Windowsの変換と無変換をMacのかなと英数みたく使えるようキーを割り当てる方法

macのキーボードに慣れている人がwindowsを使う時に不便と感じる事の第一位は「かな」と「英数」の切り替えです。

macの場合、「スペース」キーの左右に「かな」と「英数」の切り替えキーが配置されていますが、windowsの場合は左上の「半角/全角」キーで切り替えますよね。

macのキー操作に慣れたままwindowsを使用すると、しょっちゅう「変換」や「無変換」を押してしまい、変なタイミングで文字が半角カナになったりしてイライラします。

なので、macと同じくキー操作できるようにwindowsの「変換」「無変換」を「かな」「英数」に割り当ててあげましょう。

 

まずは画面右下にあるIMEを右クリックします。

開いたメニューの中に「設定」があるのでクリック。

続いて「キーとタッチのカスタマイズ」を選択します。

キーテンプレートを「Microsoft IME」

各キーに好みの機能を割り当てるを「オン」

無変換キーを「IME-オフ」

変換キーを「IME-オン」にします。

設定を保存するとかは特にないので、そのまま設定ページを閉じてしまって大丈夫です。

文字入力してみてください、できました?

右親指で「変換」を押すと「かな」入力に、左親指で「無変換」を押すと「英数」になりました。

ああやりやすい。

以上です、お疲れさまでした。

フォローする