スマホをカーナビに接続して車で動画を観る方法。amazonプライムビデオなら子供も満足!

車内で動画を見たいと考えている人が結構いますよね。

我が家の場合、小さな子供が動画を見たがります。

レンタルDVDやテレビを見せたり、親のスマホでyoutubeなどという代替案もありますが、総合的に考えると、amazonプライムビデオ一択です。

理由も交えながら、車のカーナビにamazonプライムビデオを映し出して観る方法を紹介します。

スポンサーリンク




カーナビ画面にダウンロードしたamazonプライムビデオを映す方法

結論から言うと、使っていないスマホにamazonプライムビデオをインストールし、アニメや動画をダウンロード、スマホをカーナビに接続して視聴します。

この方法で使える動画配信サービスはamazonプライムビデオのみです。

netflix(ネットフリックス)huluを上記の方法で視聴しようとしてもできません。理由は後述。

 

総合的に考えると、amazonプライムビデオ一択と断言しましたが、我が家は以下のような環境下で生きています。

  • 子供が車で暇さえあれば動画を観たがる
  • 車内用のDVDのレンタル料金が毎月3,000円位かかる
  • youtube視聴の為に自分のスマホを子供に貸すのは不安
  • カーナビはあるけどhdmi外部入力端子はついていない様な、中途半端なスペックの車しかない
  • 機種変更により型落ちした使っていないスマホを持っている
  • なによりお金をかけたくない

上記に該当する方は、総合的に考えると、amazonプライムビデオ一択で間違いないかと。

スマホにamazonプライムビデオをインストールする

まずはスマホやiphoneにamazonプライムビデオをインストールします。

冒頭、使っていないスマホと書きましたが、別に今使っているスマホでも問題なし。

使ってないスマホがあった方がいちいちケーブル類の抜き差ししなくて楽なだけなので。

30日間の無料体験期間もあります。もう一度言いますがネットフリックスやhuluは、この方法では視聴できません。

スマホとカーナビをケーブル類で接続する

次にスマホとカーナビを接続するのですが、必要なものがあります。

まずはこれ。2,000円くらい。

スマホから出力されるHDMI信号をアナログ信号に変換してくれる専用アダプタ。

スペックが低い我が家の車のカーナビにはHDMI入力端子がないので、こういった機器で信号を変換してあげる必要があります。

運よくHDMI端子がついていれば必要ありません。

類似商品は色々ありますが、我が家の場合はこれでうまくいっています。

そしてこれ。

スマホと変換アダプタを接続するアダプタです。アダプタばっかりかよと思われますが、低スペック車であれば仕方のない初期投資なのです。

このように、スマホ→白アダプタ→黒アダプタ→カーナビの順で接続すれば準備完了となります。

ちゃんと接続されていればスマホの画面がカーナビ画面に映し出されていることかと思います。

スマホに動画をダウンロードする

プライムビデオをインストールしたら、好きなアニメや動画をダウンロードしましょう。

ダウンロードしておけばデータ通信量を気にせず見れるので、通信制限の心配もありませんね。

使っていないスマホを使う場合、SIMカードが入っていないと思いますが、家庭用のwi-fiが飛んでいるかと思いますので、wi-fiがある環境下で、動画をダウンロードしてあげましょう。

カーナビでNetflix(ネットフリックス)やhuluが上記方法で視聴できない理由はHDCPのせい。

動画やアニメなどのコンテンツの不正コピーを防止するシステムがHDCP(High-bandwidth Digital Content Protection)なんですが、上記のようなややアナログな方法を取ると、このシステムのおかげ(せい)でネットフリックスやhuluははじかれてしまいます。

しかしamazonプライムビデオは大丈夫!

なのでamazonプライムビデオ一択なんです。

有料のamazonプライム会員になる必要があるが…

ちなみにamazonプライムビデオを視聴するには有料のプライム会員になる必要があります。

月額で400円、年会プランだと3,900円(ひと月換算325円)です。

4月の値上げで価格が変更されました。月額500円、年会プラン4,900円(ひと月換算408円)です。

 

プライムビデオ導入前はレンタルDVDを毎週借りていました。

週一で10枚ほどレンタルしておりDVD10枚×100円(旧作)×4週で…月約4,000円。

しかも旧作に紛れて新作を間違って借りてきちゃう事もあると、返却日にバラつきが生じ、結果延滞してしまいます。

で、延滞料金が高い。

我が家は何度もこの延滞料金にやられた…延滞貧乏です。

車内用DVDレンタルは便利なのですが、1回1回の小さな課金が結果として大きな支払い(大げさ)になる事に気づきづらい。

ケチくせー話ですが、延滞料金含め毎月4,000円としても

レンタルDVD:毎月4,000円、年間48,000円

プライムビデオ:毎月325円408円、年間3,900円4,800円

圧倒的にプライムビデオの方が安いですよね。

ポケットwifiがあるなら選択肢は大幅に広がるが…

レンタルDVDが結局莫大な支払い(大げさ)になるならamazonプライムを選択するのが賢い方法です。

しかし、そもそもwifiがある環境であればなんでもOKですよね。

もう少し金額出してでも選択肢を広げたいのであれば、車用にポケットwi-fiを用意してみるのもいいかもしれません。僕はやってないけど。

【20GBで月2,760円】プランで選べる車載wi-fi NEXT mobile

例えばyoutube視聴の場合、高画質視聴の設定で1GBでだいたい1時間30分観ることができます。

上記の20GB最安値プランであれば約30時間視聴できる計算になるので、車に乗っている頻度と時間にもよりますが、1日1時間視聴できると考えれば充分な気がします。

wi-fiあればnetflixもhuluもyoutubeもなんでもいけちゃう代わりに月額2,760円+動画配信サービスの月額料が発生する。

大体4,000円弱といったところでしょうか。

それだと結局DVD借りてる時と変わらないので、僕は導入してません。

正直なところamazonプライムビデオで選べるアニメや動画は、ネットフリックスやhuluなど他の動画配信サービスよりは少ないです。

しかし、かれこれ1年ほどamazonプライムビデオでダウンロードしたアニメを車内用として視聴していますが、特に不満はありません。

まだ観ていないアニメもたくさんあります。

amazonプライム会員になって得られるメリット

動画やアニメをカーナビで、破格の月々325円408円で楽しめます。

もちろん配送料無料やお急ぎ便無料などその他の特典もたくさんあるので、会員になって損はないですよね。

動画関連で言うと…

車内でテレビ番組表に囚われることがない。

DVDの返却を忘れることがない。

通信制限を恐れることがない。とか

車内での子供の何か観たい!といった願望をバランスよく叶えることができる方法として、アマゾンプライムビデオは割りとおすすめです。

無料体験期間も30日間あるので、観たい動画がなければやめれば良いだけです。

DVDもなく、プライムビデオも導入してないテレビのみの時代の日曜日、我が家の子供たちは、テレビで観たい番組やってなくて、死んだ顔して競馬観てました

ちょうど良い落としどころの方法の核がアマゾンプライム

何度も言いますが、高スペックであれば、こんなまどろっこしい事はしなくて良いです。

しかし、事情によっては子供の車内での過ごし方にそんなにお金かけてられないよ!という家庭もあるかと思います。我が家がそうですんで。

僕も週に1回の小さな出費だと思って、DVDのレンタル10枚1,000円なんて特に気にしていませんでした。

今回改めて数字として書いてみると、それが積み重なって月4,000円(場合によっては新作や延滞料金で更に高額に)だと気づきました。

それが1年だと48,000円…

 

中途半端なスペックの車しかない我が家のお金は限られているので、車内の動画視聴の工夫で節約できたお金を、子供の新たな経験に還元してやればいいんです。

子供の車内での欲求をある程度満たしながら、そして節約も兼ねることができる、バランスの良い落としどころとして、amazonプライムビデオはちょうど良い金額かと思います。

同じような境遇におられる方は、ぜひこれらの方法を検討してみてください。

フォローする

スポンサーリンク