【運動会撮影】iphoneやスマホ+ジンバルの組合せが最強!ビデオカメラ撮影よりおすすめな理由

面白かったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

かわいいわが子の運動会、必死になって競技する姿が微笑ましいのと、練習を重ね本番に臨む子供の姿に成長を感じられずにはいられない親御さんも多いことと思います。

 

3歳と6歳の娘の運動会、一番盛り上がる徒競走などで一生懸命走る娘の姿に、子供以上に熱くなっちゃうのですが、血まなこになって応援するだけにはいかない親の現状。そう、撮影係。

スポンサーリンク




子供が頑張る姿を記録に残すという親の使命

そうです。必ずといっていいほど、親は運動会での子供の活躍を記録に残す任務を与えられます。運動会が終わってからもう一度子供の勇姿を、子供と親、そしておじいちゃんやおばあちゃんなどと振り返って楽しむ為ですね。

 

子供自身も自分が走ったり踊ったり障害物を越えたりなんだりかんだりしてる動画を家に帰ってから見るのは楽しい経験ですよね。

親子親族全員の、イベント後の楽しみを提供する目的を果たす為に、親(僕)は運動会本番中に撮影係を遂行しなければなりません。

 

肉眼で見た方が臨場感はあるけれど、その感情を押さえ込んで、ビデオカメラのレンズ越しで我が子の活躍を見守りながら作り上げる動画はもはやドキュメンタリー作品であり、それを撮影している僕は監督兼カメラマン。どうりで当日は忙しいわけだ。

 

で、思ってるんですけど、ビデオカメラって、使いづらくありません?

 

子供の活躍、撮影機材は何を選ぶか

唯一無二の作品を撮るのに重要なのは機材選びです。

僕は以前、娘たちのお遊戯会や運動会を6年落ちのビデオカメラで撮影していました。この機材で良いのか感に襲われながら…

 

ビデオカメラでの撮影メリット、デメリット

ビデオカメラ、運動会やお遊戯会の現場でよく見る片手に装備して撮影するアレですね。

モニター部分がパカパカと開いたり、クルクル回転させたりしながら赤い撮影開始ボタンを押して我が子を追うアレですアレ。

 

 

ビデオカメラ底部に三脚を装着すれば固定カメラに、手に持てばアクティブに子供の動きを追うことも可能ではあるんですが。

 

言い忘れてましたが古いビデオカメラしかない親向けの記事です今回。

 

デメリット1 ファイルの移動ができない、面倒くさい

まあとにかく使いづらいと感じます。

 

僕はビデオカメラからPCにデータを移動して動画編集とかしたりするんですが、ビデオカメラの場合、撮影の段階でなんらかの設定をしていないと、動画データがAVCHD?みたいな、よくわからない専用のファイル形式になってしまい、PCにデータ移行ができなかったりします。

 

工夫すればできるんでしょうが、変換ソフトをダウンロードしたり、専用ケーブルを買ってみたり等、その工夫が面倒くさいんですよね。

ビデオカメラではなくスマホやiphoneで撮影しておけばなんとかなります。子供を熱心に追いかけ過ぎたゆえ、動画データが大量、大容量になったとしても、いけます。

 

【関連記事】【グーグルフォト】スマホやiphoneで撮影した大量動画をケーブル無しでPCに保存する方法

 

デメリット2 ビデオカメラのタッチパネルが使いづらい

iphoneやipadに慣れている親御さんはビデオカメラのタッチパネルの反応の遅さにイライラしますよね。そんな統計はとってませんが。

最新、高性能のビデオカメラであれば操作性は解消されているかもしれませんが、あくまで6年落ちのビデオカメラしか持ち合わせていない悲しき我が家では、撮影担当の僕はタッチパネルと格闘するハメになります。

 

ハンディカムのタッチパネル…マジでどこをいじればどうなるのか全然わからない。

 

デメリット3 カメラの充電無くなったらマジでやばい

全ては新しいビデオを買うことで解決する話なんですが、買えないからこのまま話を進めます。

満充電で子供撮影に臨んでも「大丈夫かな、映ってるかな」とか、ピントや構成考えるのにいちいちビデオカメラのモニターを開け閉めしてしまうので、バッテリーって、すぐなくなります。

大事なのでもう一度。バッテリーはすぐなくなる。

 

運動会後半になると、残りの充電を気にしすぎるあまりパカパカモニターをあまり開かないタイプの人間に変身します。バッテリーの予備?そんなの無くしましたよとっくに。

 

充電する為に運動会に発電機を持っていくのはさすがにやりすぎで、できれば軽装備で行きたいなと思うので、ビデオカメラの充電問題はデメリットのひとつ。

 

iphoneやスマホに使えるモバイルバッテリーで充電できる方法も調べれば出てきますが、荷物も多くなりそうで、根本的な解決に至ってないなというのが僕の考えなので、モバイルバッテリー案も却下。

 

デメリット4 そもそも使用頻度が少ないから使い方がわからない

みなさん普段ビデオカメラとかハンディカム使いますか?僕は使いません。

 

なのになぜか子供の大事なイベントの時にだけピンポイントで登場したがるビデオカメラと、わざわざ大事な場面でビデオカメラを登場させたい親(我が家も含め)の考えが全く理解できません。

子供のイベントに合わせた使用頻度だとせいぜい3ヶ月に1回くらいしか出番がなく、こんな頻度じゃ使いこなせなくて当然なのです。だから総合的使いづらい印象が残るのですね。

 

メリット1 子供を大事にしているなと周囲の家族に猛烈アピールできる

これまじで思うんですけど、子供の勇姿はビデオカメラで!ビデオカメラ一択で!といった風潮があるように感じます。

子供の晴れの舞台の為にビデオカメラを用意し、標高高めの三脚とさらに上をいくなら撮影係用の脚立、万全の体制で我が子が徒競走ですってんころりんと転ぶ姿を撮影するスタイルは、ある種、素敵な親の在り方とうつるかもしれません。

 

それが例え6年前のビデオカメラでも、一見すれば型落ちかなんてわからないので、周囲の親からは子供を大事にしている&少しはお金に余裕があるアピールをできるでしょう。

 

おじいちゃん、おばあちゃんも訪れることが多い子供イベント、家族構成とかどんな弁当持ってきたとか、色々と露呈してしまう状況で、良質な機材と万端な準備によって起こる最新ビデオカメラ所持マウンティングは確実に運動会内に存在します。が。

 

そんな古いビデオカメラをお持ちの親御さん、運動会は黙ってiphoneで撮りましょう。

 

iphoneでの撮影メリット、デメリット

僕はiphoneでの撮影を推奨します。

ダラダラと6年落ちビデオカメラのデメリットを書き続けたのは「運動会はiphoneやスマホで撮影してくれ!」という強い思いがあるから。

あなたの家にもきっとあるだろう6年落ちのビデオカメラは即、メルカリで売りましょう。

 

メリット1 iphone撮影だとデータ管理が楽

普段使いの携帯電話での撮影ですね、iphoneとPC間でのデータ転送や共有もビデオカメラに比べれば身近な行為です。

動画編集なんて掘り下げた事をしなくても、子供の活躍動画をPCにバックアップする等の作業はしたほうが良いですよね。

データ移行という観点から、普段使っている携帯での撮影の方が、後に付随する作業を考えると容易です。

【関連記事】【グーグルフォト】スマホやiphoneで撮影した大量動画をケーブル無しでPCに保存する方法

 

メリット2 操作が簡単、というかいつも使っているから

毎日使っているiphoneやスマホに比べ、3ヶ月に一度満を持して登場するビデオカメラ。

操作性では圧倒的に携帯に軍配があがります。たぶんiphoneの方が10倍くらいサクサク動く(言い過ぎ)。

「アレ?娘の出番なの次?」と、プログラムを確認していない迂闊な親(僕)が不測の事態に陥ったとしても、iphone撮影であればいつも通り冷静にカメラモードにできるでしょう。

そう、iphone撮影ならね。

 

その点、ビデオカメラだと「どれ?撮影どのボタン?充電切れそusじゃdfk」となり、撮るべきシーンを確実に逃します。逃した魚は大きいですね。あとで怒られること必死です。

 

メリット3 モバイルバッテリー持参で充電も安心

ビデオカメラの発電機は少々やりすぎですが、iphone撮影であればモバイルバッテリーを持っていけば充電切れの心配はありませんね。モバイルバッテリー自体の充電はしておくこと、それとバッテリーと本体をつなぐケーブル類の持参。大事なのはこれだけ。

ただでさえ荷物が多くなりがちな運動会鑑賞。荷物が少なくなるに越したことはありません。

ビデオカメラのごつめの予備バッテリーなんて持っていかなくて良いんですよ。

そう、iphone撮影ならね。

 

デメリット1 周囲から浴びる蔑視…そんなの無視する強い心

「あらヤダ、ゆいちゃんのお父さんとお母さん…携帯で撮影してる…子供の運動会を何だと思ってるのかしらね!」

 

ビデオマウンティングにより、周囲の家族からこのような差別発言を受ける可能性はあります。iphoneで撮影なんて運動会を軽視している、と(言い過ぎ)。

 

しかしこれらのマウンティングは無視しましょう。「撮影のしやすさ」と「撮影後のデータ管理」そして「荷物を減らす」等色々な観点において、iphone撮影はビデオカメラ撮影を上回っています。

そしてこの重要な事実を知っているのはこの記事を読んでいる僕たちだけです。

そう、あなたはラッキーボーイ(もしくはガール)

 

子供の運動会を気持ちよくiphoneで撮影するには

子供の勇姿は肉眼で見たい、でも運動会後の親族のお楽しみも提供しなくてはいけない。親というのは大変ですね。

なのでなるべく楽しながら撮影し、今しか見ることのできない子供の頑張りを肉眼でも楽しみましょう。

 

欲しい機材1 iphone用の三脚

iphone、軽いけどいつまでも腕を固定して持つのは大変なので、三脚はあった方が良いかもしれませんね。固定カメラとして撮影する場合とかもあると便利。

足の長さ調整ができない小さな三脚では不十分。運動会会場ではある程度の高さまで持っていける三脚が良いと思います。場所取り失敗して奥に陣取ってしまった時とかなおさら。

 

ある程度とはつまり自分より前に陣取っている親たちを超えた高さの事。着座形式なら1メートル、立つのであればそれ以上伸ばせる三脚が欲しいところですね。子供の運動会環境に合ったものを選びましょう。

下のは108センチまで伸びるスマホ三脚。

 

 

欲しい機材2 モバイルバッテリー

先述したようにモバイルバッテリーがないとiphone充電切れが起こす家庭崩壊を描いたドキュメンタリーの主人公に自らがなってしまう可能性があるので、手に入れておきたいですね。

モバイルバッテリーを持っていて得する事はあれど、損することはありません。

AnKerの商品ってなんかかっこいいですよね。バッテリーもそうだし、持ち運びできる小型スピーカーもずっと使ってます。

 

 

欲しい機材3 あったら嬉しい3軸手持ちジンバル

演奏の合間に「シャーン!」と鳴る金色の丸いアレはンバルで、僕が今言おうとしてるのはンバルです。

子供の運動会にお父さんがンバルを持っていってはいけない決まりは無いと思いますが、主役は子供なのでお父さんがシンバル鳴らして目立ってはいけません。

3軸手持ちジンバルとは、まあそれはそれはものすごい機能でiphoneの水平を保ってくれる棒みたいなヤツのことです。

 

文で説明するのはえらい大変なので、手持ちジンバルがどれだけ凄いのかは以下の記事で確認するほうが良いでしょう。撮影においてiphoneとジンバルの組み合わせは最強です。

【関連記事】スマホ、iphone用3軸手持ちジンバルsmooth-Qの設定とカメラの動き方、活用方法など

おもしろいですよこれ。

ニワトリの首の動きを忠実に再現したような機械です。これがあれば手振れを気にせず子供の動きを追うことができます。

 

実際の運動会で徒競走を追いました。

これ、ちなみにiphoneと3軸手持ちジンバルで撮影しながらも、ちゃんと肉眼でもわが子を追えています。めいちゃんがんばれー

手持ちジンバルが上下左右のブレを調整してくれるので、撮影しながら肉眼で臨場感を味わうことができるのは素晴らしい。

 

忘れてはいけない機内モード

運動会のクライマックスの徒競走。よーし記録してやる、記録してやるとiphone撮影で臨んだその瞬間、鉄砲の音と同時に子供達が一斉に走り出します。

我が子は何位か、抜きつ抜かれつの瞬間を撮っている時に「チャン♪チャンチャ♪チャンチャラチャンチャ♪チャンチャンチャンチャチャン♪」の着信音、動画撮影は中断され、子供は何位だったのか記録することもできずじまい。

 

iphone撮影の注意点として、必ず機内モードにしましょう。上司からの指示ライン、部下からの質問ライン、友人からの今必要ではないライン、スパムメール、何かしらの通知等、今は何かを受信している場合ではありませんね。

通信手段としてのiphoneは運動会上では存在しなく、撮影機材と割り切るために外部からのコンタクトを排除しましょう。

 

写真撮影も忘れずに

動画は動画であなたが担当すればよいのですが、写真は写真で伴侶にお願いしましょう。動画から静止画を抜くことも可能ですが、写真として撮ったほうが写真のクオリティは高いです。奥さんに土下座して写真担当をしてもらってください。

運動会ではあまりないかもしれませんが、お遊戯会や学芸会など、声もきれいに録音したい場合はiphone用のマイクがあると良いかもしれませんね。

指向性のピンマイクを使うと、少なからず違いがでてきますよ。

【関連記事】iphoneの外部マイク接続方法と外付けピンマイクを使用し録音した場合の音質の違いを動画を交えて発表。

 

子供の運動会で親がやることまとめ

という事で、ダラダラと書いてしまいましたので運動会であなたがやるべき事をそろそろまとめたいとおもいます。

・6年落ちのビデオカメラは今すぐ海に投げ捨てる

・iphoneまたはスマホ、そしてお弁当を用意する

・iphone用の三脚、モバイルバッテリー、ケーブル、お金に余裕があればジンバルを用意する

・観覧席でのビデオマウンティングは無視する

・撮影しながら我が子を応援、可能であれば近くまで寄って撮影する

・昼休憩はお弁当を食べる

・帰ってきたら撮影した動画をPCに取り込んでバックアップを取る

・可能な限り親せきを呼んで愛娘の頑張り動画を披露する

 

現場からは以上です。

スポンサーリンク







面白かったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォロー、読者登録お願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です