とうまフィールドアスレチック全30コース徹底攻略【とうまスポーツランド内】

面白かったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

お金はないけど時間はあるので、当麻町にあるとうまスポーツランドキャンプ場内にある当麻フィールドアスレチックに遊びに行きました。北見から片道2時間以上かかりました。

アスレチックフィールド内の全てのコースの写真が掲載されているので写真率が非常に高めとなっております。では、いざ

 

スポンサーリンク




とうまスポーツランド内と無料遊具

到着しました。元気よくポーズを決めましょう。まずはセンターハウスで受付します。幼児用の施設のみであれば無料で利用できますが、せっかくなのでお金を払って全施設(計30箇所)を楽しみましょう。

大人500円、子供300円、幼児無料です。これ位なら僕でも払えます。

 

とうまスポーツランド

 

ビブス(黄緑とオレンジのやつ、支払いの証)を装備して、センターハウスを抜けると広々とした敷地が広がっています。

無料遊具1

幼児でも遊べる簡単な設備です。小さな滑り台とかブランコとか手押し車などで遊べます。

 

子供騙しの無料幼児遊具で適当に遊んだあとは、ようやく本番です。待ち受ける全30コース。さあ行くぞ。

 

とうまフィールドアスレチック 1~10面

スタートゲートをくぐって冒険スタートです。スタートの写真取り忘れてたので、これは最後に撮影したスタート写真ですね。

1面 二股ヶ丘越え

攻略難度★★ 高さ★★ 面白さ★★

ネットにしっかりつかまり、のぼるおりる

1面は全ては★2つの平均的な遊具。しかし大人の背より高いネットを登ったり降りたりするのは子供にとってはちょっと怖いのかなと見ていましたが、案外スイスイと登っていました。

 

 

2面 探検

攻略難度★★ 高さ★★★★ 面白さ★★

2面にきてぐっと高さが上昇します。最初の登りはよし、途中のネットくぐりもトンネル状になっており落ちる心配はありませんが、最後、塔のような部分から降りる段階はなかなかの高さになります。

「降りれない~!」と言っていたので、娘のライフラインであるパパヘルプを発動し、なんとか降りることができました。今回パパヘルプは計3回しか使えないルールとなっています。まだ2面なのに。

 

3面 当麻ダム タル渡り

攻略難度★ 高さ★ 面白さ★★★★

ロープをひっぱって、向こう岸へわたる

池に浮かんだ樽に乗って向こう岸へ渡るという忍者みたいな経験ができます。ロープをつかんで腕力でもって樽を動かすので、力が必要。転覆の恐怖もありそうですが、面白いのか何回もやっていました。

 

4面 グライダーのつばさ

攻略難度★★★★ 高さ★★★ 面白さ★★

ネットとロープにしっかりしがみついて進みましょう

斜めに張られたネットを使ってよじ登り、その先に張られたロープをどうにかこうにかして攻略するのですが、ネット部分でぶらーんってなってなかなか進めません。

外野で見てる嫁が「ああしろこうしろ」とアドバイスしてましたが、実際本人がやるとひとつもできてなかった。言うは易く行うは難しの典型。結局攻略できませんでした。

自力で降りられなくなったので、ここでもパパヘルプを使います。残り1回。きっと娘は僕と同じく、あれば使っちゃうタイプなんだと思います。

 

5面 空中遊泳

攻略難度★ 高さ★ 面白さ★★

ロープをたぐって一周する

周囲に張り巡らされたロープを手で手繰り寄せながら1周します。3歳の娘でも楽しめます。イージーモード。この頃から3歳の娘は無料遊具の場所に戻りたいと言い始めます。3歳にとってはフィールドアスレチックは敷居が高いようです。

6面 大雪山連峰のぼり

攻略難度★★★ 高さ★★★★ 面白さ★★★

なかなか高い上に、壁にある足を掛ける場所の溝が狭い為、登りが大変です。

登った後は、丸太の階段を降りて攻略です。

調子こいて嫁も登りましたが、自力で降りてこれなくなったので、パパヘルプで降ろしてあげました。大人のパパヘルプは1回につき1000円となりますので、あとで請求書送ります。

7面 山の一本橋

攻略難度★★ 高さ★ 面白さ★★

丸太を抱えてわたる

なぜ丸太を抱えるのか、という大いなる疑問を抱えながら、吊り下げられた丸太を抱えて細い道を進んでいきます。

なぜ登るのか、そこに山があるから。ちなみに大人も楽しめます、なんだかんだ言って面白いですよねこういう場所って。

てってってー。長女はどんどん先に進んで行っちゃう。置いていかないでおくれ。

8面 あずまメロンわたり

攻略難度★★★★ 高さ★★ 面白さ★★

メロンの形状をした金属性の物体を乗り移りながらゴールを目指すのですが、思った以上にメロンがくるくる回るし、金属がスネに当たって痛いしで、僕はリタイアしました。

 

下の状況でスネを強打します。まじで痛い。

ここであることに気がつきました。看板の落書きの主張が激しいので、せっかくなので紹介していきます。

帽子と愛嬌のあるパチクリお目目、そしてヒゲに「M」のマーク。間違いありません、コイツはマリオでしょう。フィールドアスレチックで登ったり跳ねたりしているうちに自分とマリオが重なってしまった結果、この落書きにたどり着いたのだと容易に推測できますね。

 

9面 トウオマわたり

攻略難度★★★★ 高さ★ 面白さ★★★★

丸太や木株の上をわたる

ぐらぐらと動く木株や板の上を進んでいくのですが、途中に池があるため緊張感が増します。長めのコースとなっています。

動けなくなってしまった子供を助けようとした親の片足が池にドボンしている家庭もありました。こんなに長い。

 

10面 ニジマスの一本釣り

攻略難度★★ 高さ★ 面白さ★★

ロープを引いて、ニジマスを引き上げる

池に設置されている丸太をトントンと飛び移りながら板場までたどり着き、ロープを引っ張って木彫りのニジマスを引き上げます、結構重い。

重たいし、へっぴり腰。

子供が大好きなワードが飛び出している。

一部リタイアもありながら、まずは1~10面を突破することができた。ここまできてまだ1/3しかクリアできていないので、長い冒険であるということは想像できるでしょう。

それでは残り2/3も張り切っていきます。

 

とうまフィールドアスレチック 11~20面

ジュース持ってくればよかったなと軽めの後悔と共に進んでいきます。ジュースはセンターハウスに売っているのですが、アスレチックハイな為、途中でジュースを買いに行くことは困難な状態となりますので、最初に買っておくことをお勧めします。

11面 アリ地獄

攻略難度★★★ 高さ★★★★★ 面白さ★★★

はしごを上って逆円錐形のアリ地獄の形をしたネットを使って降りてくるんですが、高えよ、高え。まじで心配になるレベルの高さを有しています。

もう大人でも無理な人は無理な高さですが、子供はよじ登っていきます。どうか落ちませんようにと下界から願う。

一番上から助けを求められても、きっと助けられなかったでしょう。高い、怖い

 

12面 鍾乳洞探索

攻略難度★★★ 高さ★★ 面白さ★★★

丸太、ロープをしっかりつかまえてわたる

極めて平均的な遊具で、補助があれば3歳の娘でも攻略できました。途中パパヘルプを使いたがっていましたが、残1なので「ヘルプ残しとけ、自分でなんとかしろ」と一蹴しました。

卑猥な言葉と卑猥な形状のイラスト、そしてゲロザベスという謎の言葉。玉を引きちぎる妖怪の類のようですね。

12面あたりまで来ると、センターハウスから結構離れた場所になるため、落書きが発生しやすく、また内容も過激になってくるという知見を得ることができました。

 

13面 サケ渡り

攻略難度★★ 高さ★ 面白さ★★★

丸太のサケにのり、ロープをたぐって対岸にわたる

3面の「当麻ダムタル渡り」のサケバージョンなのですが、濡れたり落ちたりするリスクはダントツでサケ渡りの方が高いです。

実際に、目の前の家族で、足が池に入ってしまった子供が烈火の如く親に怒られていました。「お前、もう帰れバカヤロウ!」って言われてた。何もそんなに怒らなくてもいいのに…それほど危険な状況を作る場所です。

男性の象徴と排泄物が描かれているように見えます。大きさからしてまだ子供だと推測できます。

 

14面 当麻ロープウェイ

攻略難度★★ 高さ★★★ 面白さ★★★★

木株にすわって、空中をすべりおりる

大きめな池は、さきほどサケ渡りをした場所ですね。池の近くをターザンですべっていきます。池の上を通過したほうがスリルがあって面白いよなー。怒られる子供が死ぬほど増えると思うけど。

ア~

アア~~

丸いフォルムとパチリとした目。こいつはたぶん、のび太の事を積極的に助けたりするアイツ

 

15面 ちょうの故郷

攻略難度★★★★★ 高さ★★★ 面白さ★★★

ちょうのように宙を舞ってネットにとびうつりましょう

ア~アア~~ってやって、ロープの振り切りと同時にジャンプするなりなんなりしてネットに飛び移るという尋常じゃないレベルの遊具。見ただけではわからないかもしれませんが「これは無理だわ」って自然に声が出てた。

近くのお父さんや見知らぬ中学生、もちろんうちの娘もトライしていたが全滅でした。誰ができるんだよ。

ここはシンプルなワードで攻めてきました。Simple is the best

スタートからきてようやく半分を制覇しました。長い、かなり長いぞ。

 

16面 きのこ渡り

攻略難度★★★ 高さ★ 面白さ★★

ロープをしっかりつかまえて、きのこの上をわたる

コマの先が固定されたような動きをするきのこの上を渡り歩いていきます。ぐるぐると回転して意外に難しい。足首取れそう。

サッカー部、とうまサイコーと、HIKAKINの文字。夢がyoutuberな子供たちのヒーローの名前は遊具の看板にさえ刻まれるのですね。

 

17面 苦楽の坂

攻略難度★★★ 高さ★★★ 面白さ★★★

ランダムに設置された丸太をよじ登って滑り台を滑っていきます。だんだんと高さにも慣れてきたのか、次女もやりたがるので、補助が大変な時期に差し掛かります。

最初に僕が登ります。その後登ってきた長女をサポート、次女は腕力で引き上げる。重い。

なんだか保健の教科書みたくなってきました。アリさんが白い汁を求めて群がる様がリアルに描かれています。

 

18面 丸太渡り

攻略難度★★ 高さ★ 面白さ★★

ここにきて休憩を挟むかのようなイージーモード。これなら小さな子供でもなんなくクリアできますね。

ぴょんぴょん

落書きレベルもグングン上がっています。元ある看板のイラストに自身の挿絵をコラボさせています。よく見ると左のキノコがドット絵風にするという手の込みよう。ヒゲのアイツも丸太の上を元気に飛び移っているように描かれています。あっぱれ

 

19面 扇状地めぐり

攻略難度★★★★ 高さ★★★★ 面白さ★★★

丸太をしっかりつかまえて、ロープの上をわたる

頂上まで登ったあと、反対側へ降りるのですが、つかまるところがなくなかなか難しかったようで、最後のパパヘルプを使うことになりました。娘の貯金はこれでゼロ。これからどうなるのやら。消費者金融に手を出さないことを祈るばかりです。

 

20面 くもの巣脱出

攻略難度★★★★ 高さ★★★★ 面白さ★★★

丸太とロープをしっかりつかみわたる

看板の説明のほとんどは丸太、ロープ、しっかり、つかむ、わたる、のぼるで構成されていることに今さらながら気づきました。次女も頑張ってしがみついています。

落書きも成長中です。ただ闇雲に描くのではなく、看板のイラストを尊重し、イラストにかぶらない様注意を払っているように見えます。

ここまでで2/3を制覇しました。まじで長い。終わりなき旅。

 

とうまフィールドアスレチック 21~30面

いよいよ後半と呼べる段階まできました。地球のへそやエジンベア、商人に街を作らせるあたりの感覚でしょうか。最後の鍵を手に入れて行動範囲がグッと広がるあたりを想像していただければおおよその進捗が掴めるはずです。

21面 当麻への入植(その1)

攻略難度★★ 高さ★ 面白さ★

ロープをたぐって、空中をわたる

丸太に乗ってロープをつたって空中を…というイメージですが、地面は死ぬほど近いです。

ロープが顔に食い込んでSMみたくなってた。フィールドアスレチック内での最低評価をたたき出した遊具です。評価基準は僕の独断です。

 

22面 当麻への入植(その2)

攻略難度★★ 高さ★★★ 面白さ★★★★★

木の車にのって、傾面をすべりおりる

丸太をよじ登って、台車みたいなものを使って坂をすべり降ります。当麻の入植だけが(その1)とか(その2)みたくシリーズ化されているのが謎ではあります。

すべり降りた先は砂場になっているのですが、着地の衝撃でお尻がすれて死ぬほど痛くなります。長女もケツを痛めて半泣きになってたくせに何回もやりたがる魅力がそこにあります。

四次元ポケットのアイツが再登場しましたが、今度はその出来を「ヘタクソ(笑)」とあざ笑う者が登場しました。看板上で炎上してます。

 

23面 当麻への入植(その3)

攻略難度★★ 高さ★★ 面白さ★★

丸太、ネットをのりこえる

フィールドアスレチック内での一番のやっつけ仕事みたいな遊具に出くわしました。なぜこうなったのか、設計者が飽きてしまったのか、ルーツを調べてないのでわかりません。30個もあるので1つくらいこういうのも出てくるようです。

 

24面 でんすけすいかわたり

攻略難度★★★★★ 高さ★★★★★ 面白さ★★★★

ネットをしっかりつかまえて、のぼりおり

写真ではわかりづらいですが、これもアリ地獄同様オゲレツに高い、落ちたら死ぬレベルで高いです。最強のボスここにあり。最初からもう登れないし、登ったあとも結構難しめなので、途中の部分から遊びました。死んでもらっては困る。

落書きも終盤、挿絵ではなく質問形式になっています。3才で3回とはすごいですね。

 

25面 当麻山のぼり

攻略難度★★★ 高さ★★★★ 面白さ★★★★

丸太をのぼり、鐘を鳴らす

丸太で作られた坂を登り、頂上の鐘を鳴らします。途中途中で聞こえてきた鐘の音はここで鳴らされていたのですね。

ポ、ポケ、モ…?3時40分を指しているようにも見える。

 

26面 蝶龍くぐり

攻略難度★★ 高さ★★ 面白さ★★★

龍を思わせる長いネットの中をくぐり抜けます。落ちる心配がないので子供でも安心。

 

27面 市街一望

攻略難度★★ 高さ★★ 面白さ★★

なわばしごをのぼり、台の上から遠くをながめ、ロープからおりる

山登りには頂上からの絶景が待っているのと同じで、アスレチックも頑張ったご褒美として絶景を楽しむことができるようです。高さはそれほどない。

 

28面 峰越え

攻略難度★★ 高さ★★ 面白さ★★

もう何回こういった作業を繰り返してきたことか…。丸太とネットではもうびくともしない自分たちがそこにいました。苦難を乗り越えてきたことで知らず知らずのうちに成長していたのかもしれません。

成長を感じれる場所、とうまフィールドアスレチック

丸太とネットを克服できる場所、とうまフィールドアスレチック

知らないうちに擦り傷を負う場所、とうまフィールドアスレチック

とうまフィールドアスレチック、とうまフィールドアスレチックに清き一票を

 

29面 人間水車

攻略難度★★ 高さ★★ 面白さ★★★★★

ゆっくり まわそう

「ゆっくり走ろう」的、北海道の標語みたいな説明ですが、ここへきて異色の遊具が登場しました。ハムスターのおもちゃの人間バージョン。

次女、加減がわからず、壮大に転んだあげく顔面を強打して大泣きしてたくせに、何回もやりたがってた。怪我がトラウマになる場合とそうでない場合があるらしいです。

 

 

30面 蝦夷地

攻略難度★★★ 高さ★★★ 面白さ★★★

落ちないように確実にわたりましょう

僕たちは成長しました、もう何も恐れるモノはありません。見てくださいよ、ただの丸太とネットとロープの集合体じゃないですか。見慣れた要素で構成させるラスボス、それが蝦夷地。

試される大地、それが北海道。

こうして僕らは無事30のミッションをクリアすることができました(一部例外を除く)

最後の落書きはなにかな…?

 

 

またおまえかよ

 

祝ゴール!ゴールゲートをくぐる

晴れてゴールすることができました。

いえーい!

 

そういえばスタート写真撮ってないよ!

これら30のミッションをクリア後、冒頭のスタート写真を撮影したのでした。スタートとゴールは表裏一体ですね。

 

その他の周辺施設

キャンプ場、コテージ、BBQ施設とかいろいろありました。キャンプしたいなー。営業期間は10月末までのらしいです。

 

スポンサーリンク







面白かったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォロー、読者登録お願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です