【OBS Studio】ゲームの音がパソコンやイヤホンから出ない時の方法【windows7】

OBS初期設定カメラを使った映像を映し出したら、次は音です。

OBSメインウィンドウのミキサーの中にあるマイクの音量レベルは動いているのに、パソコンから全然音が聞こえない。

ゲームの音をパソコンから聴きたい時の設定方法です。

ゲーム機とキャプチャーボードのつなぎ方は以下から。

スポンサーリンク




ゲーム機からの音源をパソコンで聴く方法

マイクのレベルが動いているのは、既定のマイクデバイスが音を拾っているからですね。

OBS Studioメイン画面ですが、上の様にミキサー内にあるマイクレベルのメーターは動いています。

感覚的にはメーターが動いているので、パソコンから音が出てきても良いような気もしますが、設定を変更しないと聞こえません。

マイクの右下にある歯車アイコンをクリックしてプロパティを開いてみます。

マイクプロパティのデバイスは既定に設定されていました。既定のマイクデバイス?

パソコンの既定のマイクデバイスは現在何なのか調べる方法

スタート  コントロールパネル ⇒ サウンド ⇒ 録音タブの順に進んでいくと僕の場合、数種類のマイクデバイスがありました。

上から2番目のHigh Definition Audio デバイスが既定のマイクデバイスとなっているようです。

パソコンに最初から内蔵されているような(?)マイクが設定されているようで、その内蔵マイクが周囲の音を拾っていた為、マイクのレベルが振れていたようです。

この段階だと、既定マイクデバイスで周囲の音を拾っているだけ。音の出力設定をして、パソコンから音が出る状態にしてみます。

デバイスプロパティの音声出力モードをWaveOutに変更してパソコンから音を出す

では実際に操作していきます。

ゲームデバイスを選んだ状態で、歯車アイコンをクリックしてプロパティを選択。

ここではスイッチという名前が付けられていますが、もともとはニンテンドースイッチの画面を映した映像キャプチャデバイスで、名前をスイッチに変えました。

下にスクロールしていくと 音声出力モード欄があります。音声のみをキャプチャが選択されているので、デスクトップ音声出力(WaveOut)に変更します。

これでパソコンから音を出す準備が整ったので、次にどこから来た音をパソコンから出すかを選択します。

音声デバイスをゲーム機が接続されているキャプチャーボードに変更する

ゲームの音をパソコンから出すには、カスタム音声デバイスを使用するにチェックを入れます。

音声デバイスという項目が現れますので、ゲーム機に繋がっているキャプチャーボード(この場合デジタルオーディオインターフェイス[MiraBox Video Capture])を選択。

どうです、ゲームの音、パソコンから出ました?

パソコン本体のスピーカーから音が出ているのであれば、イヤホンを挿せば当然イヤホンでもゲーム音を聞くことができます。

OBSのメインウィンドウのミキサーを見てみると、先ほどはマイクレベルのみ動いていたのが、デスクトップ音声のレベルも動くようになったかと思います。

注意点としては、カスタム音声デバイスを使用するにチェックを入れ、音声デバイスを選択してから、音声出力モードを変更したほうが良いです。

音声出力モードデスクトップ音声出力(Waveout)に変更してから、音声デバイスを変える際、既定の内蔵マイクデバイスを選択してしまうとハウリングを起こしてしまい、結構うるさいです。

先に言えよという感じですね。

現在2つの音量レベルが動いているのですが、音量を調整しようと思ってデスクトップ音声の音量スライダーを動かしても、調節はできません。

パソコンで音量調節するのではなく、OBSの音量スライダーで今聞こえている音量を調節する事もできます。

また、実際に録音をしてみた時、なんだか雑音(「サーッ」というような環境音、生活音)が混じっていると感じる場合があります。

雑音に関しては、高価な外付けマイクや機材を買わなくても、OBSで最初から使える音声フィルタ機能でなんとかなる場合もあるので、ぜひ試してみてください。

 

フォローする

スポンサーリンク