超簡単!【OBS Studio】ダウンロードとインストール、起動、初期設定まで

ライブ配信に使うOBS Studioという無料で使える配信ソフトのダウンロード、インストール、起動までのステップを紹介します。

 

え〜?おムズカシイんでしょ〜?私できな〜い!!

安心してください、導入はいたって簡単です。

スポンサーリンク




OBS Studioのダウンロード

まずは下記のOBS Studio公式サイトよりOBSのインストーラーをダウンロードします。

https://obsproject.com/download

上記画像ではDownload Installer(32-bit)を選択していますが、それは僕のパソコンが32bitだからです。

64bitの場合は32-bitの上にある青い四角で囲まれたDownload Installerを選択します。

自分のパソコンが32bitか64bitかを確認する方法

【スタート】→【コンピュータ】の上で右クリック プロパティ】の順に進みます。

32bitか64bitかを見るため【システム】項目にある【システムの種類】で確認します。

32ビットオペレーティングシステムと表記されていました。

OBS Studioのインストール

それではソフトをインストールしていきます。

先ほど公式サイトからダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストーラを開きます。

セットアップを開始します。【NEXT】をクリック。

【I Agree(同意します)】をクリック。

インストール先を選択して【NEXT】をクリック。

特に何もいじらなくて大丈夫です。サクサク進みましょう。

【Install】をクリック。インストールが始まります。

数分経つとインストールが終わります。【Finish】をクリックしてインストール完了。

Launch OBS Studio 23.1にチェックが入っていれば、インストーラのウィンドウを閉じると同時にOBS Studioが起動します。

上がOBSを起動したばかりのメインウィンドウとなります。

OBS Studioの初期設定

OBSが起動されると、初回のみ自動構成ウィザードが開きます。

上記のようなポップアップがでてきます。色々設定してくれそうという期待を込めてはいを選択。

配信を最適化するのか、録画を最適化するかは使用目的によって違ってくるので、どちらが良いかはその人次第です。

僕は今回録画のために最適化し、配信はしないを選択しました。

ここらへんの設定も後から変更可能なので気にせず進みます。次へをクリック。

キャンバス解像度やFPS(Frame per Second)を設定できます。これらも後から変更可能なので次へ

自分の環境に最適な設定を考えてくれている最中。

推定設定が出たので【設定を適用】をクリック。

これでOBS Studioのダウンロード、インストール、初期設定までが完了しました。

デスクトップ上には高級外車のシンボルみたいなショートカットがあると思うので、以降はショートカットから起動できます。

配信や録画へ向けての各種設定方法

インストールと初期設定は完了しましたが、このままでは配信はまだできません。

 

まずは下記あたりから解決していき、基本の配信環境を整えていきましょう。

メインウィンドウの明るさ(テーマ変更)や言語設定をして、自分に合った配信環境を設定しましょう。

暗い画面が好きなのか、明るい画面が好みなのかって感じです。

OBSメインウィンドウに自分自身を映し出してみます。

超初歩ですね。自分を画面に映しながらゲーム配信できます。

パソコンから音が出てこない?

パソコンから音を出す為の設定が必要です。ちょっといじる必要があります。

 

各種項目をマスターしつつ、楽しくゲーム配信していきましょう!

フォローする

スポンサーリンク