Merossアプリの設定と使い方。スマートプラグをアレクサで使い始める為の準備

スマートプラグを使用するためには、Merossという専用アプリを使う必要があります。

ちなみにスマートプラグとは家電とコンセントの間にかませて遠隔操作したりするもの。

Merossアプリの設定方法

まずはAppstoreでMerossをインストールします。

登録をタップしましょう。

 

メールアドレスとパスワードを入力して登録をタップします。

スマートプラグはまだ何も登録されていません。右上の+をタップ。

 

Smart Plug Miniをタップします。

実際に壁のコンセントにスマートプラグを挿しましょう。

Smart Plug Miniをソケットに差し込んで電源ボタンを押してください。もしLEDが点灯していないなら。と、ものすごい勢いの倒置法の説明を受けますw

ちなみにこんな感じで緑とオレンジに点滅します。

 

緑とオレンジ色の点滅を確認したら次へをタップします。

接続設定画面になるので、Wi-Fi設定に移動をタップします。

Wi-Fiをタップします。今は家のWi-Fiにつながっている状態です。

それをMerossのWi-Fiに切り替えましょう。

Meross_SW_xxxxみたいなWi-Fiがあるので、それを選択します。

接続後はデバイスの名前を入力します。

デフォルトではリビングルームのランプとなっています。

好きな名前をつけて次へをタップ。

アイコンを選択する画面になるので、お好きなアイコンを選択しましょう。次へをタップ。

その後、MerossのWi-Fiに変更していたものを、再度自宅のWi-Fiに接続しなおします。

自宅のWi-Fiを選択し、パスワードを入力したら次へをタップしましょう。

ほぼ完了と言われます。あと少し!

だけどなぜかインターネット接続なしと表示されてしまいました、、、

なので、セットをタップしてとどめを刺しにいきましょう。

さっきもやったと思ったけど、、、

再度、自宅のWi-Fiを選択します。

その後Merossのアプリに戻ると、おめでとう!と表示されました。

ようやく接続が完了です。完了をタップしましょう。

先ほど登録したリビングルームのランプという名前のスイッチが登録されました。

これをタップすることで、スマートプラグを経由して家電のスイッチのオンオフが可能となります。

一度設定してしまえばどこにでも使える

Merossアプリで一度スマートプラグを認識させれば、あとはどこにでも使えます。

別にリビングルームのランプじゃなくても、扇風機だって、コタツだって、テレビだって何にでも使えます。

我が家の場合、というか僕の場合、寝る時に枕元の電気を消すために手を伸ばすのが面倒なので、スマートプラグをかませてスマホで消すようにしています。

あの、眠たい時にちょっと手を伸ばすのって、面倒じゃありません?

 

自宅をスマート化していくのが結構好きなので前回は壁のスイッチをWi-Fi化したりもしました。

スマートプラグはアレクサの音声操作にも対応

アレクサによる音声操作にも対応しています。

せっかくなので設定していきたいと思います。

アレクサアプリでデバイスタブを開き、右上の+マークをタップします。

その後、デバイスを追加をタップしましょう。

すべてのデバイスの中からプラグを選択します。

そして、Merossをタップしましょう。

MerossプラグをEchoに接続してくださいと言われます。

今回はすでにMerossアプリに登録済みですので、アプリのダウンロードなどは省略できますね。

下にある続行ををタップ。

スキルストアで、Merossアプリを有効にするをタップしましょう。

先ほど、スマートプラグにリビングルームのランプという名前をつけましたが、音声操作するのにリビングルームのランプだと、いちいち名前が長いですね。

呼びづらいので、短い名前に変更しておきます。

 

Merossアプリを開いてスイッチ右上の設定ボタンをタップします。

デバイス名はリビングルームのランプ、これを変更してあげましょう。

スマートプラグなので、プラグと変更。保存をクリックします。

アレクサアプリでも短い名前が推奨されています。

アレクサアプリに戻り、Merossとリンクさせます。

メールアドレスとパスワードを入力してAuthorizeをタップします。

これでアレクサとメロスが正常にリンクされました。

ウィンドウと閉じて、再度デバイスを探しにいきます。

アレクサアプリのデバイスタブから、右上の+マークを再度タップ。

プラグ → Meross の順にタップ。

すると先ほどは続行だった部分がデバイスを検出となっているはずです。

デバイスを検出をタップします。

検出されるのを待ちましょう。

先ほど「プラグ」に名前を変更しましたが、きちんと検出できました。

「プラグ」というデバイスを検出しましたと出れば成功です。完了をタップしましょう。

デバイス欄には新たにプラグが表示されています。

プラグをタップしてみます。

オフになっているので、丸部分をタップしてみると、プラグがオンになります。

これで、アレクサアプリでもプラグのオンオフが可能になりました。

もちろん、アレクサに直接、音声で命令することで、プラグのオンオフは可能です。

「アレクサ、プラグをつけて」

「アレクサ、プラグを消して」

どうですか?つきましたか?

今回はスマートプラグを使いましたが、こういう商品を使わなくても、強引に家電を音声操作できたりします。

以上、スマートプラグとMerossアプリの設定、アレクサとの連携のお話でした!

Google XML Sitemapsのバージョン確認とダウングレードする方法

新規サイトを立ち上げた際に必ずと言って良いほどやっておかなくてはいけないのが、グーグルサーチコンソールとアナリティクスへの登録です。

そして、ワードプレスにXML sitemapsをインストールしてサイトマップを送信するのですが、なぜかインデックス数が増えない…

そもそもサイトマップを送信したのに、サーチコンソール内のすべてのコンテンツの種類の中の送信の件数が変わっていない。

いくらサイトマップを送信しても、送信数が増えない場合はgoogle XML sitemapsのバージョンに原因があるかもしれません。

実際サイトマップのバージョンを下げる事で送信数が増えた記事です。

まず確認してみましょう。

google XML sitemapsのバージョン確認

ワードプレスのダッシュボードから設定→XML Sitemapの順に進みます。

すると中段くらいにXML Sitemap Generator for WordPress ~.~.~と、バージョンが出てきます。

バージョンはインストール済プラグインからも確認できます。

僕の場合は4.0.9を3.4.1にダウングレードしたらインデックス送信数が増えました。

google XML sitemapsをダウングレードする方法

現在のGoogle XML Sitemapsを削除し、新たにダウングレード版をインストールする必要があります。

今のGoogle XML Sitemapsの削除方法

まずはバージョン4.0.9を削除します。プラグイン→インストール済みプラグインの順に進みます。

停止をクリックして停止させます。停止してからでないと削除できません。

停止させると、有効化削除の項目が出てくるので削除をクリックします。

ダウングレード版Google XML Sitemapsのインストール方法

3.4.1バージョンgoogle xml sitemap入手先へ行きます(Wordpress.orgのプラグインのページ)

ページ中段、右あたりにあるAdvanced Viewをクリックします。

ページ最下部まで行くとDevelopment Versionと書かれた部分があるので、ここでダウンロードしたいバージョンを選びます。

今回は3.4.1をダウンロードしますので、メニューから3.4.1を選択後、左のDownloadボタンをクリックします。

あとは、ダッシュボードへ戻り、プラグイン→新規追加→プラグインのアップロード→ファイルの選択の順に進んでいき、先ほどダウンロードしたファイルを選択します。

今すぐインストールと表示されますので、クリックし、プラグインを有効化しましょう。

その後、設定→XML Sitemapと進み、自サイト用に設定したらサイトマップを再構築するをクリックします。

サイトマップの再送信

これでXML sitemapのダウングレードは完了です。

バージョンを確認し、4.0.~とかだった場合は停止して削除。

その後ダウングレード版をダウンロードして、インストールしました。

これでサイトマップを再度送信してみてください。

インデックス数が増えない、インデックスの送信数自体が増えないといった場合は、この方法により解決するかもしれません。

【LINE】自分しかいない一人グループの作成方法。メモやiphone&PC間の写真の移動に使います。

一人グループができた

出先で思いついた事があればメモしますよね。

手元に紙と鉛筆がなかった場合でもスマホくらいは持っているのではないかと思います。

スマホやiphoneのメモ機能とかメールなど、まあメモくらいならどんなアプリ使っても良いのですが、普段LINE結構使ったりするのでLINEをメモ代わりにすれば便利かなと。

色々な選択肢の中の一つとして。

LINEで自分だけのグループを作る

作り方は簡単です。右上の+マークをタップ → グループ作成

一人グループ作成

通常ならメンバーの追加をするところですが、誰一人招待することなく保存をタップ

ここでは「僕しかいない…」というグループ名にしました。寂しい

一人なのでグループもクソもないですが、これで晴れて孤独な一人グループの完成です。

一人グループができた

もちろん発言しても、一人なので誰にも届きません。完全に無です。寂しさがこみ上げる。

自分以外誰もいないグループ

自分専用LINEグループでメモと写真の共有

僕はPCでもLINEを開けるようにしています。

出先で何かを思いついた時は、スマホで自分専用のLINEグループにメモしておきます。帰宅後はスマホを使って見るか、またはPCで開いて確認したりします。

また、撮影した写真などもLINEに添付して、PC側でアップロードしたりもできます。

写真の枚数が多い場合はLINEのアルバム機能を使って、一つにまとめて添付しておけば、PC側でダウンロードする際の手間も軽減されます。

 

要はPCとiphone間でのデータのやりとりに使っているだけですね。

もちろんグーグルフォト等を使えば同じ事はできます、一人LINEグループはただの手段の一つです。

LINEの読み上げ機能でスマートスピーカーを起動

なんの事かというと、スマートスピーカー(アマゾンエコーとかグーグルホームなど)を起動させるには「アレクサ!」など、声に出して呼び出さなくてはいけません。

ですが、僕を含めた恥ずかしがり屋さんな人たちは、人前で「アレクサ!」なんて言えないんですね。

例え同席しているのが家族だとしても恥ずかしさは変わらない。

 

関連記事:アレクサって呼ぶの恥ずかしいからLINEの読み上げ機能を使おうかな

関連記事:【LINE】新しい友だち欄の黄色表示されてる人を友だち欄に移動してスッキリする方法

 

なので、LINEに読み上げてもらってアレクサを起動するのです。

 

自分専用グループのトーク画面を開いて

「アレクサ。テレビの音量を5さげて」などと入力します。そしてLINEに読み上げてもらうのです。とても回りくどい手法ですね。

「アレクサ」と「テレビ」の間には必ず「、」か「。」をつけましょう。良い感じに間ができて、自然な読み上げになります。

 

このようにスマスピに呼びかける為に作っている文章を、一人グループ以外のトーク画面で作ってしまうと、間違って誤送信してしまった場合、相手は「は?」となってしまいます。

 

いきなり友人から「アレクサ。テレビの音量を5さげて」とLINEが来たらびっくりしますよね?人格を疑われかねないので、送信してしまっても良いように、自分専用のグループのトーク画面でスマートスピーカー用の文章を作って遊びましょう。

 

以上、一人グループの作り方と活用方法でした。