【簡単】PHPの更新が必要、サポート終了の5.6から7.3へバージョンアップする方法

PHPの更新が必要です。

サイトが安全ではないバージョンの PHP を実行していることを検出しました。

WordPressで前々から警告はされていたのですが、そろそろ対応したほうがいいのかな?と思ったのでPHPを更新してみます。

現在のPHPのバージョンを確認してみる

まずは現在のPHPのバージョンを調べてみます。

「ツール」→「サイトヘルス」と進みましょう。

PHPのバージョンは(5.6.21)らしく、改善が必要な様子。

致命的な問題って言われているww

 

ちなみにPHP5.6のサポートは2018/12/31で終了していました。

現在2020年11月…どんだけ放置してるのさ。

PHPのバージョンをあげて問題ないか確認する

バージョン5.6から一気に最新バージョンへ更新してしまうと、最新バージョンに対応していないテーマやプラグインがあったりしてサイトに不具合が生じてしまう可能性があります。

そこでまず「PHP Compatibility Checker」というプラグインを使って、PHP更新後はどうなるかを確認してみます。

使用中のWordPresssバージョンで未検証

WordPress自体の更新もしていないため、至る所に不安要素が散りばめられていますね…

それでも「今すぐインストール」してから「有効化」しました。

「ツール」→「PHP Compatibility」と進みます。

PHPのバージョン選択で7.3が一番上だったので、7.3にチェックを入れて「サイトをスキャン」します。

はい、警告やらエラーやら色々でています。

しかしまあエラーは「AmazonJS(そんなの使ってたかな)」だけで、あとは互換性ありと書いてあるので、警告は一旦なかったことにして、PHPを5.6.21から7.3にバージョンアップしていきます。

バージョンアップ前には必ずバックアップを取っておいてほうがいい!と至る所で耳にしますが、全くもって同感です。

以前、僕みたいな素人が本来いじっちゃいけない箇所に変更をかけたところ、ログインできなくなってしまい、大変な恐怖を覚えました。

ロリポップのユーザー専用ページで変更をかける

僕はロリポップを使っているので、ユーザー専用ページから「サーバーの管理・設定」→「PHP設定」へと進みます。

5.6だったのを「7.3(CGI版)」に変えて「変更」をクリック。

5~10で反映されるとのことなので待ってたら、6分で反映され、警告も無事消えました。

めでたしめでたし。