【実体験】5歳児が進んで発音練習したくなるおすすめの無料アプリと使えない英会話アプリを紹介

面白かったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

子供に英語を習得してほしい。と思っている親はたくさんいて、僕もその中の一人です。

5歳の娘に楽しんで英語を覚えてもらうのにまず初めに取り掛かろうと考えたのはリスニングとスピーキング。

ひらがなをようやく書ける段階で更にリーディングやライティングはハードル高いぜよと思ったので、それは一旦置いといて聞く力と聞いて真似して発音する力に重点を置いていきます。

 

スポンサーリンク




発音博士というアプリ

だからと言ってお金は掛けたくないので無料アプリで学習するという貧乏っぷりはさておき、評判がよさそうなアプリをインストールしてみました。発音博士というもの。

最初の画面です。スタートをタップします。

 

設定はいじらなくても良い

設定画面がありますが、初期設定で問題ないのでいじらなくて大丈夫です。発音記号の種類でJones式と標準IPAのスライダーがありますが、標準IPAにするとより細かく正確な発音が求められるので、子供が飽きてしまう可能性が。

 

スタートをタップしてさっそく初めてみる

ではさっそく始めましょう。スタートをタップするとカテゴリ画面に移ります。

無料で使えるのは「基本100英単語」と「月・曜日・数の英単語」です。鍵がかかっているものは有料となりますが、無料の2カテゴリだけでも140近くの単語がありますので子供の取っ掛かりには充分は量の単語です。まずは「基本100英単語」から始めましょう。

 

基本100英単語、最初はafter all

はい、色々でてきました。最初は[after all]です。やってみましょう。[after all]をタップします。

 

すると外人女性の素敵な発音と共に[after all]の発音練習画面が開きます。

 

もう一度発音を聞きたい場合は[after all]の部分をタップ、発音練習するにはスタートをタップします。ではスタートをタップして発音してみましょう。

 

結果は57点。どの部分の発音が違ったのかは緑色の「お手本発音」とオレンジ色の「あなたの発音」を比較することでわかります。

0:00~0:07がオレンジ部の[ʌ]をタップした時の発音、あなたはこのように発音しているので違いますよと。0:07~0:11は緑部の[æ]をタップした時の音声で、この発音を真似すれば正しく発音できますという見本です。

このようにしてひとつずつ正しい発音を身に付けていくのですが…

 

発音博士は大人も子供もむきになる

むきになるというかやる気になるんです。5歳にもなるとiphoneの操作くらい簡単にできてしまうので、発音博士のような簡単な操作であれば自分でどんどんやり始めます。

先ほどの[after all]くらいなら10回も挑戦すれば100点を取れるようになりましたし、10回挑戦するのにかかった時間はたぶん2分ほどです。

 

100点を取るとやる気がでてくる

実際[after all]で100点の発音になりました。

 

57点の時や、85点の時は採点時「ドゥルルン♪」みたいな音が鳴るだけなんですが、100点を取った場合のみ「ジャッジャジャーン♪」と短いファンファーレのような音が鳴り、なんだかやってやった感を味わえます。

自分の100点の発音を聞きたい時はオレンジのスピーカーのマークをタップすれば聞くことができます。そして100点の余韻に浸るも良し、まぐれかもと再度挑戦するも良し。

 

100点マークを揃えてコンプリート欲を満たす

さて、無事に100点を取れたので前画面に戻ってみると、[after all]の横には「100」のマークが表示されました。単純な作業ですが100点を集めていく面白さと、コンプリート欲を満たしていくことで、気付けば英語の発音が上手になっていきます。

 

大人の発音は先入観がある

英語に慣れ親しんでいないうちの妻はどの英単語をやってみてもなかなか100点を取れません。子供の方が100点を連発しています。

例えば[girl]という単語、大人は先入観からどうしても「ガール」と発音してしまいがちです

発音博士の[girl]の発音はこれ。

どうしても「ガール」が抜けない大人は苦戦しがちな単語ですが、これを子供に聞かせてみると「グロー」「グーロー」と発音してきます。

 

子供は先入観が無いので聞いたまま発音しやすい

「グロー」「グーロー」どちらもアクセントは「グ」の部分についていました。英語に慣れ親しんでいない先入観を持つ大人が聞いたら「違う違う、グーローじゃなくてガール!」となりがちですが確実に子供の方が正解に近い。

[very]という単語を子供に発音してもらうと「ベウリ」となりました。「違う違う、ベウリじゃなくてベリー!」ではなく「ベウリ」。なんとなく「ウ」が聞こえるのも子供は前知識がない段階で聞いて真似しているからです。

 

妻と娘で端末の奪い合い

闘争心に火がついた二人は「次は私の番!」「次は私の番!」を連呼しながらiphone端末を奪い合っていました。

娘は先入観のない耳と口でバンバン100点を連発していき、妻がそれに対抗するもなかなか及ばずの状況は見ていて楽しい。

そうしているうちに娘の発音がどんどん上達していきました。

 

カタカナ英語を覚える前にやるべき発音練習

まだ英語の読み書きができない状態でスタートする方がカタカナ英語の先入観なしに練習できるので良いかもしれません。

また、子供だけに練習させるのではなく、親も一緒にやる事で子供の楽しさも増します。

娘に「ドッジボールやろー!」と言われて、面倒くさかった僕は発音博士のアプリを起動し「これでどれか100点取れたらドッジボールやってもいいよ」と促すと「やる!」と言い出し、単語ひとつ100点取れたにも関わらず、ドッジボールの事を忘れてどんどんやっていました。

発音練習にはかなり有効です。

発音博士

発音博士
開発元:KOTO CO., LTD.
無料
posted with アプリーチ

 

シチュエーション別のイラスト付きであれば100点

発音の練習はできるのですが、その英単語をどのタイミングで使うのかというまで理解が及ばない部分はあるので、例えば[girl]であれば女の子のイラストが、[good morning]であれば朝や布団のイラストがあればなお良かったというのが正直な感想です。

発音練習には充分ですが。

 

他の子供向けアプリも試してみたが

他の子供向け英語アプリも試してみましたが発音博士ほどシンプルでサクサク進められるものは見つかりませんでした。

以下僕が試してみたアプリも一応紹介します。

 

親子de英会話

親子de英会話というアプリ。シチュエーション別に簡単なフレーズが並んでいて、各吹き出しをタップするとフレーズを読み上げてくれます。

 

初めて英語と触れ合うには少々長めのフレーズになっているので、口が回らないようでした。[good morning, Mommy]というフレーズだけでも「グッモーミンマミー」のように釣られてしまっています。

また発音チェック機能がないので、自分の発音が合っているのかどうかが見た目で表示されないのも、マイナスポイントとなりました。

しかし、ある程度発音ができるようになって、なおかつ少しリーディングもできるように成長してくれば、親子de英会話くらいのレベルのアプリが良いかもしれません。

親子de英会話:子供と一緒に簡単英会話!

親子de英会話:子供と一緒に簡単英会話!
開発元:Fujika Kurosawa
無料
posted with アプリーチ

Duolingo

Duolingoというアプリ。写真から正しいものを選択したり、和訳したりするアプリです。

どちらもまず日本語が読めないと何を問われているのか子供はわからないので、初心者向けではありません。問題には漢字も含まれているので5歳にはなおさら無理なので除外。

日本語の学習をしてからなら色々な角度からの問題が出るので良いでしょう。

Duolingo

Duolingo
開発元:Duolingo
無料
posted with アプリーチ

毎日英語

毎日英語というアプリです。英単語の発音とスペルを覚えていくタイプのアプリです。

ライティングやスペルを覚える為のアプリなので5歳の娘には無理ですが、発音博士で耳を使って単語を覚えた後にスペルを学習していく段階で活躍するでしょう。

 

ワオっちイングリッシュスクール

ワオっちイングリッシュスクールというアプリ。音楽と映像が流れる中、アニメーションを交えながらその時使うセンテンスを学習できるアプリです。

発音チェック機能もついていて一見良さそうなのですが、そこにいくまでのアニメーションが長く感じます。どちらかというと英語勉強というよりyoutubeを見せているよう。無料でできる項目も少なく感じます。

どのタイミングでも使えなさそうなので僕的にはお勧めしません。

ワオっち!イングリッシュスクール!

ワオっち!イングリッシュスクール!
開発元:WAO CORPORATION
無料
posted with アプリーチ

PINKFONGワードパワー

PINKFONGワードパワーというアプリ。英語の音楽を聴いたり、単語の意味を写真で教えてくれたりするアプリです。

全てが受身のアプリのように感じます。これならyoutubeでいい。

Pinkfong ワードパワー

Pinkfong ワードパワー
開発元:SmartStudy
無料
posted with アプリーチ

 

英語学習を始める一番最初に使うアプリは

子供が最初に英語に親しむ為にはどのような方法が良いのかを、少しだけ考えて、実践してみた結果、一番効果があったのは発音博士でした。

その他、英語が身近に感じてきた頃には、レベルに応じて他のアプリに移行していけばいいのではないかと感じます。

英会話なので、英語を避けてきた親も恥ずかしがらずに一緒に学習していくことこそが子供の英語習得の近道になるのかもしれません。

 

僕が以前試してみたオンライン英会話

以前「ネイティブキャンプ」というオンライン英会話を試した事があります。

24時間、予約不要で外国人英語講師とマンツーマンで英会話の練習をすることができます。

無料トライアル終了後は月額5000円程度で、何回でも、どの時間でも英会話と触れ合うことができます。



僕は大人の男なので女性講師ばっかり指名していましたが。

日本語は話せませんが教え慣れしている先生ばかりなので、最初は緊張しましたが楽しくやれました。わからない部分や聞き取れない箇所があっても、チャット機能もついているので両方を駆使して英会話していました。

子供が話す事に慣れてきたらやらせてみようと思っています。

 

現場からは以上です。

スポンサーリンク







面白かったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォロー、読者登録お願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です