【Basicolor321】ゲーム配信に必要だって騒ぐからキャプチャーボード接続したらうまくいった

ニンテンドースイッチを使ってゲーム配信をやりたかったので調べた結果、キャプチャーボードなる機械がないと何も始まらないぞ!とネットからお叱りを受けたので買いました。

アマゾンで一番安そうで、なおかつ使えそうなものを選びました。いうても1万円くらいしますが。

スポンサーリンク




キャプチャーボード(Basicolor 321)を繋ぐ

ちなみに商品名はBasicolor 321というものです。No Latencyとは遅延がありませんよ!って事ですたぶん。

左サイドにUSB3.0とHDMIのIN。

右サイドにHDMIのOUTがあります。

USB3.0をPCに、HDMIのIN側とニンテンドースイッチのドックを接続し、OUT側とモニターを繋ぐだけ。

USB3.0ポートとPCを接続することでキャプチャーボードに電源供給されるので、余計な電源のコードはありません。準備はたったこれだけ。

USB2.0と接続しても映像は映らない

ちなみに僕は最初よくあるUSBポートを増やすやつにBasicolor 321を繋ぎましたが、映りませんでした。こんなヤツ。

確かによく見てみるとUSB2.0と記載されている。これじゃ駄目みたいでした。

USB3.0かどうかを調べる簡単な方法は上記写真の接続部分が白色か青色かどうかです。白ならUSB2.0、青ならUSB3.0。

あー駄目かー、無駄な買い物したかーと思いましたが、PC本体背面のUSBポートに接続したら映りました。

なんでしょうか、まあそんな事もあるようです。

USB2.0だ!映らない!と思った時は試しにPCに直挿ししてみましょう、案外いけるかもしれません。

キャプチャーボードを使って実際にPCに映像を映し出す

接続は簡単ですぐに完了したので、実際どのようにパソコン上に映し出されるのかを見ます。

おお、映し出されている、なんかかっこいい。有名配信者になった気分です。配信したことないけど。

ちなみにOBS Studioというライブ配信用のソフトを使っています。

こっちはHDMIのOUTからモニターに繋げてます。モニターにもPC上と同じ画面が映し出されています。

PCでゲーム画面見れるならモニターに接続する必要なくない?

と思う方もいるかもしれませんが

スイッチ →(HDMI)→ キャプチャーボード →(USB)→ PC

HDMI接続の部分では遅延はほぼ無いのですが、赤色のUSB接続の部分で多少の遅延が発生するそうです。僕は気にならなかったけど。

一瞬の判断が死を招くようなゲーム(どんなだよ)であれば、この少しの遅延が命取りになるのかもしれません。

しかしこのBasicolor 321キャプチャーボードにはパススルー機能と呼ばれるなんとも素晴らしい機能がついているようで。

スイッチ →(HDMI)→ キャプチャーボード →(USB)→ PC

→(HDMI)→ 別モニター

キャプチャーボードからUSB3.0とは別にHDMI出力で別モニターに繋げれば、別モニターからは遅延ほぼゼロのプレイ画面が映し出されるという機能。

一瞬の判断が死を招くようなゲーム(どんなだよ)であっても、パススルー機能を持つキャプチャーボードを使えば、遅延のない別モニターを見ながらプレイできますね。

いやーすごい、言うても僕はあまり気にならなかったので別モニターを用意する必要はありませんでしたが。

環境を整える作業が楽しいのです、つまりはそういう事。

キャプチャーボードで映し出してゲームした結果

なんというか楽しいです。

僕は、PCモニターと別モニターに同じゲーム画面が映し出されているだけで近未来感を感じてしまうような人間なので。

スプラトゥーンとか娘とやったりしますが「今、誰か見てるの?」などと聞いてきます。

もう既にモニターの向こう側を意識しているとは、大物になりそうな気がします。

てなわけで、キャプチャーボードBasicolor 321をPCとモニターに接続したら案外うまくいった話でした。

フォローする

スポンサーリンク