家族で行く帯広動物園。楽しみにしていたカバは今…

面白かったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
帯広動物園でアメリカバイソンのマネ

妹の旦那さんが子供を連れて北海道の帯広動物園に行った写真を見た我が嫁が…

「ズ、ズルい(ワナワナ)…ズルすぎるー!!」

と、「隣の芝生がすげー青く見える病」を発症したので、治療すべく僕たちも帯広動物園に行く事になりました。

帯広動物園を家族で楽しむにあたって気をつけないといけない行為も発覚したので、せっかくなので報告します。

 

スポンサーリンク




北見から帯広動物園までの行き方

車で2〜3時間かかるらしいので結構早起きをするはめになりました。朝7時起きです。

陸別方面へ向かい、山みたいなとことか通ったり、高速みたいなとこ通ったりしてるとそのうち到着します。

帯広動物園へのアクセス

 

ちなみに行きは嫁が運転しており、僕は半分寝てたのであまり行き方は知りませんがまあバスとかもきっとあるでしょう。

 

帯広動物園到着

さあ、よだれを垂らしながら嫁の運転で揺られているうちに到着しました動物園。

 

帯広動物園の入口

駐車場から園内に入る手前の通路にて動物の足跡を発見!

もしかして…ここには…動物がいる…?

そんな気配がします、足跡があるので。

 

動物園入場する前

そしていつも通り手を広げた扇形ポーズ(今命名)を入口で披露したのち、園内へ入ります。

 

併設された遊園地は子供にとって麻薬のようなもの

 

白熊の置物と一緒に写真

定番どころではしっかり写真撮影をしましょう。妖怪顔ナメのごとく長女の顔をベロベロと舐めながらの撮影です。白クマも若干ひいてるように見えますね。

ちなみに入場料は中学生までは無料、大人でも420円とかです。

 

帯広動物園の孔雀

第一待ち動物発見。クジャクっぽい。鏡月にも似た色使いですね。

 

帯広動物園のフラミンゴ入口

フラミンゴは柵なしで観賞できます。なので、このような鉄檻の中に勇気を持って突入するのが帯広動物園流。

次女:「パパ…(開けるよーの意味)」

 

鉄扉を開け閉めする娘

そして扉を開けたり閉めたりしてる。フラミンゴよりも扉の開閉動作が子供の好奇心をくすぐった決定的瞬間。

 

フラミンゴと一緒に記念撮影

フラミンゴと一緒に記念撮影。

 

帯広動物園の最大の注意点は、園内に入った瞬間に遊園地が見える為、動物よりも遊園地で遊びたい衝動が子供に常につきまとう事です。

 

遊園地を併設している動物園はどこも同じ様な配置なのでしょうか、僕にはわかりません。

 

帯広動物園のペリカン

こんなのもいます、ペリカンでしょうか。

 

 

帯広動物園の猿山の猿

猿山にはもちろん猿だって。写真はどれも自分で撮影したものであり、決して適当なサイトから引用してません。

 

帯広動物園のスーパースター、象

帯広動物園の象

さあ、見て下さい。象ですよゾウ。帯広動物園のスーパースター。迫力あり。

 

 

象と不機嫌な娘

そんな「生きる迫力」ゾウを目の前にして長女のこの表情。

 

もう長女は遊園地に行きた過ぎて行きた過ぎて動物どころではないのです。

 

動物園の入口付近に併設されている遊園地の業の深さは計り知れません。

これが動物園を…象さんを楽しみにしていた子供の表情でしょうか?

遊園地は麻薬ですか?

 

園内はリアルモンスターハンター。出会いあれば別れあり

 

カバへ向かう途中

僕の巧みな話術とへりくだった対応でなんとか長女の機嫌を取りつつ次の動物へ向かいます。

矢印にはなんと「カバ」の二文字。この先にカバがいるのか…これはテンションあげられるぞー!

 

長女を楽しませるぞ!次女もだけど。

親の責務を果たす為、いざ、カバウォッチング!

 

動物園のカバさんが…カバさんが…

帯広動物園の死んだカバ

カバは亡くなられておりました。

ダイちゃんという名前だそうです。お疲れさまです。その姿は僕等の頭の中で生き続ける事でしょう。一回も会えてはいないけど。

 

 

草食っている白い動物

気を取り直せる訳もなく、どんよりとした空気が流れます。

とりあえず近くのなんか草食ってる白い動物を見たりします。

カバロス、カバショックを拭いきれないまま重苦しい空気が家族を襲います。

白い動物とシンクロ

なので、動物真似をしてみました。長女の機嫌を取り戻す為に僕は決心して動物真似をしたのです。そしてこの草食ってた白い動物と僕はシンクロしました。

 

帯広動物園のマンドリル

なんだか顔面の配色が気持ち悪い猿のような動物がいました。

 

看板にはマンドリルと書いてありましたが僕は生理的に受けつけなかったのであまり近寄る事はありませんでしたが、嫁さんは「リアルモンハンでしょ!この猿マジでリアルモンハンじゃんやべー!!」などと、本日一番の大声を張り上げておりました。かわええ

 

嫁のはしゃいだ姿を見れた。帯広動物園に来た甲斐がありました。

 

帯広動物園のチンパンジー

チンパンジーもいたので、下から口笛を吹いてみたら遠くへ行ってしまいました。

 

 

帯広動物園の小さな猿

お猿(リアルモンハンマンドリル含む)の近くの建物の中にも小さなお猿がいました。マなんだかマトリョーシカっぽい説明になりました。

 

アメリカバイソンが起こした親子の絆

 

帯広動物園のカンガルー

これはカンガルーの群れが草食ってる手前でカンガルーの動物真似をしている僕です。

カンガルーはしっぽも手足の役割を担っているように見えました。

 

 

帯広動物園でアメリカバイソンのマネ

 

アメリカバイソンとかいう大迫力の動物がいるようなので、アメリカバイソンの小屋に描かれているなんとなく愛らしい絵の前で動物真似をしました。

今回で一番完成度の高い動物モノマネだと感じております。

 

アメリカバイソンのマネをする娘

あまりの完成度に、次女がアメリカバイソンの真似(又は僕の真似)を始めた。かわいすぎ。

 

 

親子でアメリカバイソンのマネ

なので、二人でアメリカバイソンになりました。親子バイソンですが、上から写真を撮られると僕の薄毛は目立ちますね。

 

帯広動物園のアメリカバイソン

これが噂のアメリカバイソン。なんかパーマかかってるみたいな頭してる。

 

 

帯広動物園のトラ

トラもいます。

 

 

帯広動物園のふくろう

勘のいい方は僕の動物モノマネを見ただけでわかるかとは思いますが、これはフクロウを模しています。

そして檻の奥に見える白くて小さい物体が本物のフクロウですが暗くて見えない。

 

 

帯広動物園百獣の王ライオン

動物真似もだんだん雑になってきましたが、これは百獣の王ライオンです。

 

 

帯広動物園のアシカかアザラシ

アザラシ?アシカ?

なんかそんな感じの生き物もおります。

 

 

アシカかアザラシのマネ

 

 

業深き遊園地ゾーンへいざ突入

 

帯広動物園遊園地前

食事休憩を済ませたのち、ついに、待ちに待った遊園地ゾーンへ突入します。

 

 

さて、長女はこの遊園地突入の瞬間を首を長くして待っていた事でしょう。首といえばキリンまだ見てないな。

 

ちなみにランチできる場所に観光地価格に設定されたキャラクターバルーンが販売されており、長女次女共々欲しいと言ってましたが、900円もしたので「バカやろう!」と一喝しておきました。

 

帯広動物園のゴーカート

まずはゴーカートで軽く流します。

すでに笑顔満開になっている長女。待たせてすまない。

 

 

帯広動物園の汽車

続いて汽車ぽっぽに乗ります。

乗り物はチケット制なので現金でチケットを購入します。

 

 

帯広動物園のウォーターショット

ウォーターショットなる乗り物。ゆっくり動く物体に乗りながら、赤く塗られた標的を手元の水鉄砲で狙い打つ。我ながら気持ち悪い顔で映っております。

 

 

S__3129385

長い紐にくくりつけられた椅子に乗ってクルクルと回転しながら遠心力を感じる乗り物。

残念ながら小学生以上しか搭乗資格が与えられない大人の乗り物だったので、断念しました。

帯広動物園のスペースシャトル

スペースシャトルっぽい乗り物。何年も遊園地という存在から離れていた僕はこのスペースシャトルっぽい乗り物すら若干怖かった。

 

遊園地ゾーンの更に奥に広がる楽園はまさに帯広のサファリパーク

帯広動物園のキリンとシマウマ

キリン見ないなーと思ったら、まさかシマウマと一緒のゾーンにいた。天敵同士ではないんですねキリンとシマウマ。

 

 

麒麟のマネ

死ぬ程わかりづらいですが、奥のキリンの動物真似です。ピンクのリュックは僕の趣味とかではなく娘の所有物。

 

帯広動物園の白熊

カエルではなく白クマの真似です。

シロクマブースには2〜3メートル程の深さの水槽?があるんですが(写真水色の部分)僕らがシロクマを訪れた時に水が注入され始めました。ジョボジョボと。

シロクマプールの水が一杯になるのを待っていたら日が暮れると判断したのでその場を去りました。

泳いでいるとこ見たかったな。

帯広動物園のモルモット触れ合いコーナー

モルモットふれ合いコーナー、モルモット抱っこ体験ができる建物がありました。これは特にモノをわかり始めてきた4才長女は喜んでいました。

 

長女「かわいいー!」

僕「そうかそうか!(長女の膝の上のモルモットをなでる)」

長女「触らないで!」

 

僕の膝には何もいない

パパを汚いものと認識した長女の指摘を受け、モルモットが膝の上にいるという妄想を一生懸命働かせながら、目に見えぬモルモットをかわいがる努力をする僕の膝の上には何もない。

そして次女2才がモルモットを膝から落下させたところでとりあえず抱っこ体験を終了させました。
顔ハメパネル

定番どころ顔ハメで記念撮影。

 

帯広動物園の観覧車

そして観覧車に乗ります。まじで高いところ怖い。当日は無風でしたが、神経を研ぎすました結果若干揺れているのです。

高所恐怖症と観覧車

動く子供を笑顔で制止します。(動くんじゃねーよコノヤロウ!)

溶接の甘さが原因で落ちる可能性だって拭いきれません。

高所平気症な子供はゴンドラ内で動き回るので、ケツの穴がしぼんでいる僕はと言いますと、親の責任と命の間で葛藤しています。

 

ムスカ 人がゴミのよう

見て下さい、人がゴミのようですね。まじで高いし怖い。

 

けつの穴もしぼみ、意気消沈したのでトイザらス寄って家族一人につきひとつおもちゃを買ったのち(僕はカメラ付きドローン)、帰りの車中10分で寝た子供達と1時間で寝た嫁を乗せて眠気と会話しながら「隣の芝生がすげー青く見える病」の日帰り治療は幕を閉じました。

スポンサーリンク







面白かったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォロー、読者登録お願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です