあっちむいてホイをした。ゲームなんてないしおもちゃも持ってきていないから体ひとつで遊ぶしかない、もちろんトイレで。

しかし10分もすれば飽きてくる。

 

「トーナメント表を作ろう」

 

これは僕が言ったのかナンリンが言ったのかは覚えていないが、どちらかがトーナメント表の作成を考えついた。

トーナメント表の下段にゲンリンとナンリンの名前を書き込み、あっちむいてホイで戦わせて優勝を目指すのが目的のゲームだ、限られた資源と場所で考えうる最大限の遊びだろう。

僕はそろばんのテキストと鉛筆を取り出し、テキストの裏の白い部分にトーナメント表を書いた。

左から順にゲンリン、ナンリン、ゲンリン、ナンリン…と記入していき、いざ勝負。

予選の一段目、一回戦ではゲンリンが勝ち、二回戦ではナンリンが勝った。三回戦はナンリンが勝ち、四回戦もナンリンが勝った。準々決勝となり一回戦はゲンリンが勝ったが二回戦で事件が起こった。

 

準々決勝二回戦

ナンリンvsナンリン

 

こうなる事に我々は気づいていなかった。まさか同キャラ対戦になるなんて。さすがに一人二役であっちむいてホイはできないので、2P側のナンリン部分は僕が代打をつとめた。

準々決勝、準決勝、決勝と代打祭りで優勝を掴み取ったのはナンリンだった。

どんな些細でくだらないゲームでも勝てばうれしいもの、ナンリンはちょっと気をよくして「もう1回やろう」と言った。どうせ時間つぶしだし、トイレの中だし、暑いし薄暗いし、他にやることはないので僕も賛成した。

 

「同じ名前ばっかじゃつまらないから名前を変えよう」

 

そうナンリンが提案してきた。なんてアグレッシブな奴なんだ、小学生ながら提案の鬼である。そんな男がいとこで僕も誇らしい。

予選一回戦、つまり左側からまずは先ほどと同じようにゲンリン、ナンリンと書き込む。二回戦はどうしよう、ゲンとナンにしようなどといった具合に「ゲ」と「ナ」をベースに名前を考えていった。

 

「じゃあ俺ゲソね、したらナソか」

「次はゲーにしようかな、したらナンリンはナーだな」

「俺ナムにするね、したらゲムか、ゲームみたいだな」

順調に名前を決めていき、六回戦あたりの名前決めの時にナンリンが言った。

 

「ここはナボにしようかな」

ナンリンはちょっとニヤついていた。

なぜニヤついたのか一瞬わからなかったが、数秒後に気づいてしまった。ナンリンの奴、俺を嵌めようとしてやがる!

六回戦のナンリンの名前がナボになるという事は、今までの命名のやりかたからすると僕の名前はゲボになるではないか!

なんと屈辱的なことか。たかだか仮設トイレで行われている時間つぶしのあっちむいてホイのトーナメントではあるが、まさか自分の分身がゲボになろうとは。

ナンリンは続けた。

「次の名前はナリにしよーっと」

「最後のところはナロにするわー」クスクス

こうして六回戦はナボvsゲボ、七回戦はナリvs下痢、そして八回戦はナロvsゲロという見所満載のトーナメントが完成したのだった。

 

ナンリンはこうなる事を予見していた。なんて頭のいい奴だ。ひとつ年下ではあるが今回は完全に参ったし、自分の名前をちょっとだけ恨んだ。

 

なんだかんだで簡易トイレの中で散々笑って遊びつくしたら、結構な時間が経っていた。

 

「そろそろ帰ってもいい頃かもね」

 

僕らは恐る恐るトイレから出て、両脇の田んぼに目をやりながら、何か凄い冒険を成し遂げたような錯覚に陥りながら帰宅した。

そういえばミニ四駆のスイッチ入れっぱなしだったから確認しに行こう、ちょっと早くなってるかもしれないね!

15年振りに英語の勉強を再開してから半年後に外国人旅行者が自宅に泊まりにきた

15年振りに英語の勉強を再開し、勉強再開後約6ヶ月で外国人旅行者のホスト役を努めるに至ったので、その経緯を報告します。

高校生の英語レベルのまま

進学校だったので英語の授業はありましたが、話す事はできませんでした。

語学留学の為、18歳で1年ほどカナダに行く事になりましたが、カナダの空港に到着直後、僕のスーツケースが届いておらず、空港職員に「僕はかばんを失くした」とすら英語で言えないレベルでした。

語学学校でも聞けない話せないなので授業についていけず、日本人とばかりいるという…

 

カナダにいながらも約半年は日本人と共にいたため、何も習得せずに帰国したのです。

そして15年の歳月が流れました。

英語勉強の再開の理由は家族にすごいと思われたいから

なぜまた英語を勉強しようと思ったかというと、単純にかっこいいからです。

嫁さんと子供がいるので、英会話できる凄いパパのポジションを取りに行きたいと。

あと、友人が海外で働いているので、一緒に何か仕事する時に役にたつかもなんて考えたりもしました。

また、頭悪くても9ヶ月で英語ペラペラになったとかTOEICがクソみたいな点数の僕がたった数ヶ月で900点?になったみたいな記事に触発されたり等々です。

 

英語をペラペラと話せるかっこいい自分に、今からでもなれるのではと考えました。

英語習得に子供を巻き込みたい

子供と一緒に勉強できたらいいなと思ったので、子供向け英語学習アプリをインストールしたりしてみました。

結果、僕も子供も長続きしませんでした。

発音博士というアプリです。

子供も楽しんでいた時期もありましたが、2週間もしたらやりたいと言わなくなったので、子供を巻き込むことはいったん諦めて(諦め早い…)一人で英語勉強する事に。

 

ここからが英語勉強約7ヶ月の実質のスタートラインです。

 

【追記】子供は発音博士やらなくなったと言いましたが、ある方法を使うと進んでやるようになりました。

子供のYoutube・ゲームのやりすぎと勉強嫌いを一気に解決するコインルール

瞬間英作文が良いと耳にしたので試す

リーディングやライティングは時間をかければできますが、スピーキングは日本人が苦手とする部分ですよね。

実際僕もそうなので、思った事をすぐ英語で話せる練習が必要と考えました。

 

簡単な目標として、英会話内容のレベルは小学校1年生とか2年生、低学年ほどの子供が話す会話程度でいいので、少ない語彙や表現であってもスムーズに英語がでてくればよい。

 

ネットで適当に調べてたら瞬間英作文なるものがあったので、これをまずやりました。

 

中学1年生で習う英語レベル~中学3年生で習う英語、あとエクストラパートなる仮定法過去や仮定法過去完了などで構成されたアプリ。

 

英語例文→日本語

日本語例文→英語

 

これらを3秒とか5秒とか10秒など決められた時間内に瞬間的に訳していきます。

 

たとえば、仮定法過去完了にある例文の

地図を持って来ていたら、僕たちは、道に迷わなかっただろうに。

なんて含みを持った難しいことは今の目標ではありあせん。

中学1年レベルの例文の

彼らはどこにいますか?

パーティーはいつ?-来週の日曜だよ。

くらいの簡単なフレーズがすぐに英語となって口から発せられれば英会話は成立するはずなので、まずこのレベルを目指します。

 

このアプリはレベルに合わせて英語の文法と発話瞬発力を強化できます。

ブロークンイングリッシュを正すという意味でも良い教材でした。僕は未だに全部できてはいませんが。

 

アプリの効率的な使い方はネットで色々書いてあると思うので、興味がある人は調べてみてください。

瞬間英作文の学習時間

  • 1月:16時間20分
  • 2月:15時間47分
  • 3月:17時間16分
  • 4月:1時間15分
  • 計50時間38分。

5月以降は他のアプリに移行したのでやっていません。

会話形式のアプリで学習する

オンライン英会話など、ネイティブと話すのは、例えモニター越しでもハードルが高すぎるので、相手がネイティブではない形式を取らないといけません。

なにせこちらはシャイですから。

 

そこで見つけたのが、ドラマ形式で対話の練習ができるスタディサプリenglishというアプリ。

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH

ドラマ仕立ての英語のショートストーリーでリスニング、出てきた単語の理解度とかディクテーションなど色々な角度から英語を学習できるアプリです。

最初に簡単が英語レベルチェックテストがあり、1~7段階で僕は下から3番目だったのでレベル3からスタート。最初エマ(登場人物)が

Riku, how is the hamburger?

とか言ってて、こんなの楽勝だわとか思ってたのですが、急にリク(主人公)が

Does the size of me have anything to do with the size of my dream?

なんて言い出し始めて、ああこれは僕のレベルでは全然無理なやつだって思いました。

急に難しいこと言わないでほしいですね。

 

ですが、なんだかんだでストーリーが面白めで、リクが思春期すぎるのとハビエル(登場人物)が女好き過ぎるのと、クロエ(登場人物)がどもり過ぎなのもあって楽しく勉強を進められます。

ちなみに月額。

スタディサプリENGLISHの学習時間

  • 3月:4時間39分
  • 4月:17時間27分
  • 5月:22時間34分
  • 6月:3時間8分
  • 計47時間48分。

その他細かな学習時間

主に上記二つですが、その他の細かなもの(doulingoとか)をもろもろ合わせるとプラス33時間ほど学習しました。

全部合わせて130時間ほどしかやれてなかった…少ない、すごく。

 

細かな学習記録はネットのお勧め通りスタディプラスを使いました。

各学習アプリを登録することで、どれだけやったかを可視化できるアプリです。

自分の学習記録に対して全く知らない人から稀にいいねされたりします。応援はされないよりされたほうが良いですよね。

知人がよく外国人を連れて居酒屋に来る

僕は居酒屋に勤めているのですが、知人がよく外国人を連れてくるのを目撃しました。

知人はバリバリに英語を話せるので、二人とも居酒屋でわりと大きめの声で英語でコミュニケーションをとっているのです。

 

なぜそんなにも外国人の友達多いの?と疑問に思いました。なんせここは道東の田舎町北見市、外国人とのエンカウント率は極めて低いはずです。

 

知人に尋ねてみると、外国人旅行者を無料で自宅に泊めてあげる(ホストする)サイトに登録しているとのこと。カウチサーフィンってやつ

 

自分が海外に行った際、旅行先でこのサイトに登録している現地人がいれば、交渉次第で泊まることができます。

逆に、海外からの旅行者を地元、自宅に泊めてあげることもできるサイト。

 

すごく面白そうだったので早速登録することにしました。

国際交流関係に興味のない嫁に相談すると断られそうなので、黙って登録しました。事後報告万歳。

カウチサーフィン登録から5日目に依頼がくる

さて、カウチサーフィンのサイト内で、自分のプロフィールを6割ほど埋めて、登録した旨の事後報告を嫁にしてから5日が経過しました。

 

ポルトガル人夫妻から泊めてほしいとのメールが来ました。

 

想像以上に展開が早いです。送られてきたメールはもちろん全部英語です。

 

家に、外国人が、初見の外国人が、泊まりに…2日間、来る…の?

 

こんな体験したことありません。海外でホームステイをしていた事はありますが、まさか自分が受け入れる側になる事になるなんて。

 

武者震いを抑えつつリビングでテレビを見ている嫁に「ポルトガル人夫妻が家に泊まりにくることになった」と告げました。

 

これはずっと前から決まっていた事であり、不可抗力だと含みを持たせながら伝えないといけません。

「ポルトガル人が泊まりに来たいって言っているけど、どう?」などと選択肢を与えてしまったら即拒否されるに決まってる。

こんな未知の体験が出来るチャンスをみすみす棒に振ってはいけない。

 

ポルトガル人が2週間後うちに来る

 

これが真実。

手付かずの部屋をあわてて掃除

なぜポルトガル人は旅行先に北見市を含めたのか…

謎は深まるばかりですが、考えていても仕方ない、やることが山積です。

 

宿泊が決まったので、ポルトガル人夫妻の寝る場所を作らないといけません。

まさか同じベッドで寝るわけにもいかない事くらいは理解しているので、幸い空いていた一つの部屋を片付けることにしました。

空いている部屋って物置になりがちですが、その空き部屋は物置そのものでした。

要るもの要らないものを分別し、要らないものは直接ごみ処理場で処分、要るものは整理整頓し、大幅にスペースを確保。

その後掃除機をかけたり拭き掃除をしたりして、物置部屋は見事ゲストを迎え入れられる立派な部屋に変身しました。

 

誰かが突然来るといった不測の事態でも起こらない限り、物置部屋は物置部屋のままだったはずなのです。

掃除して、正常な部屋として機能するに至ったのもゲストが来るという予定のおかげ。

自宅がごみ屋敷な人ほど外国人ゲストを受け入れてみてはどうでしょうか。

 

この調子で洗面台や風呂場など水周りも念入りに掃除して、迎え入れ体勢は整いました。

外BBQの為の小屋掃除

ポルトガル人を迎えるにあたって、何かしたいと考えた僕。

わざわざ北見に来るので、当日は外でBBQをしようと提案したところBBQ sounds great!とのありがたいお言葉を頂きました。開催当日の最高気温を調べると8℃でした。

 

とてもじゃないが外でのん気に焼肉を楽しめる気温ではありません。

無理やりBBQを開催して風邪でも引かせたら国際問題に発展し、闇の機関によって僕はどこかに永久追放されるかもしれません。

 

かといってBBQ sounds great!と言わせたのちに予定変更なんてできるわけがありません。

彼らはすでに北見でのBBQを非常に楽しみにしていらっしゃる。

その気持ちを踏みにじってしまっては国際問題に発展し、闇の機関によって僕はどこかに永久追放されるかもしれません。

 

なので、打開策として隣接される小屋の中でBBQを開催することにしました。ちなみに小屋もまた物置状態、モノでごった返している。

 

部屋を掃除した要領で小屋も掃除しました。

中には、漬けたまま放置され、蓋を開けると500匹ほどの小さな虫が沸いている恐ろしい漬物樽なんかもあり、小屋掃除は熾烈を極めました。

 

結果、10名ほどが座れるスペースを確保、寒さ対策としてポータブルストーブも3台設置しBBQの準備も整いました。

掃除前の写真を撮り忘れたのが悔やますが、これでももの凄く整頓されたのです。

今回ゲストを迎え入れるにあたって2つのスペースにてこ入れした…掃除大変。

到着、そして次の目的地に行くまで

滞在期間中のことをざっくり書きます。

 

出来る準備はすべてしました。あとは待つのみ。

当日は夕方に北見駅に到着するらしいので家族で駅まで迎えに行きました。もちろん会話は全部英語です。

彼らはポルトガル語と英語が堪能で、フランス語とイタリア語を勉強中ということで、日本語は一ミリもかすっていません。

130時間ほどの復習で得た英語でなんとか対応。やっといて良かった~

 

さっそく自宅まで行き、in this weather?と、焼肉開催に疑問を呈されながらも、なかば強引に小屋でBBQ開始しました。

友人知人の入れ替わり立ち代りで15名ほどがBBQを楽しんだ。

二日目は昼に寿司を食べ、北見神社に行ったり、なぜか植物園を2件はしごしたりしました。

夕食は夫妻がポルトガル料理を振舞ってくれるらしく、スーパーで買い物をしたあと自宅へ。

この人数では絶対に食べきれないだろう大皿料理を食べながら、談笑しました。

もちろん全部英語です。まじで130時間の英語学習が僕を助けてくれました。

最終日は昼にそばを食べて次の目的地へ旅立ってしまいました。

非常に良い経験になりました。

外国人旅行者から見る北見市とは

北見の周辺には観光地がたくさんありますが、北見市自体にはたいした観光スポットはないと言われており、僕もそう思います。

しかし道東、オホーツク観光を楽しんだのちに戻ってくる拠点として、重要な役割を持っているんだなーと思いました。

拠点の一端を担えて光栄光栄。

今回のポルトガル人夫妻は、観光して、カウチサーフィンで宿泊先を探して、次の目的地へ行くという、ざっくりした計画での旅行とのことです。

 

娘たちが小学校と保育園に行っている時間に出発していったので、上の娘を迎えに行ったのち夫妻の姿がないと感じた長女が「パウロ君とゲイルちゃんは?」と気にかけていたのが印象的でした。

もうちょっと遊びたかったようです。娘も良い経験になったのではないでしょうか。

テレビ近いから離れて!親子の不毛なやりとりを消し去る小さなテレビという提案

テレビ近い! もっとはなれて観て!

 

テレビを見ている時もゲームをしている時もうちでは大抵飛び交う言葉だ。

うちでは3歳と6歳の子供がいるが、気づけば近い距離でテレビを眺めることが多い為、親から離れなさいという指示が飛ぶ。

指示を受け、離れて座っていたとしても、水を持ってくるとか、トイレに行ってくるなどしてリビングに戻ってきた際は、本人も知らぬ間にテレビに近い場所に陣取っている。

 

そして繰り出す必殺技、離れて観なさい!

 

いい加減、この親子間の不毛なやり取りをなくしたいと思っている。

やらなくていいやり取りをなくしたいだけだ。

指示というか注意になるのだが、注意する人(嫁)も、注意される人(子)も、そのやり取りを周囲で聞く人(僕)もいい気持ちではないはずだ。

嫁が子供の視力低下を望んでいないから子供に注意することには感謝しています。

 

テレビが大きいのがステータス問題

解決する順番は関係ない、僕が思い出した順だ。

テレビがでかいというのは社会的ステータスの一種みたいな風潮がある。テレビのインチ数が大きければ大きいほど、その地位は比例して上昇するといった考えだ。

友人が自宅に訪問してくることもあるだろう。友人は僕の家のテレビが友人宅のそれと比べてたいそう小さいなと感想を抱いたとしても、よっぽど仲が良いのではない限り、冗談交じりでツッコめる関係ではない限り、僕の家のテレビの小ささを指摘しないだろう。

 

逆に僕が友人宅を訪問したとする。

するとどうだろう、僕の家のと比べて9倍ほどの大きさのテレビがあるではないか。高さは3倍くらいあるな、しかもなんか大きいくせに平べったいという。

ツッコみ合えるほどの仲に達していない僕は、テレビの大きさが自分の家と比べ物にならないことには一切触れずにその日を終えるのだ。

 

そして欲しがる。大きなテレビを。

自宅のテレビが友人の家のテレビより小さいと判明したときに生まれる惨めな感情。まずは友人宅のテレビの大きさを超えなくてはならない。

それまで友人宅に訪問するのは控えようと決心する。しかし時たま自分を鼓舞するためにお邪魔したりする矛盾も少なからず発生する、大人とはそういうものだ。

また、友人に訪問されるのも極力控えなくてはならない。

なぜなら、友人は内心、僕の家のテレビは小さいと知っていながら遊びに来ている可能性を捨てきれないからだ。

僕らは隣の芝生が青く見えるけど、その友人は自分の芝生がより青く見えるように、あえて、わざわざ、僕の家のちっさなテレビを見に来ているのかも知れない。

僕と相対的に比較しながら、自分は優位に立っていると確認するために遊びに来ている、そう考えるべきだ。3人以上の女子の集まりで起こりそうな現象だと感じる。

だから僕は友人を自宅に入れない、テレビの大きさでマウンティングされてなるものか。

 

が、いきなり9倍の大きさのテレビを買うとなると資金的に辛いものがある。

大人は出費が多いのだ。抱えるものが多ければ多いほど出る、カネって出ていく。

 

なので、ギリギリのラインの42インチのテレビを購入することになる。

 

つまり、僕は、友人との相対的な戦いに一線を引くことなく、戦うことを選んだのだ。

しかし、僕が購入できたのは42インチのテレビである。9倍の大きさを誇るテレビを持つ友人にはとても太刀打ちできない。僕は当面のラスボスをその友人に定め、42インチ以下のテレビを持つ他の友人を求めて旅に出ることにした。

僕が9倍テレビで受けた惨めな気持ちを、42インチテレビという武器を携えて、今度はより小さいテレビを持つ友人に、優位な立場から慰めの言葉を掛けてあげようという目的の旅に出るのだ。

 

こうして惨めな感情は、テレビが大きい人から小さい人へ流れていく。

 

部屋にアンバランスな過剰な大きさのテレビ

さてどうだろう、このまま進めばテレビだけが異様に大きい、アンバランスなリビングになるだろう。

もちろん、先ほども説明したが、テレビの大きさのみが社会の地位と比例するとした場合のみだ(説明はしてない)

テレビの大小戦争に一線を引ける強い気持ちの人が割合的に多くなければ、このスパイラルからは脱せられないだろう。

リビング、ひいては家の大きさに対してアンバランスなテレビ。

もしかしたら、「うちは西側の壁一面がテレビだよ」とか「いやうちは東側の壁一面がテレビだよ、もう何インチかわかんないね」のような東西戦争が起きるかもしれないし、それはもうプロジェクターでどうにかしたらいいと思う。

部屋に対してのテレビの大きさのバランスが崩壊した時代だ。

 

テレビだけが大きくなっても部屋は急に大きくならない

僕の家の茶の間は正方形だ。

そして食卓兼ローテーブルはほぼ部屋の真ん中に配置されている。

そして武器である42インチのテレビは壁際に配置されている。それが、テレビにとって、そしてテーブルにとって収まりの良い配置だ。

テレビと逆サイドにはソファがある。サイドチェンジの際にコッチからアッチへロングボールを蹴ったりする時に逆サイドとかいう場合がある。

なのでおのずと子供はテーブル付近にジュースなどを置きながらテレビを観賞することになるが、それが、離れて観なさい!の最大の原因なのだ。

ソファは決して居心地の悪いものではない。が、それ以前にテーブルが真ん中にあるし、なら、テーブルのとこ座って観ーよおっと、となるのはなんら不思議ではない。ごく普通のことだと感じる。

しかし、子供にとってのごく当たり前が親にとっての格好の注意ポイントになっては不毛なやりとりは永久に消えない。

かといって、家はそう簡単に大きくはならない。アメリカより日本のほうが面積が小さいと聞いたことがある。

 

 

テレビとの適正距離の迷信に惑わされながら

テレビ鑑賞の適正距離について1ミリだけ調べたが、昔に言われていた(僕は知らないが)テレビから3メートル離れて観なさいという教えは、テレビから出るヤベーのとか、低解像度が原因だとかって書いてあった。

どんなヤベーのがテレビから出ているのかは、専門家ではない僕が調べたところで全く無意味ので調べない。

解像度が低いから離れてみたら丁度よいというのは理にかなっているけど、その当時、親が子供に「目が悪くなるよ!」と注意する箇所からは外れている。

解像度の関係でテレビと子供との距離を取りつつ、テレビから出てるヤベーのから子供を守る。二つの利害が一致したからこそ「3メートル」の距離が迷信めいたものとして受け継がれてきたのか。

しかし、更に調べをもう1ミリ進めてみたところ、現在は「テレビの高さ×3」が適正距離だと書いてある。信頼のおけるネットに。

僕の武器は42インチテレビだ。

42インチの幅は93cm、高さは52.3cmと、信頼できるネットに書いてある。

「テレビの高さ×3」が適正だとインターネットが言うのであれば、僕の家のテレビからの適正な距離は役1.6mだ、これはリビング内におけるテレビとテーブルの距離とピッタリなのではないか。

言及すれば、テレビの手前、奥、横など、座る場所によっても距離は変わるが、テレビに一番近い箇所に座っても条件は満たせそうだ。

僕らは、やって良い事悪い事の、間違った判断材料しか持っていないのだろうか。

 

適正距離をもってiphoneや映画館に置き換える

例えばiphoneやスマホで僕らいい歳(36)こいた大人が動画を見るときの距離はどうだろうか。

動画を、目いっぱい楽しむ為には携帯を横にして画面を回転させる必要がある。僕の携帯を横にした場合の縦サイズは6cmだ。今測った。

で、どの位の距離で見るのかなと、普段見ている距離ほどにiphoneを持っていって測ってみたらiphoneと目の距離はおおよそ30cm。

映画館ではどうだろう。

つい最近イオンシネマに入った時のスクリーンの高さは目測4mちょいだったかもしれない。その時はスクリーンから10数m離れていたと思う。

テレビの適正距離でいうと「高さ×3」だから、iphoneで動画を見るなら画面から18cmの距離で見る事になり、僕からしたら近すぎる。

映画館でいうと、すべて目測だけど、スクリーンの高さが4mだとしたら、12m離れて見ると適正な距離になるわけで、あれ、それって僕ら家族がついこのあいだ映画館でドラえもん見たときとほとんど変わらなくね?って今思った。

大人だって映画館に行ったらドキドキする。それは大画面で、迫力のある音響、高めの価格の物販やドリンクなど、とにかく色んな意味でドキドキする。

だけど、画面と距離感の観点から切り取ると、自宅のテレビを適切な距離で見ればいいだけじゃないとの結論に達するが、今回はその話ではない。離れて観なさい!子供の話!

映画館の興奮とテレビとの距離は同じ

離れなさい!テレビから、は・な・れ・て!

この「は・な・れ・て!」の部分、嫁はマグマのように非常に熱く注意する事もあれば、絶対零度の場合もある。子供の視力を心配しているからだ。

僕の武器である42インチのテレビの高さは52.3cm。約1.6mが適正だとネットは言っている。

そして、映画館のあの臨場感、大人が興奮するんだから、子供なんてたぶん目からヤベーの出てると思うが、映画館のスクリーンの高さが4mだとして適正距離は12m。

 

ここで親からの必殺「テレビ近いよ!テレビから離れなさい!ソファで見て!」が繰り出された場合、子供は適正距離から倍ほど離れたソファに移動する羽目になる。

自宅でのテレビとの1.6mと、映画館でのスクリーンとの12mは鑑賞の適切な距離としては同じ。自宅で適正距離から倍の距離である3m先のソファに移動する事はすなわち、映画館でいう後部最上席24m以上、場合によっては館外に飛び出してしまう可能性すらある。

子供は常に何かを体験、習得したりするのに頭と体をフルに使っている。映画館の映画は面白くて視覚、感情、揺さぶられるけど、ドキドキしている時に「もう12m下がって鑑賞しなさい」と館内アナウンスで注意されたら、僕が子供なら足を結構ジタバタして、ジタバタした足が前の座席に当たると思う。

ネットで調べた適正な距離が真実かどうかは知らない。でも、そのようなモヤモヤ、自宅で頻繁に起こる不毛なやり取りを解決する方法がある。

 

人の家、関係ない、テレビを小さくしろ

子供がテレビを見たいのは当たり前だ。youtubeもそうだけど、目から来る刺激、色、画面の中の人がどう動いているかを真似する体育のきっかけにもなるし、画面の中の人が何を話しているかを真似する国語の勉強にもなる。

どこでどう何を区切るかといった教育論なんて知らない。僕は別に否定的ではないだけ。

ただ、子供がテレビを見たり、ゲームをする時に、闇雲に「離れなさい、近いよ!」と、注意する前に、適切に距離を取れる場所を作ってあげるべきだ。

部屋が狭くて距離作るとかムリー、と、できない理由はあるかもしれないが、ではいっその事テレビを小さいものにしませんか?

僕は信頼のおけるネットで調べたモノが合っているとも間違っているとも知りませんが、例えばテレビを小さくしてもなお「テレビから近いよ!離れなさい!」となれば、これは嫁がマジで画面からヤベー物質が出ていると確信を得ているんだと思う。

ヤベー物質に画面の大きさは関係ない。

しかし、iphoneと映画館の原理同様、画面が小さくなれば近く、大きくなれば遠くを採用できれば、子供がテーブルでテレビを見ている状態が「近かったけど」となり、相対的にテレビから離れている感じになるのでは。

 

そこで再浮上するのが他人との相対関係なのだが、ダラダラと書いてきた中で一番重きはどこかを考えて欲しい。

テレビを小さくする。簡単ではないか。

子供の視力低下を抑える。理解していれば大丈夫だよ。

友人との優劣。自分は自分。

あんたがもっと稼ぎなよ。ごもっとも。