ニューカヤバは聖地なので、観光客だからと暴挙に出ちゃダメ絶対。ニューカヤバからやきとりまる金へのセルフ飲み放題の旅

面白かったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ニューカヤバやきとりまる金スマイリー城に行きたい!

 

僕のその願いを叶えるべく、今回は竹馬の友と東京に来ております。

そう、茨城在住の友人の結婚式に参加するという予定に便乗した僕と、それに巻き込まれた友…

 

スポンサーリンク




羽田空港から茅場までの行き方

田舎モノは田舎モノの身分を包み隠さず、まずは羽田空港のインフォメーションにて目的地への行き方を聞きましょう。

そうしないと一生空港からは出られません。

 

空港職員:「T-CATで水天宮前駅まで行って…」

 

T-CAT(ティーキャット)がわからないからと言って怯んではいけません。T-CATとかなんとかかんとか、要するに頭文字を並べる事で都会を醸し出し、田舎モノを陥れる最初の罠を仕掛けているだけです相手は。

(T)東京(C)シティー(A)エア(T)ターミナルです。簡単なトリックであり、つまりバスです。

 

S__3121246

ふう…怖かったねおかーさん!でも田舎モンでも乗れたねT-CATおかーさん!

 

ちなみに右が僕ですが、結婚式に向けてあえてこの髪型にしました。ヒゲは愛嬌です。

薄毛男性を温かく迎えてくれるスタイリストの特徴。北見で一番優しい美容室を発見
薄毛は美容室に行くべきではない。 巷でそんな噂を耳にする。 サロンスタッフと薄毛患者の埋まらない溝 どこを切ったら良いの...

 

 

水天宮前駅からニューカヤバへの行き方

僕らはニューカヤバに行く事が目的であり、水天宮または茅場町の観光に来た訳ではないので、さっさとタクシーに乗り込み、目的地を目指しましょう。

選ぶタクシーによって、車内が臭かったり臭くなかったりしますので、そのへんは運を天に任せます。

 

S__3121247

到着しましたニューカヤバ。タクシー運転手さん全員が場所を知っているわけではないので、住所をすぐ伝えられるよう準備は必須です。

 

 

ニューカヤバでの正しい立ち振る舞い方

さて、ついに僕らも目的の場所へたどり着きました。

「郷に入れば郷に従え」といったことわざもあります。観光客だし今後来る事もないだろうといって店内で好き勝手してはいけません。

 

店内は温泉観光地によくあるゲームコーナー位の広さ(場所による)で、入ってすぐ左にジョッキの入った冷蔵庫と噂の自動ビールサーバーがありました。

 

S__3121248

ジョッキを勝手に取り出して、サーバーにセットし、400円を投入します。
S__3121252

なんでもかんでも自動。都会はおそろしかー。きっとこのままロボットに支配されるんでしょうね。

S__3121253

キンミヤ焼酎の機械もありました。100円を入れるとチョボチョボと焼酎が出てきてたのを見て、加齢とともに勢いのなくなる僕の排泄機能を思い出しました。

 

 

S__3121254

キンミヤ焼酎を入れた後、冷蔵庫からホッピーを取りだし、カウンターでお金を払って栓を抜いてもらいます。
S__3121255

カウンターに並んでいる小鉢から食べたいものを選んで、その場で支払います。

僕らは湯葉的なものとタコ刺し的なものを食べました。

それらの様子がわかる動画があります。是非ごらんください。

 

 

 

店内で好き勝手してはいけないと再認識

動画、途中から立てで撮影してしまった為、えらく盗撮臭が漂いますがどうかご安心を、店内では堂々と撮影しています。

 

今回に関しては、撮影に際して堂々としすぎたのが多少なりとも悪い結果を招いてしまったのでしょう。

1分07秒あたり、気のよい男性と話していた直後、店員さんに「あんたたち目立つんだしもう(撮影)やめてもらえる?」と、きつめのご指摘を受けました。

 

気のよい男性の「ずっと見てないと誰かに(自分の焼き鳥を)食べられる」という素敵な冗談さえブラックジョークに聞こえてしまったのかもしれません。

 

なので、1分07秒以降撮影は中止しました。まあ最初から注意されるまでは撮影するつもりではありましたが、いささか早い段階でのご指摘ではありました。

 

茅場町のサラリーマンの聖地ニューカヤバ。

茅場町で働くサラリーマンのみなさまの憩いの場所。

聖地で暴挙にでてはいけないと、深く心に刻みます。

 

 

ニューカヤバからやきとりまる金渋谷センター街店への行き方

ニューカヤバにて大人の立ち振る舞い方を学んだ後は、やきとりまる金へ行きます。

ここでもタクシーを使いましょう。田舎モノが乗り継いで目的地へなんて考えてると、一生茅場町から出られません。

選ぶタクシーによって、車内空間の1/3を占める程大柄の運転手さんで多少息苦しいこともありますので、そのへんは運を天に任せます。

 

 

まとめ

強引ですが、やきとりまる金では特に写真を撮ったりしておらず、感想をダラダラと書いてもしょうもないのでやめます。

しょうもないヤツと思われても嫌なのでやめますね。

撮影の際は配慮をお忘れなく!

スポンサーリンク







面白かったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォロー、読者登録お願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です