官能小説を読むことで語彙力と表現力を高め、インプット不足の解消を試みる

勉強をしてしすぎることはありません。

僕は3年ほど前まで積極的に読書をしていました。読書をする事でなんとなく頭が良くなったかもしれないなといったよくわからない満足感を得られましたし、実際賢くなったかどうかといえばたぶんなっていませんが、確かに読書する前と後を比べれば得るものはあったと思います。

時は経ち、読書から離れしばらく経つと「あれ、いっつも同じ言い回し使ってるな」と感じるようになりました。なんというか語彙力もなければ表現力も乏しいというか。

おいしいものを食べれば感想は「これはおいしいね!」と大声で言うでしょうし、感動する映画を見れば「感動した…」と涙を流すでしょう。大声でごまかし、涙を流してその後の言葉を言わなくてよい状況を無意識のうちに作っているのです。

心が動くその瞬間に上記のような表現しかできない人間に深みなどあるのでしょうか、いいえありません。

読書をサボってきた僕に突如訪れたインプット不足問題。

今一度読書を再開することで、どんな些細な出来事でも豊かに表現できる人間になれればと考え、今回は普通の本とは別に、初めて官能小説を買って勉強することにしました。

官能小説を読めば語彙力の向上はもちろんのこと、卑猥な言い回しだって可能となります。

小学生が「チンポ」と呼ぶモノを、官能小説を読んだ後の僕はどう表現できるのでしょうか?今のところは肉棒以外思いつきませんし、尻の穴だって菊くらいしか比喩できません。

セックスセックスとバカの一つ覚えのように繰り返してはいけません。もういい大人なのです。それらが始まる前から始まり、行為の一部始終やそののちの余韻などを文字だけで伝える事ができてこそ今回のインプット不足問題は解消されるような気がしてなりません。

今回この記事は追記型の記事とし、僕がいまいち読むのに不安だった言葉や読めなかった言葉をメモに残すだけのものです。

ボクと一緒に勉強しませんか?

 

今回ボクが選んだのはこちらの官能小説です。

とくに性癖が反映されているわけではありませんのでご安心を。

 

習得した言葉、または習得中の言葉

  • 見蕩れる(みとれる)
  • 蕩ける(とろける)
  • 抉る(えぐる)
  • 情事(じょうじ、夫婦ではない男女の肉体関係とかそんなとこ)
  • 滴る(したたる)
  • 艶かしい(なまめかしい)
  • 捏ねる(こねる)
  • 肢体(したい)
  • 淫蕩(いんとう、酒飲んだりするのに没頭してなんとなくだらしないみたいな)
  • 零れる(こぼれる)
  • 貪る(むさぼる)
  • 呻く(うめく)
  • 舐る(ねぶる、普通になめるでいいのになあと思う)
  • 捲る(まくる)
  • 逡巡(しゅんじゅん、決められないでぐずぐずするみたいなとこ)
  • 捩じらす(よじらす)
  • 稜線(りょうせん、山の上のガクガクのした線のあたりかな)
  • 捻る(ひねる)
  • 露わ(あらわ)
  • 律動(りつどう、きそく正しい動きみたいなとこ)
  • 恥丘(ちきゅう)
  • 湛える(たたえる)
  • 仰け反る(のけぞる)
  • 弄られる(いじられる)
  • 淫靡(いんび)
  • 辱め(はずかしめ)
  • 咥える(くわえる)

The following two tabs change content below.
オノゲンキ
北海道で小さな焼鳥屋を営みながら暇を見ては家でブログを書いたり動画を編集したりイラストやイラスト風文字を書いたりしているので全く外出しません。職業柄酒はよく飲み、一度飲み始めると止まりません。嫁と娘2人、そして犬1匹と平凡に暮らしているので刺激が欲しいのです。誰か刺激を下さい志茂田景樹じゃなく刺激です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です